伊予銀行カードローンの審査の流れや即日融資の可否

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛媛県に本店を構え、近隣の香川県、高知県、愛媛県、大分県、福岡県、徳島県、愛知県、大阪府、兵庫県、岡山県、広島県、山口県など非常に広域に支店を展開して営業しているのが伊予銀行です。

こちらの銀行ではカードローン商品として新スピードカードローン、さっとカードローン、ほっとカードローン、住宅応援カードローンの4つのカードローンを提供しています。

今回はそれぞれのカードローン商品に設定されている限度額やその利率、申し込みから融資実行までの流れ、そして「即日融資は可能か」ということについて紹介します。

伊予銀行新スピードカードローンの貸付条件

【申込年齢】20歳から64歳まで
【利用限度額】10万円から500万円
【実質年率】4.5%~14.5%
【審査時間】最短即日
【総量規制】対象外
【保証会社】アコム株式会社

伊予銀行新スピードカードローンの特徴

こちらの商品は限度額が最高500万円、利率は最高金利でも年14.5%と銀行系カードローンの王道を行く商品となっており、「返済用口座あり」のプランと「返済用口座なし」の2つのプランが用意されています。

また、この内後者は同行に口座を持っていない人でも申し込み可能となっています。

原則として両プランとも申し込みから契約まで全て来店不要で完結できるタイプとなっているので、日中銀行まで来店する時間がない人にはうってつけの商品となっています。

なお、こちらのカードローンは同行の営業区域内13都府県に住んでいる人のみ申し込み可能となっています。

伊予銀行新スピードカードローンは即日融資可能?

こちらのカードローンは両プランとも最短即日で振込融資が可能です。

この場合は平日の朝9時台にはインターネットからの申し込みを完了し、同日の午後1時頃までに契約が完了している事が条件となっています。

この時、仮審査の申し込みを完了した時にさらにダメ押しで電話をかけることも有効です。

ただ個人差があるにせよ、いきなり銀行に電話して「●●ですけど審査を早くして下さい!」というのはなかなか厳しいのも事実です。

そんな場合は「インターネットから申し込んだ●●と言いますが、申し込みに不備が無かったかどうか心配で電話しました。今回は急ぎなもので、間違いがあるといけないので・・・」という風に申し込みの不備を確認がてら電話すると良いでしょう。

そうすることで優先的に処理をしてもらえ、審査結果も早く出ることになり、即日融資の可能性も高くなります。

なお、返済用口座ありのプランの場合は申込みの際「即日融資希望」の旨を記入欄に書き込む事で即日融資に対応してもらえます。

伊予銀行さっとカードローンの貸付条件

【申込年齢】20歳から59歳まで
【利用限度額】50万円
【実質年率】14.0%
【審査時間】2週間程度
【総量規制】対象外
【保証会社】いよぎん保証株式会社

伊予銀行さっとカードローンの特徴

こちらの商品は限度額が申込時は一律50万円となっている商品で、手持ちの同行普通預金口座のキャッシュカードにローンカード機能が付加されるタイプのカードローンです。

原則として上記の年齢制限と同行営業区域に住んでいることが申し込みの条件となっている以外は特段の条件はありませんが、契約時に運転免許証など顔写真付きの公的証明書が必要となりますので忘れずに用意しておきましょう。

伊予銀行さっとカードローンは即日融資可能?

こちらのカードローンは仮審査・本審査の2段階審査を採用しており、仮審査通過はその最終的な本申込みを店頭に直接足を運んだ上で行う事が要求されています。

そのため、事実上即日で融資金を手にすることは不可能です。

申し込みをした段階での銀行の混み具合にもよりますが、仮審査の結果回答は最短で5営業日程度、来店での本審査・本契約には最短で1週間程度の時間が必要なため、申し込みから実際に融資金を手にするまでには最短ルートでも10日から2週間前後は必要になってしまいます。

そのためこちらの商品はいざという時のために持っておきたい、そんなカードローンとなっています。

伊予銀行ほっとカードローンの貸付条件

【申込年齢】20歳から54歳まで
【利用限度額】50万円
【実質年率】13.0%
【審査時間】2週間程度
【総量規制】対象外
【保証会社】いよぎん保証株式会社

伊予銀行ほっとカードローンの特徴

こちらの商品は基本的な商品設計や申し込み条件は先ほどのさっとカードローンと同様ですが、ローンカードと専用の通帳が発行されるという違いがあります。

また利率もこちらの商品は13%となっていますので、中長期的に借り入れを行う場合はさっとカードローンよりも若干返済総額が少なくなる場合も想定されます。

伊予銀行ほっとカードローンは即日融資可能?

