無利息カードローン、ほんとに無利息?注意事項と活用方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カードローンで嬉しいサービスといえば「無利息サービス」だと思います。

プロミスやアコムのテレビCMなどですっかりお馴染みとなっている消費者金融の無利息サービスですが、実は他にも無利息サービスを実施しているカードローンは多数あります。

無利息サービスといえば消費者金融の代名詞みたいになっていますが、銀行系カードローンでも無利息サービスを取りいれているカードローンがあるので、今回は無利息サービスが利用できるカードローンを紹介していこうと思います。

無利息サービスがあるおすすめカードローン
アコム公式ページ
実質年利 年3.0%~18.0%(30日間無利息)
借入限度額 1万円~800万円
審査スピード 最短30分
融資目安 最短1時間
無利息期間 30日間
在籍確認 電話

公式サイトへ

無利息カードローンってどんなシステムなの?

まずはカードローンの無利息サービスの仕組みを知っておきましょう。無利息サービスと言っても各金融機関によって仕組みが多少異なったりします。

プロミス=初回30日間無利息
レイク=「5万円まで180日間無利息」or「30日間無利息」を選択可

ほとんどのカードローンは初回ご利用時に限り一定の期間を無利息にするシステムになっています。なので、2回目以降の借入れに関しては通常通りの利息が加算されるので注意してください。

初回限定のサービスとしているカードローンがほとんどなので、お得なサービスというよりも消費者金融やカードローンをより身近に感じてもらうための入口的な戦略だと考えるのが良いかと思います。

それでも初回だけでも無利息で借入することができれば、それに越したことはありませんよね。

無利息カードローンの活用方法

無利息サービス中のカードローンはこんな人におすすめ!

初めてカードローンでお金を借りたい

初めての場合はやはり無利息サービスがある定番カードローンの方が何かと安心だと思います。

万が一の時のためにカードローンを一枚持っておきたい

すぐに借りる予定はなく、いざという時のためのカードローンであれば、利用機会も少ないでしょうし、無利息サービス中のカードローンを選びましょう。

ただし契約時から30日無利息だと意味がないので、初回利用時から30日無利息のカードローンにしてください。(プロミスは初回利用後から30日無利息なので、おすすめです。)

突発的な疾病やケガで入院費用を借りたい

入院費など突発的で尚且つ定期的に必要じゃないお金を借りるのであれば無利息サービスのカードローンがおすすめです。

クレジットカードの分割払いで買い物をする

5万円の家電をクレジットカードの分割やリボ払いで買い物した場合利息が発生します。それならば、レイクのように180日無利息を利用した方が賢いですよね。

給料日前に毎月少しだけ生活費を借りたい

無利息利用できるカードローンの多くが初回一回限りのサービスなのですが、ノーローンは一旦全額返済すれば何度利用しても1週間以内は無利息となっています。

高額な金額を長期で借りる場合には、あまり無利息サービスなどに拘らずに金利が低いカードローンを選択するのがベストですが、上記のようなケースでは無利息サービス中のカードローンを利用するのもアリだと思います。

無利息サービスがあるカードローン比較

無利息サービスが利用できるカードローン一覧(2016.11月調べ)

カードローン名 無利息期間 金利 審査時間 即日融資 総量規制
消費者金融 アコム 契約翌日から30日間 3.00~18.00% 最短30分 適用
プロミス 初回借入後から30日間 4.50~17.80% 最短30分 適用
アイフル 契約日の翌日から30日間 4.50~18.0% 最短30分 適用
ノーローン 初回借入後から1週間 4.90~18.00% 最短20分 適用
銀行カードローン 新生銀行レイク 契約日の翌日から30日間~180日間 4.50~18.0% 申込後すぐ 対象外
ジャパンネット銀行カードローン 初回借入日から30日 2.50~18.00% 最短即日 対象外
愛媛銀行カードローン 契約日から30日 4.40~14.60% 最短即日 対象外
楽天銀行スーパーローン 初回借入後から30日 1.90~14.50% 最短即日 対象外

※楽天銀行スーパーローンは無利息利用するためには楽天口座と同時申込が条件となります。

※愛媛銀行カードローンはWeb契約申込時に限り無利息利用することができます。

期間限定で地方銀行でもカードローンの無利息サービスを展開していることが良くありますが、今回調べることができたのは上記8社でした。

こちらの一覧表でもわかるように各金融機関ごとに無利息サービスの内容は細かく違っていますので、申込前によく確認しておきましょう。

無利息のカードローンを利用する際の注意事項

結婚式の費用を借りるのはありなのか?

お祝い事とお悔やみごとなので、一緒に考えるのはダメなのかもしれませんが、結婚式や葬儀費用として無利息カードローンを利用する人は意外と多いと言われています。

理由は勘が良い人ならお察しだと思いますが、結婚式ならご祝儀、お葬式ならご香典が入るために、短期間の内に全額返済することも可能だからです。

とくに結婚式やお葬式の費用だと、ある程度の蓄えがあると思いますので、全額丸々借入する必要もなく、200万円掛かるとするなら100万円は預貯金から捻出して、不足分の100万円を無利息で利用できるカードローンで借り入れると、ご祝儀やご香典だけでも十分に全額返済が可能になります。

ただし注意しなければならないのが、アコムやプロミスなどの消費者金融だと総量規制により年収の3分の1までしか借入することができません。参考: 総量規制とは?

今回の例では100万円の借入予定として話しましたので、年収は300万円を超えていれば総量規制には該当しませんが、他の借入があったり、借入れ額が100万円を超えるとそれに見合った年収でなければ成立しません。

ですので、借入額が自分の年収3分の1を超えそうな場合は、総量規制の対象外となる銀行系カードローンであり、尚且つ無利息サービスが利用できる「新生銀行レイク」を検討するのがベストになります。

借りる→完済を繰り返すと無利息期間を継続できる?

上記で軽く触れているノーローンというカードローン商品であれば、「借りる」→「一旦全額返済する」→「借りる」を繰り返すことで、半永久的に無利息サービスを受けることができます。

アコムやプロミスのように知名度は高くありませんが、ノーローンは新生銀行グループの消費者金融です。また楽天とも提携しており楽天銀行口座をお持ちであれば平日土日関係なく24時間いつでも借入・返済が可能となっています。さらに利用に応じて楽天スーパーポイントが貯まる優れものカードローンなのです。

無利息の期間はどのタイミングから計算?

上記の一覧表をご覧頂いてもわかるように、各金融機関によって無利息サービスの期間は細かく違います。

契約したその日から30日間無利息となる商品もあれば、初回借入をした日から30日無利息が始まる商品もあります。無利息サービスに魅力を感じて申込する場合は、この無利息の開始日も重要になると思います。

今すぐに利用する予定は無いが、万が一のときのためにカードローンを作っておこうと言うのであれば、迷わず初回利用時から無利息サービスが適用となるカードローンを選ぶようにしましょう。

まとめ

同じ「30日無利息サービス」と公言していても、その内容は微妙に違うことは理解頂けたと思います。また消費者金融だけでなく、銀行系カードローンでも無利息サービスが適用されるカードローンがあり、一定期間内に返済できそうな場合はぜひこういったサービスがあるカードローンを利用しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加