総量規制とは?例外ケースからおすすめローンまで徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カードローンの審査に申込みをするときに絶対に知っておかなければならないのが「総量規制」です。

総量規制を知らずにカードローンに申込みをしてしまうと、それが原因で審査に落ち続けていることがわからず、続けて何社にも申込みを繰り返すことになり、最終的には申込ブラックとなる可能性があります。

こちらのページは総量規制に関してわかりやすく解説していきますので、どのような制度なのかを理解して頂ければと思います。

総量規制対象外のおすすめカードローンは?
レイク公式ページ
実質年利 年4.5%~年18.0%     
借入限度額 1万円~500万円
審査スピード 申込み完了画面に表示
融資目安 最短即日融資
(平日14時までに申込と必要書類の確認の完了が必要)
保証人の有無 不要
在籍確認 電話

公式サイトへ

総量規制とは

総量規制とはその人個人の年収に応じて、借入れすることのできる限度額を決めた法律のことをいいます。

この総量規制では申込者本人の年収の3分の1までしか借入することができないと決められています。ですので年収別の借入限度額はこのようになります。

年収 総量規制の借入限度額
100万円 33万円
200万円 66万円
300万円 100万円
400万円 133万円
500万円 166万円
600万円 200万円
700万円 233万円

ただし総量規制の対象となるのは消費者金融からの借入、クレジットカードのキャッシング額となり、銀行から借りているカードローンやおまとめローンには総量規制は適用されません。

つまり銀行カードローンであれば年収の3分の1以上でも問題なく借入することができます。

なぜ銀行カードローンは総量規制の対象外なのか?

たしかに不思議に思いますよね。同じ借金なのに消費者金融はダメで銀行はOKってちょっと不思議です。

じつはこれ法律の問題が関係しています。総量規制というのは「貸金業法」という法律で決められていることでなのですが、この貸金業法が適用されるのが消費者金融であったり、クレジットカードです。

しかし銀行というのは貸金業法ではなく、「銀行法」という法律に沿って運営しているものであり、貸金業法で決められた総量規制とは全然関係がないのです。

また信用金庫や信用組合、さらには労働金庫やネット銀行なども同じように総量規制の対象外となります。

総量規制対象外になる貸付

総量規制が適用される貸金業法であっても一部例外となるケースがありますので、各ローンについてこまかく解説していきたいと思います。

除外の貸付一覧

  • 不動産購入又は不動産改良の為の貸付(その為のつなぎ融資を含む)
  • 自動車購入時の自動車担保貸付
  • 高額医療費の貸付
  • 有価証券担保の貸付
  • 不動産担保貸付
  • 売却予定不動産の売却代金により返済できる貸付
  • 手形(融通手形を除く)の割引
  • 金融商品取引業者が行う500万円超の貸付
  • 貸金業者を債権者とする金銭貸借契約の媒介(施行規則第10条の21第1項各号)

総量規制の除外とは、これらの目的として借入れした分については、総量規制に含まないというものです。

たしかに住宅ローンや自動車ローンはそれだけで数百万や数千万という金額になってしまいますので、総量規制だと一発でアウトになってしまいます。

ですので上記目的での貸付に関しては総量規制には含まれないことが法律内に明記されています。

例外の貸付一覧

  • 顧客に一方的に有利となる借り換え。
  • 緊急の医療費の貸付。
  • 社会通念上緊急に必要と認められる費用を支払うための資金貸付。
  • 配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付。
  • 個人事業者に対する貸付。
  • 預金取り扱い金融機関からの貸付を受けるまでの「つなぎ資金」に係わる貸付。(施行規則第10条の23第1項各号)

「除外」と「例外」なにがどう違うの?と疑問に感じる人も多いようですが、簡単に説明するとこちらの「例外」というのは、総量規制として本来金額に含まれるはずのものが、例外的に貸付を認められている項目だと思ってください。

例えば「1:顧客に一方的に有利となる借り換え」というのは、「おまとめローン」や「借り換えローン」のことを指しています。つまり他の借金のおまとめや借り換えが目的とした借入れであれば例外的に年収の3分の1以上であっても貸付することが認められています。

そのためアコムやプロミスなどの消費者金融にも「おまとめローン」や「借り換えローン」があり、年収の3分の1を超える金額も貸付することができるようになっています。

参考: おまとめローンは総量規制の対象外になるのか

クレジットカードのショッピングとキャッシングは対象になる?