こちらのカードローンも仮審査・本審査の2段階審査を採用しており、仮審査通過後はその最終的な本申込みを店頭に来店した上で行う事が必要です。

そのため、事実上は申込当日に融資金を手にすることはできません。

申し込みをした段階での銀行の混み具合にもよりますが、仮審査の結果回答は最短で5営業日程度、来店での本審査・本契約とローンカード・通帳の発行には最短で1週間程度の時間が必要なため、申し込んでから実際に融資金を手にするまでには1番早いケースでも10日から2週間前後は必要になってしまいます。

そのためこちらの商品も先ほどと同様に、いざという時のために持っておきたい、そんなカードローンとなっています。

伊予銀行住宅応援カードローンの貸付条件

【申込年齢】20歳から59歳まで
【利用限度額】50万円から100万円
【実質年率】7.0%
【審査時間】2週間程度
【総量規制】対象外
【保証会社】なし

伊予銀行住宅応援カードローンの特徴

こちらの商品は同行で既に住宅ローンを契約している人のみが申込可能ないわば「伊予銀行のお得意様専用カードローン」といった様相を呈したカードローンです。

限度額は50万円または100万円と、他の銀行の住宅ローン契約者向けカードローンと比較すると若干控えめな限度額となっていますので、こちらは日常生活の中で発生するちょっとした資金不足を補うような使い方がおすすめです。

ただしその利率は年7%と非常に低金利な水準となっていますので、同行で住宅ローンを契約している人はひとまず申し込んでおきたい様なカードローンとなっています。

伊予銀行住宅応援カードローンは即日融資可能?

こちらのカードローンも他の商品と同様に仮審査・本審査の2段階審査を採用しており、仮審査通過後の最終的な本申込みを店頭に来店して行う事が要求されています。

そのため、事実上は即日融資を受けることは不可能です。

申し込みをした段階での銀行の混み具合にもよりますが、仮審査の結果回答は最短で5営業日程度、来店での本契約・本審査には最短で1週間程度の時間が必要なため、実際に融資金を手にするまでには最短ルートでも10日から2週間前後は必要です。

そのためこちらのカードローンは時間にある程度の余裕がある時に申し込んでおき、いざという時に備えるといった申し込みの仕方が良いでしょう。

伊予銀行カードローンの審査の流れと必要書類

このように4種類のカードローンが提供されている伊予銀行ですが、実際に申し込みを行うにはどういった方法があるのでしょうか。

今回は「出来る限り早くお金を借りたい」という想定のもと、それぞれの商品の具体的な審査の流れを紹介します。

伊予銀行新スピードカードローンの場合

こちらのカードローンは主にインターネット、電話、FAX、郵送で申し込みが可能となっています。

なお、即日融資対応はインターネット申込のみとなっています。

インターネットから申込の場合

1.公式サイトの申込画面で提示される個人情報の取扱に関する同行・保証会社の方針に同意し、口座の有無にそってそれぞれの申し込みフォームを表示させる。

2.申し込みフォームで申込者の住所や氏名・連絡先、同居の家族構成や勤務先に関する情報、他の金融機関で契約中のローン借入や他の銀行での定期預金などの詳細な資産の状況を入力して申し込みを完了させる。(※ここまでで約20分程度)

3.伊予銀行・保証会社側で、仮審査を行う。また、返済用口座ありの場合はこの時までに勤務先への在籍確認の電話が行われる。(※仮審査の所要時間は最短2時間程度)

4.伊予銀行から仮審査結果に関する電話もしくはメールが着信する。(※返済用口座なし方式の場合はメールだと可決連絡、電話だと否決連絡なので注意のこと)

5.仮審査に通過していた場合、

返済用口座あり方式の場合は電話でそのまま契約が完了し、希望していた場合は指定口座に融資金が振り込まれ(※平日正午までにこの段階に到達していた場合)、後日ローンカードとカードローン通帳が郵送される。

返済用口座なし方式の場合はメールに従って本人確認書類の画像をアップロードして手続きを行う。

<※以降は返済用口座なし方式の場合のみ>

6.本人確認書類のアップロード後、伊予銀行側で本契約作業と在籍確認を行う。(※通常1時間程度)

7.本審査に通過してここまでの契約内容に特段の不備が無ければ、最終的な融資手続きが行われる。

8.最終手続完了後、ローンカードが本人あてに郵送されてきて契約完了。その時から伊予銀行本支店のATMや全国の提携金融機関のATMで融資金が引き出し可能となる。急ぎの場合で平日正午までにこの段階に到達していれば即日振り込み融資も受けることが可能。

