カードローン申込後の転職について徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨今は転職する人も珍しくありませんので、カードローン利用中に転職をする人もいらっしゃるはずです。そこで今回は転職をした場合のカードローン対応について解説していきたいと思います。

転職すると分かっていて申込するのはNG?

すでに転職することが決まっている状態でカードローンに申込みをすることは可能だと思いますか?

転職してしまえば勤続年数もリセットされてしまいますし、年収なども変わってくる恐れがあります。当然カードローン会社としては新しい勤務先の情報を知りたいだろうし、正直に転職することを申告しておいた方が良いと思いますよね?

しかしカードローンに申込みをする時点で退職していないのであれば、転職することをわざわざ申告する義務はありません。もちろん違法でもありません。

カードローン審査で重要なのは「嘘の申告をしない」ことです。あなたは申込み時点ではまだ会社に在籍しているのですから、当然勤務先や勤続年数、年収などはその会社のものを申告して何ら問題はありません。

今の会社よりも高待遇の会社に転職する場合

もし転職先の会社が今の会社よりも規模が大きく、年収アップも見込める会社だった場合はどうでしょうか?この場合は正直に申告しておいた方が審査でも有利になりそうですし、利用限度額も高くなりそうだと考えますよね。

しかし例え待遇が良くなるとしても、転職することを申告することがプラスになるとは思えません。勤続年数は当然0年となります。いくら信用のおける大企業だとしても勤続年数0年では審査段階で落とされるリスクの方が明らかに高くなります。

ただ例外的に考えたいのがキャリアアップのための転職のケースです。つまりヘッドハンティングなどによって同業種で規模が大きい企業へ転職するという場合は申告しても大丈夫です。

基本的にキャリアアップの転職場合は勤続年数を合算してくれるケースが多いからです。

ですが無理に転職することを申告しなくてもカードローン審査には通るだろう!と思っているのでしたら、無理に転職することを切り出す必要もないのかなと思います。
「どうしても限度額の枠を多めに欲しい」など、特殊な事情がない限りは現在の勤務先の情報をそのまま申告しておくのが一番無難な方法だと思います。

転職後、勤務先の報告は必要なのか?

ここではカードローンをすでに利用している最中に転職した場合の対応について解説していきます。

まず最初に考えるのが転職したことをカードローンを利用してる金融機関に報告しなければならないのか?という問題ですよね。これに関しては「転職したことを報告する」というのが答えです。

もし転職したことを申告しないままにしておくと、万が一転職していることがバレてしまったときに利用停止になったり、一括返済を求められる可能性があります。管理人は以前これで一括返済を迫られた経験があります。

消費者金融だったのですが、おもわずポロッと「給料日が変わったんですよね」と言ってしまい、転職したことがバレちゃいました。そして3日以内に手続にこなければ「一括で全額返済してもらうことになるかもしれません」といわれたのです。

ただしこのときは転職して1年以上が経ってましたし、明らかに私に落ち度がありましたので、普通に転職の申告をしたからといって私のように全額返済や利用停止になることはありませんので安心してください。

転職したら新しい職場に在籍確認の連絡があるの?

そしてもう1つ転職したときの不安といえば「また在籍確認の電話が掛かってくるのだろうか?」という点ではないでしょうか。とくに転職したばかりで社内に個人名で電話をされるのはあまり良い気分ではありませんよね。

しかし多くの金融機関は転職したからといって、新たに在籍確認の電話を入れることはしないそうです。

ただし楽天銀行のようにホームページ内にはっきりと「※転職の場合、個人名で在籍の確認をさせていただきます」などの文言がある場合は別です。

一応管理人が「在籍確認あり」と確認ができたのは今のところ楽天銀行スーパーローンだけです。

転職直後でも審査通過するポイント

最近はどのカードローン商品も、申込み条件に「勤続3年以上」などと具体的な勤続年数を記載していません。

ほとんどのカードローンに共通している申込み条件というのは「20歳以上で安定した収入がある方」となっているはずです。つまり転職したばかりでもカードローンの審査に申込みすることは出来るということです。

ただし勤続年数の記載がないと言っても、やはり勤続年数が長い方が審査に有利であることに間違いありません。勤続年数は3年以上で安泰。1年~3年でも問題なし。1年未満になると不安という考え方が一般的です。

そこで今回は転職直後~勤続1年未満でカードローンに申込みするときのポイントを3つ紹介しておきますので、参考にしてください。

借入希望額を10万円以内にする

まず申込み時の希望額をなるべく低く設定しておくのがポイントです。それ以上の限度額を希望するのであれば、とりあえず審査に通ってから再度増額の申請をすることをおすすめします。

勤務年数は半年以上が理想。最悪でも3ヶ月以上まで待つ

転職してから半年というのが目安です。転職後1ヶ月と転職後6ヶ月では審査のときの心象も全然違ってきます。

どうしても半年待つことができないのであれば、最低でも転職してから3ヶ月経ってから申込みをすることをおすすめします。

過去に返済遅延・延滞がないこと

当然なのですが、過去に返済遅延や延滞がないことが条件となります。過去の取引履歴に遅延や延滞があると信用という面で大きなマイナスポイントとなります。

まとめ

転職することが決まっていてもカードローン審査に申込みをすることは何ら問題ありません。それどころか転職する1年くらいはカードローンなどの審査が厳しくなりますので、転職する前だからこそカードローンを事前に作っておくことをおすすめします。

そしてカードローン利用中に転職した場合は、転職の報告を忘れずに入れるようにしてください。転職したことを隠しておくと最悪利用停止や一括返済を迫られる可能性があります。

もし今現在転職したばかりだという人は勤続年数の問題がありますので、なるべくなら勤続1年してから申込みするのがベストです。

急ぎの場合は転職後すぐにでも申込みをすることは可能ですが、やはり転職後半年が経ってからの方が審査が有利になります。

>>即日融資できるおすすめのカードローンを見てみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加