学生でも利用できるカードローンはあるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サークル活動や飲み会、人付き合いに就活と、学生をやっていればそれなりにお金が必要です。しかし、その全てを自分の収入や仕送りでまかなおうとしても中々お金が回りきらないのもまた事実です。

そんな時に役立つのが、カードローン。カードローンやキャッシングと言えば社会人がよく利用しているイメージですが、学生でもカードローンを利用できるのでしょうか?

学生はカードローンを利用できる?総量規制との関係は?

冒頭の問いへの答えは「働いているならばYES」です。

多くのカードローン業者では貸付の対象を「働いていることで定期的な収入がある20歳以上の方」としていますので、学生でもアルバイトなどで収入があればカードローンを利用することが出来ます。

参考: 即日融資できるおすすめのカードローン一覧

ただし、借りられる金額は「アルバイトで得ている年収の3分の1まで」という事になります。

これは総量規制と呼ばれるルールに従っているもので、正社員であろうとアルバイトであろうと、自分の年収の3分の1を超える借り入れは出来ない事になっています。

これは全てのカードローン業者などからの借り入れの合計金額に対して適用となりますので、事前にマックスで借りられる金額を想定しておくことが大切です。

例えばアルバイトで年間120万円の報酬を得ている人であれば、その3分の1である40万円が上限となります。つまり、カードローンのA社から10万円を借りている場合は、B社に申し込みをしても30万円までしか借りられない事になります。

また、学生ということで審査側は「この人はちゃんと就職出来るのだろうか?就職に失敗してそのまま逃げてしまわないだろうか?」といった学生ならではのリスクの部分も考慮に入れて考えますので、最初から大きな金額を融資してもらうことは社会人に比べて少々難しいと言われています。

一応の上限は総量規制の上限額ということにはなりますが、場合によってはそれよりも少ない額からのスタートになる可能性があります。

学生が申し込みをしたときの審査の流れ

では、学生がカードローンに申し込みを行った場合、どのような流れでの審査になるのでしょうか?基本的には社会人のカードローンの審査と大差はありませんが、実は細かい所に違いがあります。順を追って見ていきましょう。

審査でのチェックポイント

審査でのチェックポイントとしては、まず最初に「きちんと働いて収入を得ているかどうか」がポイントとなります。

続いて学生であることを申し込み時に申告した場合はそれも審査のチェックポイントです。
これは学校へ書類を送ったり電話で確認するなどは無いことがほとんどですが、ケースによっては身分証の追加提出という形で学生証の提出を求められることもあります。

在籍確認はどうなる?

続いて行われるのが、在籍確認です。これは一般的な審査と同様、学生のアルバイトであっても申し込みの時点できちんと職に就いているかどうかを確認するために、申告された勤務先へ電話連絡を行い、本人が本当にそこで働いているかどうかを確認します。

電話自体は個人名でかけてくれることがほとんどで、内容も「私、山田と申しますが、●●さんお願いできますでしょうか?」という様なものなのでカードローンの申し込みだと職場にバレてしまうことはあまりありません。

しかし、電話に出た人が過去にカードローンの経験者だった場合は当然この在籍確認のシステムを知っていますから、あまり個人宛に電話が来ないような職場の場合は少し疑問に思われてしまうこともあるかもしれません。

必要となる書類

学生のカードローンの契約時に必要となる書類は、多くの場合は運転免許証と、場合によっては収入を証明する書類(アルバイトの場合は、直近二ヶ月分の給与明細が一番用意しやすいものになります)で事足ります。

ただ、肝心の運転免許証を持っていないケースもあるかと思います。その場合は

  • パスポート
  • 個人番号カード
  • 住民基本台帳カード
  • 健康保険証

などの補助書類の中から数点、カードローン業者から提示を求められる事になります。用意できるようにしておきましょう。

また、学生ならではの問題として「上京などで身分証明書に書いてある住所と今の現住所が違う」というケースもあります。

その場合は上記の身分証明書に加えて、電力会社・水道局・ガス会社・NHKなどが発行した公共料金の領収書や発行から6ヶ月以内の住民票(現住所に住民票を移している場合のみ有効)などが必要になります。

よくあるトラブルとして、いざ審査が通って借りられる間際になってこれらの書類が用意できず、審査が保留になってしまうケースがありますので、事前によく確認してから申し込むようにしましょう。

また、引っ越して間もないなどの理由で公共料金の領収書が用意できず、ガスや水道の開栓時にもらった契約書控えや申込み書の控えなどを代わりに提出しようとするケースもありますが、こちらはあくまで申し込んだ事だけを証明する書類なので受け付けてもらえない場合がほとんどです。

どうしても書類が用意出来ない場合は自分だけで判断せず、その事を正直にオペレーターの方に相談することで最適な指示をもらうようにしましょう。

奨学金はカードローン審査に影響する?

