筑邦銀行カードローンの即日融資の可否や審査の流れ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

福岡県に本店を構え、大分県、佐賀県などでも営業している筑邦銀行ではカードローン商品としてMyポケットカードローン、キャンパスカードローン、エクセルカードローン、ミニカードローン、住まいるカードローンの5つのカードローンを提供しています。

これらのカードローン商品に設定されている限度額やその利率、申し込みから融資実行までの流れ、そして「即日融資の可否」について今回は紹介します。

筑邦銀行Myポケットカードローンの貸付条件

【申込年齢】20歳から74歳まで
【利用限度額】10万円から90万円
【実質年率】14.6%
【審査時間】1営業日程度
【総量規制】対象外
【保証会社】SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

筑邦銀行Myポケットカードローンの特徴

こちらの商品は限度額が最大90万円までと若干コンパクトな設計のカードローンとなっていますが、アルバイト・パートの人はもちろん専業主婦の人や年金受給者の人からの申し込みにも対応しています。

用途は「借り換え」や「一本化」も含めて自由となっていますので、日常のちょっとした資金から他の借り入れの整理まで幅広い用途で活用することが出来ます。

筑邦銀行キャンパスカードローンの貸付条件

【申込年齢】18歳から30歳まで
【利用限度額】10万円から30万円
【実質年率】8.8%
【審査時間】1営業日程度
【総量規制】対象外
【保証会社】筑邦信用保証株式会社

筑邦銀行キャンパスカードローンの特徴

こちらのカードローンは銀行系カードローンでは珍しい「学生向け」のローン商品となっています。

申し込み可能な年齢も多くのカードローンが20歳からとしている中で、親権者の同意があれば18歳から申し込み受付となっており、同行の営業区域(福岡県、佐賀県、大分県の大学・大学院、専門専修学校に在学していれば借り入れが可能です。

なお、親と別居中の人は実家が同行の営業区域内にあるということも条件となっています。

筑邦銀行エクセルカードローンの貸付条件

【申込年齢】20歳から60歳まで
【利用限度額】10万円から500万円
【実質年率】5.0%~11.8%
【審査時間】1営業日程度
【総量規制】対象外
【保証会社】株式会社オリエントコーポレーション

筑邦銀行エクセルカードローンの特徴

こちらの商品は限度額が最高500万円までとなっている同行カードローンの主力商品です。

限度額の範囲内であれば繰り返し利用することも可能ですし、利率も11.8%が上限ということで他の銀行系カードローンの平均的な金利よりも低い水準に設定されているのも嬉しいポイントです。

また、年収や勤続年数が一定の基準に達していると下記の要領で申し込み可能な限度額上限が上がっていくという特徴もあります。

限度額100万円から300万円まで:年収が200万円以上、勤続年数2年以上
限度額300万円以上:年収が400万円以上、勤続年数2年以上

※専業主婦・パートの人は限度額30万円まで。アルバイトの人は限度額20万円まで

筑邦銀行ミニカードローンの貸付条件

【申込年齢】20歳から65歳まで
【利用限度額】10万円から100万円
【実質年率】13.0%
【審査時間】1週間程度
【総量規制】対象外
【保証会社】株式会社セディナ

筑邦銀行ミニカードローンの特徴

こちらの商品は現在手持ちの筑邦銀行のキャッシュカードにローンカード機能を付加し、口座にもローン機能を紐付けるタイプのカードローンです。

通常の預金引き出しと同じ感覚で融資を引き出すことも可能ですし、更には毎月の公共料金などの自動引き落とし時にうっかり残高不足でも自動的に不足分を補う形で融資してくれる自動融資機能もプラスされています。うっかり残高不足でも自動的に融資して引き落としとなるので安心、便利ですね。

限度額も最大100万円まで(専業主婦の人は50万円まで)となっていますので、いざという時のために一枚持っておいても決して損ではないでしょう。

筑邦銀行住まいるカードローンの貸付条件

【申込年齢】20歳から60歳まで
【利用限度額】50万円から300万円
【実質年率】3.5%~9.5%
【審査時間】1週間程度
【総量規制】対象外
【保証会社】ワイジェイカード株式会社

筑邦銀行住まいるカードローンの特徴

こちらの商品は同行で既に住宅ローンを契約しているか、新規に住宅ローンを契約する人のみが申し込みできるいわば「筑邦銀行のお得意様専用カードローン」となっています。また、一般的な住宅ローン契約者専用のカードローンの場合は同行で住宅ローンを契約している人のみ申し込みができますが、筑邦銀行では他行で住宅ローンを契約している人もこちらの商品に申し込みができるという大きな特徴があります。

基本的な商品設計は先ほどの商品と同様ですが利率が高くても9.5%と10%を切っているため、同行で住宅ローンを契約する人または同行・他行で既に契約している人はこちらの商品も検討すると良いでしょう。

筑邦銀行カードローンは即日融資可能?