上記でも少し触れましたがクレジットカードでキャッシングをすると総量規制に含まれます。総量規制は1社からの借入だけじゃなく、対象となる借入すべてを合算して考えなければなりません。つまり複数から借入がある場合はこのようになります。

【年収300万円の場合】
・消費者金融A社から50万円の借入あり
・消費者金融B社から20万円の借入あり
・C社のクレジットカードで20万円のキャッシングあり
・D社のクレジットカードで10万円のキャッシングあり

これら4社を合計すると総額100万円を借入していることになります。そうなると年収300万円の総量規制でみた限度額は100万円なので、これ以上の借金を消費者金融やクレジットカードのキャッシングですることは出来ません。

しかしちょっと面倒なのですが、これがクレジットカードのショッピング枠となれば話が違ってきます。例えば20万円するブランド物のバッグをクレジットカードのリボ払いや分割払いで購入したとします。この場合20万円が総量規制の対象となる借入れに含まれるのか?含まれないのか?で大きく話しは違ってきますよね。
答えは「NO」です。ショッピング枠で買い物した分についてはそれが一括払いであろうが、分割払いであろうが総量規制の金額としては含まれないことになっています。
理由はこれもまたちょっと面倒なのですが、クレジットカードのショッピング枠に関しては「割賦販売法」という法律が適用されるからなんです。

・クレジットカードのキャッシング=貸金業法
・クレジットカードのショッピング=割賦販売法

このように貸金業法ではありませんので、クレジットカードのショッピング利用額は総量規制の適用外となります。

教育ローンは対象になる?

教育ローンは主に国や銀行、信用金庫系で扱われている目的別ローンの一種なので、総量規制の対象外となっています。

それと似たような事案でよく質問を受けるのが「奨学金を借りているのですが、これは総量規制に該当しますか?」という問題です。せっかくなのでここで回答しておきますが、奨学金を現在返済中であっても、これは総量規制には該当しませんので安心してください。

ただし奨学金の制度は平成20年11月より大きく変わっています。それまで奨学金の返済が遅延したり滞納しても、大きなペナルティは課せられていませんでした。しかし平成20年11月より奨学金の返済を遅延したり滞納した場合は、信用情報機関にその事実が登録されるようになったのです。つまり昔の人は奨学金なんて金があるときに返せばいいさ!という考えでも通用していたのが、今はそうはいきません。昔の人が知ったかぶって間違った情報を教えてしまった場合、その人は知らない間にブラックリスト入りしている可能性があるということを認識しておきましょう。

医療ローンは対象になる?

医療費も少し制度がややこしいので解説しておきます。高額医療費に対する借入については「除外」扱いになるので総量規制には含まれません。しかし緊急の医療費に関しては「例外」の欄にあるように扱いが異なります。

高額医療費=がん治療など医療費が高額になる場合
緊急の医療費=突発的な怪我などで一時的に病院にかかる場合

そして先ほども説明したように、除外では総量規制にカウントされませんが、例外の場合は借入額が総量規制にカウントされることを覚えておきましょう。

総量規制対象外で即日融資可能なカードローンは?

当サイトで紹介しているように、銀行で即日審査や即日融資に対応しているところは増えて来ていますが、その場合、その銀行の普通預金口座を持っていればそこに即日振込が可能というものが多いです。

ただ、中には、初回に限り他行の口座にも振り込んだくれたり、消費者金融と同じように、自動契約機を設置していて、自動契約機による融資ができる銀行カードローンもあります。

総量規制対象外で審査が甘いカードローンはある?

