肥後銀行カードローンの特徴や即日融資の条件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

熊本県に本店を構え、九州各県に支店を展開して営業しているのが肥後銀行です。

こちらの銀行ではカードローン商品としてWEBカードローン、カードローンBackUp、カードローンBESTASSIST、教育カードローンの4つのカードローンを提供しています。

今回はカードローン商品にそれぞれ設定されている限度額やその利率、申し込みから融資実行までの流れ、そして「即日融資の可否」について紹介します。

肥後銀行カードローン全商品の共通貸付条件

肥後銀行では4種類のカードローンが提供されていますが、その全てにおいて

  • 申込者の住所が佐賀・沖縄を除く九州各県内、東京、大阪であること
  • 肥後銀行で既に普通預金口座を開設していて、本人確認済みのキャッシュカードが手元にあること
  • 同行の他のカードローンに契約が無いこと

が共通の貸付条件となっています。

今回はこの3つの条件を全てクリアしているという仮定で紹介をしていきます。

肥後銀行WEBカードローンの貸付条件

【申込年齢】20歳から64歳まで
【利用限度額】10万円から500万円
【実質年率】4.5%~14.0%
【審査時間】1営業日程度
【総量規制】対象外
【保証会社】株式会社オリエントコーポレーション、新生フィナンシャル株式会社

肥後銀行WEBカードローンの特徴

こちらのカードローンは肥後銀行カードローン商品の中で唯一、原則としてインターネット上で申し込みから契約までを完結できるタイプの商品となっています。

限度額は最大500万円、利率も最高金利でも14%台という銀行系カードローンだからこそ可能な設定となっているので、これ一枚で非常に幅広い用途に資金を活用することが出来ます。

また実際の貸付は手持ちのキャッシュカードにローンカード機能を付加する形で行われるため、別途ローンカードを持たずともキャッシュカード一枚で借り入れが可能です。

そのためお財布の中がローンカードで余計に膨らむといったこともありませんし、管理も非常に楽という利点があります。

肥後銀行WEBカードローンは即日融資可能?

あくまでも肥後銀行の繁忙期や一般的に銀行への申し込みや各種手続が殺到する時期を除く、ということにはなりますが、余程の事が無い場合平日朝9時頃に申し込みを完了して各種連絡がスムーズに進行すれば即日融資が可能となっています。

特段、来店する必要などもありませんので審査がストップする可能性のある要素としては本人への電話連絡や申込内容の不備、在籍確認が取れないなどが挙げられます。

即日融資を狙うのならこちらにも充分注意して申し込みましょう。

肥後銀行カードローンBackUpの貸付条件

【申込年齢】20歳から64歳まで
【利用限度額】30万円から100万円
【実質年率】12.5%~14.0%
【審査時間】2週間程度
【総量規制】対象外
【保証会社】肥銀カード株式会社、株式会社オリエントコーポレーション

肥後銀行カードローンBackUpの特徴

こちらのカードローンは限度額が100万円までと比較的コンパクトにまとまった商品となっています。

同行の口座に紐付けとなるタイプのカードローンですので、公共料金・クレジットのカード利用代金などの引き落とし時にうっかり残高不足になってしまった場合でもしっかりと不足分を自動融資して引き落としNGという事態を防いでくれる機能がついています。

使いみちもいわゆる「借り換え・一本化」を除いて自由となっていますので、まずは一枚持っておくと良いカードローンと言えるでしょう。

肥後銀行カードローンBESTASSISTの貸付条件

【申込年齢】25歳から59歳まで
【利用限度額】100万円から300万円
【実質年率】5.4%~7.15%
【審査時間】2週間程度
【総量規制】対象外
【保証会社】肥銀カード株式会社、株式会社日専連ファイナンス、株式会社オリエントコーポレーション

肥後銀行カードローンBESTASSISTの特徴

こちらは先ほどのバックアップとほとんど同じコンセプトで提供されているカードローンですが、同行で既に住宅ローンを契約している場合は利率が年5.4%という非常に低金利な水準で利用可能な特典がついています。

限度額も最低100万円からと比較的大口な商品となっていますので、先ほどの商品が日常のちょっとした資金に使えるカードローンならこちらは、突発的な大きい出費に備える事が可能な商品となっています。

また、申し込み可能年齢が20歳からではなく25歳からとなっており、前年度税込み年収は400万円以上が条件となっています。

肥後銀行教育カードローンの貸付条件

【申込年齢】20歳から65歳まで
【利用限度額】50万円から300万円
【実質年率】1.95%~4.2%
【審査時間】2週間程度
【総量規制】対象外
【保証会社】肥銀カード株式会社、株式会社日専連ファイナンス