ここまで紹介してきた5つのカードローンは原則として申込みから審査完了までの流れが共通しており、仮審査と正式申込・手続き後の本審査という二段階の審査が行われることになっています。

そういった兼ね合いで、同行の全てのカードローン商品で「実務上は」即日融資には対応していません。

理論上は平日の午前中に申し込みを全て完了し、スムーズに在籍確認等が完了し、かつ、仮審査完了後に間髪入れず来店が出来れば即日融資可能という事になってはいますが、実際は筑邦銀行の取扱店舗の混み具合や審査の進行スピードなどの兼ね合いでその日の内に融資を受けられる事は非常にレアケースと言っても過言ではありません。

多くの場合は申し込みからおよそ1営業日で審査結果が通知されますので、早くても翌営業日の融資実行となっています。

筑邦銀行カードローンの審査の流れと必要書類

このように5種類のカードローンが提供されている筑邦銀行ですが、実際に申し込みを行うにはどういった方法があるのでしょうか。

今回は「すでに筑邦銀行の口座を持っていて、出来る限り早く融資を受けたい」という想定のもとで、それぞれの商品の具体的な審査の流れを紹介します。

なおそれぞれの商品の申し込み方法はほぼ共通となっており、インターネット、電話から申し込み可能です。ただしミニカードローンのみ店舗窓口からの申し込みになります。

申込みの流れ

インターネットから申込の場合

1.公式サイトの申込画面で保証会社などが提示している個人情報の取扱方針に同意し、申し込みフォームを表示させる。

2.申し込みフォームで申込者の住所氏名・希望連絡先、家族構成や勤め先に関する情報などを入力して申し込みを完了させる。(※ここまでで約20分程度)

3.筑邦銀行・保証会社側で、仮審査を行う。同時に勤務先への在籍確認の電話が行われる。(※仮審査の所要時間は最短1営業日程度)

4.筑邦銀行から仮審査結果に関する電話が着信する。

5.仮審査に通過していた場合は店舗へ足を運ぶ必要があるので、来店したい日時と実際に足を運ぶ最寄りの店舗を指定し、予約を行う。

6.必要書類を用意し来店で正式申込・契約手続きを行ったあと、筑邦銀行側で本審査を行う。(※通常2時間程度)

7.ここまでの契約に特段の不備や虚偽申告が無ければ最終手続きが行われる。

8.最終手続完了後、ローンカードが本人宛てに郵送されて契約が完了。その時から筑邦銀行本支店のATMで融資金を引き出す事が可能。急ぎの場合はその場で発行される専用通帳から資金の引き出しも可能。

電話で申込の場合

1.0120-86-7980に電話をかけ、希望の商品に申し込みをしたいと告げる。

2.オペレーターさんからの案内に従い、インターネット申込と同様の申し込みに必要な個人情報についての質問に答え、一旦電話を切って仮審査を待つ。

3.筑邦銀行・保証会社側で仮審査を行う。

※これ以降の流れはインターネット申込の場合と同じ。

来店で申込の場合※ミニカードローンは来店のみ受け付け※

1.事前に本支店へ電話で来店予約をしてから来店する。

2.担当者のヒアリングを受け、申込書に記入して仮審査を受ける。(※所要時間は2時間程度)

3.筑邦銀行・保証会社側で仮審査を行う。(※最短1営業日程度)

※これ以降の流れはインターネット申込の場合と同じ。

必要書類

必要書類は原則として、本人確認用の運転免許証・パスポート・マイナンバーカードのいずれかの顔写真付き身分証明書と金融機関の届け印・通帳が最低限必要となります。

また、審査の結果銀行が必要だと判断した場合や希望している融資額によっては(エクセルカードローンの融資限度額が100万円以上の場合など)収入を証明できる書類(源泉徴収票や確定申告書など)や、申告している住居が本人または家族名義のものであることを証明する「不動産登記簿」などが個別に必要となるケースもあります。

なお、住まいるカードローンを契約の際、すでに他行で住宅ローンを契約している場合は直近1年内の返済明細と返済用通帳の写しが必要になり、キャンパスカードローンを契約の際は在学の確認として学生証や在学証明書、それに加え未成年者が申し込む場合は親権者の運転免許証や住民票謄本、戸籍、印鑑証明書などが必要になります。

特にキャンパスカードローンは必要書類を多く用意しなければいけない場合がありますので出来る限り用意しておくか、あるいは必要になった際はすぐ用意できるように段取りを確認しておきましょう。

在籍確認はある?

筑邦銀行では5種類のカードローンが提供されていますが、申込者が専業主婦や年金受給者の人である場合を除きほぼ百パーセント、申込時には勤務先に対して在籍確認の電話が行われます。

その電話に本人が出られる事がベストではありますが、別の人間が出た場合でも「本人はただいま外出中です」や「本日お休みを頂いております」などの回答が出来ていれば在籍の確認は完了となります。

ただし、平日日中などの申込時には「本日はお休みですか?」と聞かれますので、この時の回答(休み、会社を抜け出している、遅番である、など)と在籍確認時の回答にズレがあった場合はアリバイ会社などの利用を疑われて審査に時間がかかったりする場合もありますので、充分に注意したいところです。

原則、申込時に間違った内容や虚偽の申告が無ければ大丈夫ですので正確な申告を心がけましょう。

まとめ

筑邦銀行のカードローンは限度額や融資形態によって5種類もの商品が提供されています。専業主婦の人や年金受給者の人でも申し込み可能な商品もあるなど、幅広い層からの申し込みに対応していると言えます。

申し込みから融資実行まで特に難しいステップやクセのある流れはありませんので、簡単に申し込みが出来るのではないでしょうか。

ただし、即日融資には原則として対応していませんので、急ぎの場合は当サイトで提示している即日融資対応の銀行系カードローンから希望の商品を選択して下さい。

公式サイトへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加