京都銀行カードローン「京銀カードローンW(ワイド)」は即日融資可能か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

京都府に本店を構え、近隣の滋賀県、愛知県、大阪府、兵庫県、奈良県、そして東京都に支店を展開し営業している京都銀行ではカードローン商品として京銀カードローンW(ワイド)という商品を提供しています。

今回はこちらの商品に設定されている限度額やその利率、申込方法、そして即日融資の可否について紹介します。

京都銀行カードローンW(ワイド)の貸付条件

【申込年齢】20歳から60歳まで
【利用限度額】30万円から500万円
【実質年率】3.975%~11.975%
【審査時間】平均3営業日程度
【総量規制】対象外
【保証会社】京都クレジットサービス株式会社、オリックス・クレジット株式会社

京都銀行カードローンW(ワイド)の特徴

こちらのカードローンは最高金利でも11.975%と、銀行系カードローンならではの低い水準の金利が設定されているため、中長期的に借り入れを行う際にはうってつけの商品となっています。

また安定した収入があればパート・アルバイト、派遣・契約社員の人でも30万円を限度として申し込みが可能なのも嬉しい特徴です。

なお、こちらの商品は同行に口座を開設していて年齢などの条件に該当する人であれば特に地域制限なく申込可能となっていますので、理論的には同行の口座さえあれば全国どこからでも申し込みが可能となっています。

ただし、口座を持っていても極端に離れた地域、例えば北海道などに現住所がある場合などは「総合的判断」という形で申し込みを断られてしまう可能性もありますので注意が必要です。

京都銀行カードローンW(ワイド)は即日融資可能?

こちらのカードローンは仮審査・本審査の二段階審査を採用しており、仮審査通過後はその最終的な本申込みのために来店するか、または郵送で契約書類をやり取りすることで行う事が要求されていますので事実上は即日融資は不可能です。

原則として最短ルートであるインターネットからの申し込みでも仮審査に最短で3営業日程度の時間がかかるため、仮審査の結果はおおよそ申し込みから4営業日目で判明します。

その後の手続きは案内に従って来店もしくは郵送で行うことになりますが、本契約やローンカードの郵送手続きにも最短で5営業日程度の時間が必要なため、実際に申し込みからお金を手にするまでに最短でも1週間から10日前後は見ておく必要があります。

どうしても急ぎという場合には仮審査通過後の手続きを行う際に直接最寄りの店舗に来店して契約を行い、さらに銀行側がスムーズに手続きや審査を行えるよう、そもそもの申込情報に間違いが無いかなどを複数回チェックすることが大切です。

京都銀行カードローンW(ワイド)の審査の流れと必要書類

では、実際に京都銀行のカードローンに申し込みを行うにはどのような方法があるでしょうか。

今回は「急いでお金を借りたい」という想定で具体的な審査の流れを紹介します。

申し込み方法

こちらの商品はインターネットから申込可能となっています。

インターネットから申込の場合

1.公式サイトの申込画面で保証会社が提示する個人情報の取扱に関する方針に同意し、申し込みフォームを表示させる。

2.申し込みフォームで申込者の住所や氏名・希望する連絡先、家族構成や勤務先についての情報、他の金融機関からのローン借入情報や他の銀行での定期預金などの資産の詳細な状況を入力して申し込みを完了させる。(※ここまでで約20分程度)

3.京都銀行・保証会社側で、仮審査を行う。また、この時までに勤務先への在籍確認の電話が行われる。(※仮審査の所要時間は最短3営業日程度)

4.京都銀行から仮審査結果に関する電話が着信する。

5.仮審査に通過していた場合は郵送で契約書類をやり取りするか、もしくは直接来店した上での本申込を要請される。急ぎの場合は直接来店を選択し、実際に足を運ぶ店舗の予約を行う。

6.郵送もしくは来店で本申込を行ったあと、京都銀行側で本審査を行う。(※通常5営業日程度)

7.本審査に通過してここまでの段階で契約内容に間違いや不備などが無ければ、最終手続きが行われる。

8.最終手続完了後、本人あてにローンカードが郵送されて契約が完了する。その時から京都銀行本支店のATMや全国の提携金融機関のATMで融資金が引き出し可能。

必要書類

必要書類は本人確認書類としてパスポートや運転免許証などの公的な証明書と金融機関の届け印が必要となります。

また、審査の結果や希望している融資額によっては収入証明書類が別途に必要となるケースもあります。

出来る限り事前に全て揃えておくか、あるいは必要な際にはすぐに用意できるように入手方法の確認をしておきましょう。

在籍確認はある?

どちらのカードローンも、在籍確認は必ず勤務先に対して行われることになります。

基本的には仮審査の最終段階で保証会社側からまず個人名で勤務先に電話をかけ、そこで間違いなく本人が勤務していると分かれば在籍確認は完了します。

ただし、仮審査から本審査までに何らかの事情があって2週間以上の時間が空いてしまった場合や再度在籍確認をする必要があると判断された場合などは再び、今度は直接銀行側から在籍確認の電話が入るケースもあります。

保証会社が複数あるのはなぜ?

こちらのカードローンは保証会社が「京都クレジットサービス株式会社」と「オリックス・クレジット株式会社」の2つとなっています。

こういった銀行系カードローンの場合保証会社は1社のみとなるのが通例ですが、こちらの商品では2つの保証会社の審査に通らなければならないのでしょうか。

答えはノーです。

実はこちらのカードローンは、申込時に京都クレジットサービスとオリックス・クレジットに同時に保証審査を依頼することになっています。

同時に審査を行った結果、どちらか一社でも保証をOKした場合は実質的にはローンの審査に通過した事になるのです。

保証会社が一社のみの場合、その保証会社が保証を断った場合にはそのカードローンは利用することが出来ません。つまり、審査に落ちてしまいます。そこをカバーするのが、こうした2社同時の保証審査依頼となっています。

京都銀行側の「出来る限り申込者の力になりたい」という姿勢が感じられるシステムですね。

まとめ

京都銀行は利率が魅力的なカードローン「京銀カードローンW(ワイド)」を提供しています。安定した収入があって同行に口座を持っている人(もしくは申込みと同時に開設出来る人)であれば特段の厳しい地域制限も無く申込みが可能となっています。

また、申込みもインターネットからの申込みがメインとなっており特にクセのあるステップもありませんので簡単に申し込みできます。

しかし即日融資には対応していませんので、急ぎでお金が欲しいという場合は即日融資対応のおすすめ銀行カードローンを利用するのが良いです。

公式サイトへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加