肥後銀行教育カードローンの特徴

こちらは目的型ローンの一種である教育ローンにカードローン機能がプラスされた商品です。通常プランの教育カードローンに加え、現住所が熊本県内の人向けに金利優遇とお子様の卒業までは利息のみの返済も可能となっているなど、保護者のかゆいところに手が届く「ふるさと熊本応援プラン」の教育カードローンも同商品の1プランとして提供されています。

申し込みは勤続二年以上または現住所に1年以上住んでいる人でかつ年間収入又は年間所得が300万円以上の人が可能となっています。若干細かい申込条件がありますが、一般的な教育ローンでは申し込みを受け付けていない年金受給者の人からの申し込みも受け付けています。

銀行系カードローンの中でも肥後銀行の教育カードローンは熊本応援プランの場合利率が最低1.95%(同行に給与振込口座設定の場合)と驚異の水準となっており、その他通常プランにも各種取引状況に応じて金利の優遇もあります。

肥後銀行カードローンBACK UP、BESTASSIST、教育カードローンは即日融資可能?

こちらのカードローンは両方とも申し込み時に受ける仮審査に最大5日、その後の正式申込・契約とローンカードの郵送などで1週間程度の時間がかかりますので、即日融資非対応となっています。

正式申込は来店、郵送のいずれかで行うことになりますが、郵送の場合は輸送時間を考慮に入れると申し込みから1ヶ月近くの時間がかかってしまうケースもありますので可能な限り来店で契約を行いたいところです。

肥後銀行カードローンの審査の流れと必要書類

このように4種類のカードローンが提供されている肥後銀行ですが、実際に申し込みを行うにはどんな方法があるのでしょうか。

今回は記事の最初で紹介した前提条件をすべてクリアした上で出来る限り早く融資を受けたいという想定のもと、具体的な審査の流れを紹介します。

肥後銀行WEBカードローンの場合

こちらの商品はインターネットから申し込みとなります。

インターネットから申込の場合

1. 公式サイトの申込画面で保証会社・肥後銀行が提示している個人情報の取扱方針に同意し、「カードローンお申込み」フォームを表示させる。

2.住所氏名・希望する連絡先、その他質問項目を埋める形で入力して申し込みを完了させる。(※ここまでで約20分程度)

3.肥後銀行・保証会社側で、仮審査を行う。このタイミングで勤務先への在籍確認の電話が行われる。(※仮審査の所要時間は最短2時間程度)

4.肥後銀行から仮審査結果に関する電話もしくはメールが着信する。

5.保証会社のOKが出て仮審査通過の場合はそのまま公式サイト上で契約手続きを行う。審査手続きがお済みのお客様に進み、保証会社のサイトで契約条項などに同意する。

6.本申込後の本審査(最終確認)に通過して、現段階での契約に特段の不備などが無ければ、最終的な手続きが行われる。

7.最終手続完了後、その場で契約完了。平日12時頃までにこの段階まで到達していれば、原則即日で手持ちのキャッシュカードから資金を借り入れることが可能。どうしても心配な場合は契約完了後に肥後銀行ハローサービスプラザ(0120-1589-86)に電話して状況を確認する。

肥後銀行カードローンBACK UP、BEST ASSIST、教育カードローンの場合

こちらの商品は主にインターネット・FAXなどから申し込みとなります。

インターネットから申込の場合

1.公式サイトの申込画面で保証会社などが提示している個人情報の取扱方針に同意し、「ローン仮審査申込サービス」フォームを表示させる。

2.申し込みフォームでは申込者の住まいや氏名・希望する連絡先、家族構成や勤務先に関する情報、他の金融機関と契約中のキャッシングもしくはローン借入などの状況を入力して申し込みを完了させる。(※ここまでで約20分程度)

3.肥後銀行・保証会社側で、仮審査を行う。この時までに勤務先への在籍確認の電話が行われる。(※仮審査の所要時間は5営業日程度)

4.肥後銀行から仮審査結果に関する電話が着信する。

5.仮審査に通過していた場合は店舗へ足を運ぶか、郵送で契約書類をやり取りする正式申込・契約を求められる。来店の場合は来店したい日時と実際に足を運ぶ最寄りの店舗を指定し、予約を行う。