電話で申込の場合

1.0120-889-142に電話をかけ、希望の商品に申し込みをしたいと告げる。

2.インターネット申込と同様にオペレーターさんの案内に沿って申し込みに必要な情報について答え、一旦電話を切って仮審査を待つ。

3.伊予銀行・保証会社側で仮審査を行う。

4.仮審査に通過していた場合は契約書類が郵送されてくるので、本人確認書類の写しを添えて記入の上返送する。

5.書類到着後伊予銀行側で本審査を行い、契約に不備が無ければ本人への確認の電話、在籍確認を経て最終手続きが行われる。

6.最終手続完了後、ローンカードとローンカード通帳が郵送されて契約完了。その時から伊予銀行本支店のATMや提携金融機関のATMで融資金が引き出し可能。急ぎの場合で前もって振込融資を希望していた場合はローンカード到着前に振り込み融資も受けることが可能。

FAX・郵送で申込の場合

(※返済用口座あり方式のみ)

1.FAXの場合は公式サイトから仮審査申込書をプリントアウトし、郵送の場合は本支店またはATMコーナーの申込書に必要事項を記入する。

2.FAXの場合は089-932-7708にFAX送付し、郵送の場合は同行の担当部署へ必要書類を揃え郵送する。

※書類の到着後の流れは電話申込の場合と同じ。

伊予銀行さっとカード・ほっとカード・住宅応援カードローンの場合

こちらのカードローンは来店でのみ申し込みが可能となっています。

来店申込の流れ

1.事前に本支店またはローンプラザへ電話で来店予約をしてから来店する。

2.担当者のヒアリングを受け、申込書に記入して仮審査を受ける。(※所要時間は2時間程度)

3.伊予銀行・保証会社側で仮審査を行う。(※最短5営業日程度)

4.仮審査の結果が電話で通知される。仮審査に通過していた場合は再度来店し、必要書類を提出の上本申込みを行う。

5.伊予銀行側で本審査を行う。(※平均1週間程度)

6.本審査に通過していた場合は本契約となり、キャッシュカードへのローンカード機能の付加もしくはローンカードの郵送を待って利用開始。(※カードの郵送まで1週間から2週間程度)

必要書類

必要書類は本人確認書類としての運転免許証・パスポートなどの顔写真が付いた身分証明書と金融機関の届け印が最低限必要です。

また、審査の結果や希望している融資額によっては収入証明書類が別途必要となるケースもあります。

出来る限りこれらを事前に用意して揃えておくか、あるいは必要な際にはすぐに用意できるように段取りを確認しておきましょう。

在籍確認はある?

在籍確認は通常、仮審査の最後の段階で最低1回、その他必要に応じて何度か行われることになります。

在籍確認の電話は原則として保証会社側で行うことになっていますが、銀行側でも在籍確認をする必要があると判断した場合には、直接銀行からもう一度電話で在籍を確認します。

即日融資を受ける時は在籍確認の時間に注意

こちらの銀行は即日融資に対応しており短時間で契約可能な商品も提供されていますが、即日融資を受けるには在籍確認の時間に特に注意が必要です。

平日の朝9時の段階で申し込みを完了し、即日融資希望であることを伝えると審査側も手続きを急ぎますので、通常はその在籍確認も朝9時台後半から10時頃までには行われる事になります。

この時間までに勤務先の電話が繋がって人が出られるような状態になっていればまず問題はありませんが、朝10時開店の場合やそれ以降の時間に始業する勤務先の場合は留守番電話や営業時間外アナウンスなどが設定されていて9時台に電話が来てもその電話を取れないケースがあります。

即日融資を求めて朝1番での申し込みをする際には、平日の朝9時台に間違いなく勤務先に電話が繋がって人が出られることを確認することが非常に大切です。

どうしても9時台に電話に出られる人が居ない・もしくは電話が始業前にはそもそも営業時間外アナウンスなどで繋がらないようになっている場合などは事前にオペレーターさんにその事情を説明して理解してもらう事が大切です。

誠心誠意申し込みの際に受け答えが出来ていて現状の審査にも問題がない場合は、在籍確認を一旦後回しにして先に他の部分の審査を進めてくれるケースもあります。

その場合は申告した始業時間以降に在籍確認の電話が入ることになり、本人の在籍確認が完了した時に審査結果が出る事になります。

まとめ

伊予銀行のカードローンは即日融資可能なスピード重視の商品と利率などの条件面重視の商品がバランス良く提供されている印象です。

どの商品も申し込みから契約まで特段のクセや難しいポイントはありませんし公式サイトの案内もシンプルながら丁寧ですので、カードローン初心者でも簡単に申し込みを行うことが可能です。

公式サイトへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加