秋田銀行カードローンで即日融資は可能?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

秋田県を中心に北海道から東北地方にかけて店舗を展開している秋田銀行ですが、こちらの銀行では「秋田銀行カードローンスマートネクスト」と「あきぎんプライムカード」の二種類のカードローン商品を提供しています。今回はこの2つのカードローンの審査スピードや申込方法について紹介します。

秋田銀行カードローンスマートネクストの貸付条件

【申込年齢】20歳から69歳まで
【利用限度額】30万円から500万円まで
【実質年率】5.8%~14.8%
【審査時間】最短4時間程度
【総量規制】対象外
【保証会社】エム・ユー信用保証株式会社

秋田銀行カードローンスマートネクストの特徴

秋田銀行カードローンスマートネクストは、銀行系では珍しい最短即日融資が可能ながらも5.8%から14.8%という銀行系カードローンならではの低金利を実現していることが特徴です。

申込年齢も69歳までの申込に対応しているほか、収入証明書も契約書の押印も不要ということで煩わしい作業や来店も不要となっています。

もちろん、20歳以上であれば専業主婦、パート・アルバイトの人でも申込が可能となっています。

ただし、申し込みには秋田銀行の普通預金口座(無い場合は申し込み時に同時開設)が必要となっていますので、事実上は秋田銀行の営業区域である秋田県、北海道の札幌市・旭川市周辺、青森県、岩手県、宮城県、福島県、新潟県、そして東京都に住んでいる、もしくは勤務先がある人が貸付対象となっています。

秋田銀行カードローンスマートネクストは即日融資可能?

秋田銀行カードローンスマートネクストでは、即日融資に対応しています。

即日融資を受けるにはまず、すでに秋田銀行に普通預金口座を持っていることが必須条件となっています。

また、口座を持っていない場合でも即日融資こそ難しいものの、早ければ申し込み翌日に契約が完了し、指定した口座に融資金を振り込んでもらうことが可能です。

こういった即日融資の銀行カードローンの場合、その銀行に口座を開設していない人は来店での申し込みしか受け付けてもらえず、融資実行までに3営業日程度は覚悟しなければならないのが通常です。

しかし秋田銀行ではスマホアプリから簡単に口座開設が可能となっており、口座の開設が完了次第すぐにWEB完結型の審査手続きに入ってくれるため、即日融資に準じるレベルのスピードで融資を受けることが可能となっています。

秋田銀行カードローンあきぎんプライムカードの貸付条件

【申込年齢】20歳から69歳まで
【利用限度額】30万円から500万円まで
【実質年率】5.8%~9.8%
【審査時間】最短3営業日
【総量規制】対象外
【保証会社】株式会社秋田ジェーシービーカード

秋田銀行カードローンあきぎんプライムカードの特徴

こちらのカードローンは先程のスマートネクストに比べて金利が低く設定されており、比較的大きな額を長く借りる際にはお得なカードローンです。

もちろん使いみちは自由なので、少しだけ借りておきたい、カードだけ持っておきたいという場合に加えてまとまった資金を一気に借り入れしたい時にも活用することが可能です。

なお、このカードローンを契約するには秋田銀行に普通預金口座を持っていることが必須条件となるため、事実上スマートネクスト同様、秋田銀行の営業区域内にお住まい、もしくは勤務先がある人のみ申し込みが可能です。

秋田銀行カードローンあきぎんプライムカードは即日融資可能?

こちらのカードローンは事前審査と、来店での本審査という二段階審査を採用しています。

そのため、即日でお金を手に入れることは出来ません。

しかし即日が難しくても、最短3営業日程度で融資に漕ぎ着けられるのがこの商品の特徴でもあります。

こちらの商品では原則平日の10時頃までにインターネットから申し込みを完了していて事前審査に通過していた場合は、即日でその結果を電話連絡してくれる事になっています。

その後で銀行側の求めに応じた必要書類を持ち、銀行に来店の上で正式な申し込みをすることになります。

そのため、仮審査の結果が判明してから出来る限り早いタイミングで来店して申し込みを行うことが出来ればその分だけ正式な審査が早くスタートしますので、最短で申込日を入れて3営業日目には融資を受けられる可能性が出てくるのです。

秋田銀行カードローンスマートネクストの審査の流れ

申し込み方法

こちらのカードローンではインターネットからの契約と店頭・郵送契約の二種類が選択可能です。

また、いずれの場合でも「すでに秋田銀行で普通預金口座を開設しており、そのキャッシュカードを持っているかどうか」で申し込み方法が異なりますが、今回は特に利用者が多く、スピーディーな審査が可能なインターネット申込の場合について見ていきましょう。

既に秋田銀行の口座・キャッシュカードがある場合

1.公式サイトの申込画面で「カンタンお申込みはこちら」を選択し、個人情報の取扱方針に同意の上、申し込みフォームを表示させる。

2.申し込みフォームで申込者の住所氏名・連絡先、家族構成や勤務先の情報、借入後の資金計画(※簡単なもの)を入力して申し込みを完了させる。(※ここまでで約20分程度)