6.郵送もしくは来店で契約手続きを行ったあと肥後銀行側で本審査を行う。(※通常3営業日程度)

7.本審査に通過し、現段階で特段の不備などが無ければ、最終手続きに進む。

8.最終手続完了後、各商品のローンカードが本人宛てに郵送されて契約完了。その時から肥後銀行本支店のATMや提携金融機関のATMで融資金を引き出す事が可能。

FAXで申込の場合

1.公式サイトからFAX仮審査申込書をプリントアウトし、必要事項を記入する。

2.096-322-7440にFAX送付する。

※書類の到着後の流れはインターネット申込の場合と同じ。

必要書類

  • 運転免許証、健康保険証などの本人確認資料
  • 所得証明資料(※源泉徴収票や確定申告書、年金証書など審査状況に応じて必要な場合あり)
  • 同行普通預金口座の通帳と届出印(※来店申し込みが必要な商品のみ)
  • 教育ローンカードに申し込みの場合は、合格通知書や在学証明書などの入学や在籍を確認できる書類と授業料の納付書や賃貸契約書、入学試験の渡航費などの使いみちを証明できる書類

となっています。

在籍確認はある?

肥後銀行では、カードローンに申し込みがあった際には申込者が申告してきた勤務先に対して在籍確認の電話を行っています。

この電話自体は各商品の保証会社が代行して行うことになっていますが、基本的には個人名で「●●さんお願いできますか?」といった格好で電話をかけてくれます。そのため勤務先にもカードローンの申し込みだとバレるリスクは少なめです。

ただし審査状況によっては「肥後銀行の△△ともうしますが、●●さんお願いできますか?」と、銀行名を名乗った上で電話をしてくるケースもありますのでその場合は電話後に同僚に軽くフォローを入れるなどの気遣いが必要なケースもありますね。

なお、この在籍確認の電話を含めて5日以上肥後銀行側と申込者が音信不通になってしまった場合は申し込みが取り消しになってしまうケースもありますので長期出張などの場合には注意しましょう。

保証会社が複数ある商品は審査が厳しい?

同行のカードローンのうちバックアップ、ベストアシスト、そして教育カードローンにはそれぞれ2社の保証会社がついています。

では、これらの商品は保証会社2社分の審査に合格しなければならないのでしょうか?

答えはノーです。どちらか1つの審査に通れば融資を受けることが可能です。

これは業界で通称「リトライサービス」、「2次保証審査」などと呼ばれるサービスで、1つの保証会社に限定して審査を行うと、どうしても申込者の信用状況やいわゆる「相性」によっては保証審査に通りづらいという側面があります。

それを解決すべく、銀行の意向や商品の設定によっては保証会社が複数設けられているケースがあります。

上記の肥後銀行カードローンの場合はまず最初に自社系列である肥銀カード株式会社が一次保証審査を行います。

その際に同社が「この人は総合的に見てうちの基準では保証出来ません」という事で保証を拒否した場合、肥後銀行では今度はそれぞれに設定されている二次保証会社へ保証審査を依頼します。

通常は一次保証に自社系列の地元系企業(若干審査が厳し目といえます)を設定し、二次保証以降に柔軟な審査の全国対応の大手信販会社や消費者金融系保証会社を設定することが多くなっています。

この結果「一次保証では難しかったでしょうが、うちは多くの保証実績からノウハウがあるのでこの人の借り入れについて保証しますよ」となれば晴れて審査には通過となります。

仮審査の段階で審査に異様に時間がかかっていて、問い合わせをしても担当者が煮え切らない態度の時はこの一次保証で問題があり、二次保証に回っているケースがほとんどです。

なお、保証会社によって利率が異なる場合などは申込者の利益にも関わりますので担当者から正直に「現在二次保証審査に入っています」といったことを教えてもらえるケースもあります。

まとめ

肥後銀行は県下最大規模の銀行だけあって提供しているカードローン商品数も4商品と比較的多めです。

また急ぎの場合に対応できる即日融資OKのカードローンもありますので、いざという時には総合的に頼れる銀行であると言えますね。

申し込みも特段クセや難しいステップはありませんので、簡単に申し込みを進めることが出来ます。

そしてもしも現在、肥後銀行の営業区域に住んでいない、または口座を持っていないなどの場合でも安心して下さい。

当サイトでは全国対応・即日融資OKのカードローンについても申し込みから融資までの流れについて徹底解説しています。自分にあった商品を見つけるには、こちらから銀行カードローン一覧をご覧ください。

公式サイトへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加