十八銀行カードローンの即日融資の条件とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

長崎県に本店を構え、近隣の九州地方一帯で営業している十八銀行ではカードローン商品として十八銀行カードローン、18カードローン優待席(プレミアシート)、18教育カードローン「エールプラン」の3つのカードローンを提供しています。

今回はそれぞれのカードローン商品に設定されている限度額やその利率、申し込みから融資実行までの流れ、そして「即日融資の可否」について紹介します。

十八銀行カードローンの貸付条件

【申込年齢】20歳から65歳まで
【利用限度額】10万円から800万円
【実質年率】2.0%~14.6%
【審査時間】最短即日
【総量規制】対象外
【保証会社】エム・ユー信用保証株式会社

十八銀行カードローンの特徴

こちらの商品は最大800万円という余裕のある限度額と最高14.6%という銀行系カードローンだからこそ実現可能な低金利を併せ持つカードローンとなっています。

また申し込みから契約完了まで原則として来店不要で完結することも可能ですし、申し込みに際して同行に口座が無くてはならない、といった制限もありません

さらにパート・アルバイトの人はもちろん配偶者に安定した収入がある専業主婦の人や年金受給者の人まで幅広く申し込みが可能となっているため、いざという時には非常に頼りがいのある商品と言えます。

なお、こちらの商品は十八銀行の営業区域である長崎県、山口県、福岡県、熊本県に住んでいる、もしくは勤務先がある人のみ申込可能です。

十八銀行カードローンは即日融資可能?

こちらのカードローンは即日融資に対応しています。

即日融資を受けるためには平日の出来る限り早い時間に申し込みを済ませ、審査結果の電話が来た段階で速やかに契約書類をFAXでやり取りし、平日の昼12時頃までに契約手続きが完了していると即日で本人名義の口座へ振込融資を受けることが可能となっています。

ただし、十八銀行以外の口座に振り込んで貰う場合は多少手続きに時間がかかりますので、平日昼12時前には契約手続きを完了できるように心がけて手続きをしたいところです。

十八銀行18カードローン優待席(プレミアシート)の貸付条件

【申込年齢】20歳から60歳まで
【利用限度額】50万円から300万円
【実質年率】4.5%
【審査時間】2週間程度
【総量規制】対象外
【保証会社】株式会社十八カード、株式会社セディナ

十八銀行18カードローン優待席(プレミアシート)の特徴

こちらのカードローンは十八銀行に口座を開設していて、さらに住宅ローンを契約している人にのみ用意されているいわば「十八銀行のお得意様専用カードローン」といった様相を呈した商品となっています。

お得意様向けカードローンというだけあってその利率は4.5%となっていますので、条件に合致する人で長期的な借り入れ計画を持っている人は非常に低金利で借りることが出来るため、おすすめのカードローンと言えるでしょう。

また申し込みに際しては、この他にも下記の条件が設定されています。

  • 前年度税込年収(自営業の場合は年間所得)が 300 万円以上あること
  • 同一の勤務先または同一の自営業で、3 年以上勤務または営業している実績があること

十八銀行18教育カードローン「エールプラン」の貸付条件

【申込年齢】20歳から最高57歳まで
【利用限度額】50万円から200万円
【実質年率】4.225%
【審査時間】2週間程度
【総量規制】対象外
【保証会社】株式会社十八カード

十八銀行18教育カードローン「エールプラン」の特徴

こちらのカードローンは目的型ローンである教育ローンにカードローン機能がプラスされたタイプの商品となっており、用途不問で自由に使えるカードローンとは異なり、用途がお子様の学校への入学金、授業料、教材費、生活費、留学費などに使用可能となっています。

他の銀行の教育カードローンの場合は特に留学費には対応していない事が多いため、その点では同じ教育カードローンの中でも対応している用途は広めと言えます。

特にお子様が語学系の勉強を熱心にしている場合は突然、留学のチャンスなどが巡ってくることも多々あります。往々にしてそういった留学の受け入れは手続きの関係上、突然募集が始まって申込可能期間も非常に短いため、普段からこういったチャンスには資金面でも備えをしておくことが重要ですね。

なお、こちらのカードローンは高校、専門学校、短大、大学、大学院、専修学校、予備校などに新規入学・就学、または在学するお子様を持つ保護者の方が主に利用可能で、申込みは長崎県、福岡県、熊本県、山口県に住んでいる人のみ可能となっています。

十八銀行18カードローン優待席(プレミアシート)・エールプランは即日融資可能?