まずは総量規制の対象外についてもう一度おさらいしておきましょう。総量規制の適用外となる金融機関は以下の通りです。

  • 銀行(都市銀行や地方銀行)
  • ゆうちょ銀行
  • 信用金庫
  • 信用組合
  • 農協(JA)
  • 労働金庫(労金)
  • その他(漁協、保険会社、証券会社など)

各金融機関によってカードローン審査の内容はことなるため、一概にいえないのですが、やはり消費者金融なみの利率で貸付をしているカードローンやネット銀行のカードローンは比較審査が甘いのかなっていう印象を持っています。例えば以下のようなカードローンがあります。

金融機関名 実質利率
新生銀行レイク 4.5%~18.0%
東京三菱UFJ銀行バンクイック 1.8%~14.6%
ジャパンネット銀行カードローン 2.5%~18.0%
楽天銀行スーパーローン 1.9%~14.5%

この4社の中でも新生銀行レイクはもともと消費者金融でしたし、楽天銀行スーパーローンは以前から一番借りやすいカードローンとして有名ですよね。

未使用の極度額分までカウントされるの?

さてここまで総量規制の話をしてきましたが、感の良い人なら疑問に感じてる部分があると思います。それが消費者金融やクレジットカードキャッシングの限度額の問題です。

例えば消費者金融で借入可能額が50万円だと設定されているとしましょう。クレジットカードのキャッシング枠も同じと思ってください。

しかし実際に借入している金額は30万円だけです。残り20万円は借りることができるけど、借りてはいません。このようなケースって皆さん該当しますよね。とくにクレジットカードのキャッシング枠なんてそうじゃないでしょうか。

クレジットカードを作るときに一応キャッシング枠をつけておいたけど、1回も利用したことがない!って人は多いと思います。

この限度額や枠と呼ばれるものは総量規制にどうやってカウントされるのでしょうか? 実際には30万円しか借りてないのに総量規制では限度額いっぱいの50万円でカウントされてしまうのでしょうか?

気になったので色んなサイトや消費者金融のホームページなどをみて調べてみたのですが、「限度額いっぱいの額が総量規制にカウントされる」と書いているサイトもあれば、「実際に利用している借入額だけがカウントされる」と書いてるサイトもあります。

そこで実際にわたしが所有しているクレジットカード会社に電話をして聞いてみることにしました。

クレジットカード会社に極度額について質問してみた

クレジットカードのキャッシング枠のことでお尋ねしたいのですが

はい、どのようなことでしょうか?

総量規制というものがありますよね。年収の3分の1以上は借入できないとかいうアレです

はい、ございます

おたくのクレジットカードを持っていて、キャッシング可能枠が50万円となっているのですが、これは総量規制として50万円の借入れがあるとカウントされるのでしょうか?

クレジットカードのキャッシング枠が利用してない状態でも総量規制の金額としてカウントされるのか?というご質問ですよね?

はい、その通りです

他社はわかりませんが、当社ではクレジットカードなどのキャッシング枠に関してはすでにご利用がある分だけをカウントさせて頂くようになっております

つまり利用してないのであれば、枠が50万円でも100万円でも借入額として総量規制にはカウントされないってことですね?

はい、その通りでございます

ついでと言ってはなんですが、それは消費者金融なども同じことでしょうか?30万円まで限度額が設定されていても、実際に利用してるのが10万円だったとしたら総量規制としてカウントされるのは利用中の10万円だけってことですか?

はい、わが社の規定ではそうしております

わかりました。お忙しいところありがとうございました

念のためにもう1枚所有しているクレジットカードのコールセンターにも電話をして尋ねましたが、やはり回答は同じように実際に利用している額しかカウントしない!ということでした。

まあ冷静に考えたらそりゃそうですよね。仮に未使用分までカウントしていたら年収300万円の人がキャッシング枠50万円のクレジットカードを2枚所有しているだけで、消費者金融やクレジットカードは一切作れないことになってしまいますもんね。

収入証明書不要のカードローンでも年収はバレる?

最近は一定の限度額以内であれば収入証明書などの提出不要としてるカードローン商品が増えています。しかし所得証明書を提出しないのにどうやって総量規制の3分の1を把握するのか不思議に思いませんか?