3.申込後、メールで折り返し「お申込みID」が送付されてくるので契約完了まで保管しておく。(※折り返しは申し込みから5分程度)

4.申込時に入力した電話番号宛に保証会社から着信し、申し込み内容の確認が行われる。(※電話の所要時間は約10分程度)

5.確認完了後に再度メールで返済用口座の設定依頼が届くので、WEB上で返済口座を設定する。また、この段階で勤務先への在籍確認が行われる。(※メール着信から設定完了まで30分程度)

6.メールで審査結果が届く。審査に通過していた場合はそのままWEBで契約手続きを行い、契約完了。(※契約作業の所要時間は約30分程度)

7.通常は後日ローンカードが郵送されてからの利用となるが、急ぎの場合はここでメールに記載のコールセンターに電話し、「急ぎなので自分の秋田銀行の口座に融資金を振り込んで欲しい」と伝える。

8.平日14時までにこのステップまで来ていれば、その日のうちに融資金が振り込まれてくるのでそれを引き出して融資完了。(※最終確認の電話から振込完了まで2時間程度)

秋田銀行に口座がない場合

1.スマホから公式サイトにアクセスし、専用のスマホアプリをダウンロードして起動する。

2.スマホアプリで秋田銀行に普通預金口座を開設する。(※口座の開設完了まで30分から40分程度)

3.開設完了と同時に、通常のWEB完結型申込へ移行する。これ以降の流れはすでの口座がある場合の手順と全て同様。

必要書類

必要書類は健康保険証、そして本人確認資料としての運転免許証、パスポートなど顔写真付きの身分証明書が必要です。

こちらは申し込みの際にスマホなどで写真を撮り、その画像をアップロードして提出することになりますので事前に用意しておきましょう。

在籍確認はある?

WEB完結型で申し込みの場合、本人確認資料のアップロード後、返済用口座を設定したあたりの段階で勤務先に在籍確認の電話が保証会社から入ります。

もちろん、銀行や保証会社の名前ではなく、非通知かつ個人名で電話し、申込者を呼び出してくれるように頼むような内容の電話となっています。

この時にスムーズに本人が電話に出たり、勤務先の人間がきちんと申込者が今どうしているか(外出中、会議中、休みなど)を答えられれば在籍確認はわずか1分足らずでクリアとなります。

秋田銀行カードローンあきぎんプライムカードの審査の流れ

申し込み方法

こちらの商品の場合はインターネット、もしくはFAX・来店での仮審査申し込みに対応しています。

今回は「出来る限り早く融資を受けたい」という前提に立って、一番審査が早いインターネット申し込みの場合を中心に紹介します。

インターネット申し込みの場合

1.公式サイトから「WEBお申込みはコチラ」へ進み、申し込みフォームを表示させる。

2.個人情報取扱方針に同意し、申し込みフォームから申込者の住所氏名・連絡先、勤務先情報などを画面の指示に従って入力し、申し込みを完了させる。(※ここまでで約20分~30分程度)

3.平日12時までの申し込み分に関しては、事前審査に問題なく通過していた場合はその日のうちに電話で案内が来るので、来店日時を予約する。(※事前審査はスムーズに進んだ場合は2時間から3時間程度)

4.指定された時間に指定された支店へ、本人確認書類と収入証明書類を持って来店し、正式な申し込みを行う。

5.秋田銀行側で審査を行う。(※審査時間は1営業日から2営業日程度)

6.審査に通過していた場合は電話でそのまま契約完了となる。ローンカードは後日郵送されてくるが、急ぎの場合は契約時に振込先口座を指定すればそこへ1営業日以内に振り込んでもらうことが出来る。

FAX・店頭での申し込みの場合

1.公式サイトでプリントアウトした事前審査申込書に記入の上、所定の電話番号へFAX送付するか近くの秋田銀行本支店へ持ち込む。

2.これ以降の流れはインターネット申し込みと同様。

必要書類

基本的な必要書類は健康保険証と、秋田銀行の預金口座の届け印となります。

その他の必要書類は申込者の状況に応じて変動するため、仮審査通過後は必ず担当者に必要書類について確認するようにしましょう。

在籍確認はある?

在籍確認は最低1回、多ければ2度行われることになります。

これは保証会社と秋田銀行本体が同時に審査を行うためで、場合によっては保証会社から1回、秋田銀行から更にもう1回というケースがあるためで、あまり本人あてに電話がかかってこない様な勤務先の場合は先に同僚に銀行の口座を開いたから確認の電話が来るかもしれない、などと根回しをしておくとスムーズかもしれませんね。

まとめ

このように秋田銀行では、顧客のニーズや生活スタイルに合わせて2種類のカードローンを提供しています。

即日融資を希望される場合は、秋田銀行の口座を持っていることが条件になりますが、秋田銀行カードローンスマートネクストを利用しましょう。

公式サイトへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加