学生が借り入れる中で一番大きいお金と言われているのが、奨学金です。返済型の奨学金の場合はあくまで借金であるため、カードローンの審査や総量規制に影響するのでは?と思われがちです。

しかし、この奨学金はカードローン審査には影響がありません。それどころか極論、借りていることすらカードローン業者にはわからないことになっています。

これは奨学金が非常に特殊なシステムになっていることが理由で、返済が必要な奨学金であっても通常のカードローンなどとは違い、申し込んだ事実や借り入れた金額に関する履歴が個人の信用情報には掲載されないのです。

さらに、仮に奨学金の借り入れが発覚した場合でも、これは総量規制の対象外であることが事前に定められていますので安心して審査を受けることが可能です。

ただし、学校を卒業してすでに奨学金の返済が始まっているケースで、その返済が遅れている場合は別です。遅れた事実と共にそこで初めて、奨学金に関する内容が個人信用情報に登録されてしまうので、すでに返済が始まっている奨学金がある場合には遅れなどに充分注意しましょう。

※参考 日本学生支援機構(JASSO)

個人信用情報の取り扱いに関する同意書を提出していただいている方のうち、現在奨学金を返還されている方は、延滞3か月以上の場合に個人信用情報機関に個人情報が登録されます。

親にはバレないで申し込みできるの?

カードローンの申し込みなどは出来れば親にはバレたくないもの。カードローンの申し込みは、親にバレずに行う事は出来るのでしょうか?

結論から言うと可能です。あくまでカードローンは申し込んだ本人と、申し込まれた業者との間の契約なので、何か特殊な事情がある場合を除き、業者側から親に何か連絡が行ったりすることは原則としてありません。

ただし、返済が遅れた場合や、何かしらの宣伝などの郵送物が自宅に届いてしまった場合は高確率で親にバレてしまいます。

特に返済が遅れた場合は自分の携帯にまず連絡が入り、これに数日以上応答しないと今度は自宅の固定電話や勤務先に電話が入り、そして自宅に督促状が届くようになります。

返済の遅れに注意し、郵送物に関してはオペーレーターさんに同居している家族にバレたくないので何らかの配慮をしてほしいという事を事前に相談しましょう。

未成年でも借りられるカードローンはある?

学生でもいくつかの制約事項をクリアすれば利用可能なカードローンですが、ひとつだけ絶対的な条件があります。それが「20歳以上である」ということです。

学生でも1年生、2年生くらいまでは未成年というケースもあるので、カードローンに申し込むには20歳の誕生日を迎えてから申し込みを行うのが原則です。

しかし、未成年の学生でも借りられるカードローンはいくつか存在します。それが学生ローン、通称学ロンと呼ばれる業者です。こうした業者は審査が簡単で、即日融資も可能とうたっていることが多いです。

ですが、こういった業者が安心して利用できるかというと、決しておすすめはできません。未成年がカードローンを利用できないのは、返済能力の乏しい未成年者を守るためでもあり、当サイトとしては、ローンを利用するのではなく、親に相談するなどして解決することをお勧めしたいです。

カードローンを契約すると就活に影響は?

学生がカードローンなどを利用するにあたり一番心配なのが「就活に影響が出ないか?」という点です。しかしこの点については、ほとんど心配はありません。

何故ならば、ローンの情報などが保有されている個人信用情報はたとえ就職先であっても勝手に取得出来ない様になっているからです。

あくまでこの情報はカードローンなどの金融商品の申し込みの際に申し込みを受けた会社が審査に使う目的のみで取得することが許されており、それも本人の同意がなければ取得することは出来ないからなのです。

ただし、就職先が金融機関などの場合は社内の顧客情報に借り入れの情報が記録されていることもありますのでその点は注意するようにしましょう。

まとめ

この様に、学生でも20歳以上できちんとアルバイト先などがあり収入を得ている場合は、少額になりがちですがカードローンを利用することができます。

返済に遅れなどがなく、自分自身の管理が徹底していれば親や職場にバレるリスクも非常に少なくなりますし、就活の際に問題となることもほとんどありません。

ただ、学生のうちに借金返済で苦労するのはあまりおすすめできることではありません。

なるべくならば、親に相談して親から借りる、余計な出費ならば取りやめるなど、カードローン以外の解決法を探すようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加