こちらの両カードローンは仮審査・本審査の2段階審査を採用しており、仮審査を通過した場合は別途「本申込み」を店頭(来店型)、もしくは郵送で契約書類をやり取りすること(来店不要型)が必要なため、即日融資には対応していません。

仮審査の結果は平均しておおよそ申し込みから1週間程度で判明します。

そこから来店もしくは郵送で本審査・本契約を行うことになりますので、実際に融資金を手にするまでにはトータルで2週間前後は見ておくと確実です。

十八銀行カードローンの審査の流れと必要書類

このように3種類のカードローンが提供されている十八銀行ですが、実際に申し込みを行うにはどういった方法があるのでしょうか。

今回は「既に十八銀行に口座を持っていて、出来る限り早く融資を受けたい」という想定のもと、それぞれの商品の具体的な審査の流れを紹介します。

十八銀行カードローンの場合

こちらの商品は主にインターネットから申込可能です。

インターネットから申込の場合

1.公式サイトの申込画面から「来店不要の簡単お申込みはこちら」に進み、保証会社などが提示している個人情報の取扱方針に同意し、申し込みフォームを表示させる。

2.申し込みフォームでは申込者の住まいや氏名・希望する連絡先、家族構成や勤め先に関する情報、他の金融機関と契約中のローン借入や他の銀行で契約している定期預金などの資産状況を入力して申し込みを完了させる。(※ここまでで約20分程度)

3.十八銀行・保証会社側で、仮審査を行う。また、この時までに勤務先への在籍確認の電話が行われる。(※仮審査の所要時間は最短2時間程度)

4.十八銀行から仮審査結果に関する電話が着信する。

5.仮審査に通過していた場合は郵送またはFAXで契約書類をやり取りする。急ぎの場合は事情を説明して公式サイトにある「利用申込書兼保証委託依頼書」をプリントアウトし、速やかに記入して本申込としてFAX送付する。

6.本申込を行ったあと、十八銀行側で本審査を行う。(※通常1時間強程度)

7.本審査に通過してここまでの契約に特段の不備などが無ければ、最終的な融資手続きが行われる。急ぎの場合で平日昼12時頃までにこの段階まで到達していれば、即日で本人名義の口座に振込融資を受けることも可能。

8.最終手続完了後、ローンカードが本人宛てに郵送されて契約完了。その時から十八銀行本支店のATMや提携金融機関のATMで融資金を引き出す事が可能。

 

十八銀行18カードローン優待席(プレミアシート)・エールプランの場合

こちらの商品は主にインターネット・電話・FAXから申込可能です。

インターネットから申込の場合

1.公式サイトの申込画面で保証会社などが提示している個人情報の取扱方針に同意し、申し込みフォームを表示させる。

2.申し込みフォームで申込者の住まいや氏名・希望する連絡先、家族構成や勤め先に関する情報、他の金融機関と契約中のローン借入や他の銀行で契約している定期預金などの資産状況を入力して申し込みを完了させる。(※ここまでで約20分程度)

3.十八銀行・保証会社側で、仮審査を行う。また、この時までに勤務先への在籍確認の電話が行われる。(※仮審査の所要時間は最短4営業日程度)

4.十八銀行から仮審査結果に関する電話が着信する。

5.仮審査に通過していた場合は店舗へ足を運ぶか、郵送で契約書類をやり取りする「本申込」を要請される。来店の場合は来店したい日時と実際に足を運ぶ最寄りの十八銀行本支店を指定し、予約を行う。

6.郵送もしくは来店で本申込を行ったあと、十八銀行側で本審査を行う。(※通常3営業日程度)