ですが総量規制が適用される消費者金融やクレジットカードなどでは、限度額50万円以上の場合は所得証明書の提出が必要となっているケースが多いです。

よくネットで300万円まで所得証明書不要などと宣伝しているのは、そのほとんどが総量規制の適用を受けない銀行系のカードローンばかりです。

ではどうやって消費者金融などは申込者の所得を把握しているのでしょうか?

答えは簡単です。限度額50万円以内であれば、その多くが所得を把握してないということです。限度額50万円というのは総量規制で考えると年収が150万円に該当します。

正社員で働いていれば、ほとんどの人が年収で150万円以上もらっているはずです。なので50万円以上の借入をする場合には所得証明書の提出が必要となっているわけです。

しかしパートやアルバイトだと年間で150万円を稼ぐ人はそうそういません。年間90万円稼ぐ人の限度額は総量規制で考えると90万円の3分の1なので30万円ということになります。

このような場合、消費者金融は所得証明書の提出を求めるか、もしくはアルバイトやパートの人には最初から限度額を10万円や20万円と低く設定するのが一般的です。

最初から限度額を20万円に設定しておけば、年間収入は60万円なので、1ヶ月5万円程度稼いでいる人に該当します。

ですので年間収入100万円しかないアルバイトやパートの人が、50万円まで所得証明不要だったら総量規制以上でも借りることができるという考えは通用しないことがわかって頂けたと思います。

万が一、嘘の年収を申告して上手く総量規制以上の額を借り入れることができても、更新時に所得証明書の提出を求められてバレてしまう可能性は高いです。そうなると最悪取引停止となり、借入している分を一括返済するように求められる可能性がありますので、嘘の申告をするのは絶対にやめておきましょう。

総量規制対象外なら年収以上の借入もできる?限度額と極度額の違いは何?

上記で紹介した楽天銀行スーパーローンの借入限度額は最高800万円となっています。銀行系であれば総量規制は関係ないので本当に800万円借りることができるのでしょうか?答えは「YES」です。

しかし実際問題として全てのカードローンでは審査によって限度額が決定されることになっています。いくら総量規制が関係してないとはいえ、返済することが難しくなるような金額の貸付はしてくれません。

金融機関の考え方次第という部分はあるのですが、多くのケースでは自分の年収の半分、多くても年収と同額程度が限度額として設定されるのが一般的です。

総量規制の緩和とは?現在の動向

平成22年の6月に総量規制を含む改正法案が施行されましたが、じつはたった4年しか経ってない平成26年時点ですでに総量規制の撤廃案を政府は検討していることが発覚しました。

この動きにより総量規制は失敗だったのか?また自殺者を多数出すだけじゃないか!?など多くのメディアで取り上げられ議論されることになったのですが、平成28年11月現在この総量規制撤廃案はどうなっているのでしょうか?

総量規制の緩和と報じられたりしましたが、以前出た話しでは総量規制に関しては撤廃という方向性でした。緩和に関しては総量規制ではなく貸付利率の方で、現行の20.0%上限を以前と同様の29.2%上限にまで緩和するという動きです。

そもそも総量規制がなぜ法律として決まったのか?

それは消費者金融などによる無差別的な貸付のせいで、多くの人が返済不能に陥り自己破産をしたり、最悪自殺するケースが社会問題となったためです。

そのような負の連鎖を断ち切るために政府は非常に厳しい、この総量規制を含む貸金業法の改定を実施したのですが、わずか4年後の平成26年には撤廃を検討という、なんともお粗末な失態を見せたのです。

しかし平成28年11月現在、総量規制の撤廃は今もネットなどで噂が飛び交うことは時々あるのですが、政府や国会で具体的な話し合いが行われてはおらず、いますぐに総量規制が撤廃されたり緩和されることは無いかと思っています。

ただ近い将来、また撤廃や緩和の動きは必ず出てくると思いますので、新たな動きがあれば当サイトでも取り上げていく予定です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加