7.本審査に通過してここまでの契約に特段の不備などが無ければ、最終的な融資手続きが行われる。

8.最終手続完了後、ローンカードが本人宛てに郵送されて契約完了。その時から十八銀行本支店のATMや提携金融機関のATMで融資金を引き出す事が可能。

電話で申込の場合

1.0120-18-5639に電話をかけ、「(プレミアシートまたはエールプラン)に申し込みをしたい」と告げる。

2.インターネット申込と同様にオペレーターさんからの案内に従い申し込みに必要な個人情報についての質問に答え、一旦電話を切って仮審査を待つ。

3.十八銀行・保証会社側で仮審査を行う。

※これ以降の流れはインターネット申込の場合と同じ。

FAX・郵送で申込の場合

1.店頭備え付けの仮審査申込書に漏れなく記入する。

2.0120-5000-18にFAX送付する。

※書類の到着後の流れはインターネット申込の場合と同じ。

必要書類

必要書類は原則として本人確認用の運転免許証・パスポート・住民基本台帳カードなどの顔写真付き身分証明書と金融機関の届け印などが最低限必要となります。また、健康保険証を本人確認として使用する場合は別途補助資料として住民票や本人名義の公共料金の領収書などが必要になります。

また、審査の結果銀行が必要だと判断した場合や希望している融資額(プレミアシートの場合は200万円超から)によっては収入を証明できる書類(源泉徴収票・確定申告書など)や、申告している住居が本人または家族名義のものであることを証明する「不動産登記簿」などが個別に必要となるケースもあります。

出来る限り用意しておくか、あるいは必要な際にはすぐに用意できるように段取りを確認しておきましょう。

在籍確認はある?

十八銀行カードローンの各商品で融資を受けようとすると、ほぼ確実に十八銀行または保証会社から勤務先へ在籍確認の電話が行われます。

特に即日融資に対応している商品の場合はスピードが命ですから、一番手っ取り早く在籍を確認する方法として電話が使われます。

ただし、電話自体は個人名・非通知で「●●さんお願いできますか?」といった内容になりますのであくまでも銀行からの電話だとはわからないように配慮はしてくれます。

電話を取った人がカードローン経験者などの場合を除き、決定的にカードローン申し込みを行った事がバレる事は無いと考えて差し支えありません。

即日融資を希望の場合は在籍確認にも注意?

十八銀行のカードローンは即日融資に対応している商品もありますが、その手続きをスムーズに進行させて素早く融資を受けるには、在籍確認にも気を配ることがポイントとなっています。

十八銀行のカードローンで即日融資を希望する場合は、可能な限り平日朝9時の段階で申し込みを済ませ、「即日融資希望」であることを伝えることが重要です。

通常は朝9時頃の申し込みで「急ぎ」ということであれば、在籍確認も申込みを受けてから約30分後の朝9時台後半には行われることになります。

この時、すでに勤務先が始業していて電話が繋がれば何の問題もありませんが、朝10時開店というケースやそれ以降の時間に始業するタイプの勤務先の場合は朝9時台に電話が来ても留守番電話や営業時間外アナウンスなどでそもそも、その電話自体を取れないケースがありますので注意が必要です。

また、このような「始業前などで電話が繋がらない可能性があること」を伝えずに在籍確認が入ってしまうと、在籍確認が取れずに審査がどんどん後回しになることも考えられますし、最悪の場合は「在籍確認不可」という扱いで限度額が当初より低くなるなど審査に悪影響が出る可能性すら考えられます。

そこで、もし9時台に電話に出られる人が誰もいない、もしくは始業前だと電話が繋がらない設定になっているなどの場合は前もってオペレーターさんにその事を説明するとスムーズです。

きちんと説明していれば審査側も始業時間になった後で在籍確認をしてくれますし、審査に問題がなければ在籍確認が完了した時点で審査が完了する様に先に他の手続きなどを済ませてくれるケースもあります。

まとめ

十八銀行のカードローンは通常のタイプと住宅ローン契約者専用のタイプの2種類展開となっています。

それぞれ来店不要で手続きを完結することが出来たり、即日融資に対応しているなどの特色を持っているためローン商品の使い勝手自体はとても良いと言えます。

また専業主婦の人からの申し込みにも対応していますので、ここも高ポイントです。

ただし公式サイトの情報はお世辞にも詳しくてわかりやすいとは決して言えません。

わかりやすい手続きを希望している場合は当サイトで提示している即日融資OKのおすすめ銀行カードローンに申し込みをした方がベターでしょう。

公式サイトへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加