みなと銀行カードローンQポートネオの即日融資の条件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

兵庫県神戸市に本店を構え、地域密着型ながらも大阪府、東京都にも支店・ローンプラザを展開して営業しているのがみなと銀行です。

こちらの銀行ではカードローン商品としてQポートネオという商品を提供しています。

今回はそれぞれのカードローン商品が持つ限度額やその利率、そして申込から融資実行までの流れ、さらに肝心な「即日融資が可能かどうか」について紹介します。

みなと銀行カードローンQポートネオの貸付条件

【申込年齢】20歳から65歳まで
【利用限度額】10万円から800万円
【実質年率】4.5%~14.0%
【審査時間】最短1時間
【総量規制】対象外
【保証会社】SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

みなと銀行カードローンQポートネオの特徴

こちらのカードローンは限度額が最高800万円、金利が最高金利でも14.0%という消費者金融系カードローンの追随を許さない貸付条件を誇る商品となっています。

それでいて審査は最短1時間で完了し、同行で既に普通預金口座を開設している場合は即日融資にも対応しているということで、いわば銀行系カードローンの優等生とも言うべき特徴も兼ね備えています。

また、みなと銀行カードローンは居住地域や勤務先の地域に制限が無いため、他府県に住んでいる方でも申し込みが可能となっており、パート・アルバイト・専業主婦の人からの申し込みにも柔軟に対応しています。

ただし、みなと銀行では大々的に全国からの申し込み受付をPRしているわけではありませんので、営業区域である兵庫県、大阪府、東京都以外からの申し込みの場合は「なぜみなと銀行のカードローンに申し込みをしたいのか」を明確に説明できなければ「総合的判断」という形で申し込みを断られてしまう可能性もありますので注意が必要です。

この場合は出来る限り明確に、なぜみなと銀行に申し込みをしたいのか等を説明できるようにしておきましょう。

みなと銀行カードローンQポートネオは即日融資可能?

こちらのカードローンは、同行に普通預金口座を開設している場合のみ即日融資に対応しています。

その場合は平日の朝9時頃までに申し込みを済ませ、みなと銀行側から連絡が有った際に「可能であれば即日振込融資を希望しています」と伝えることや、指示に従って各種必要書類等を速やかに同行へ送付出来るような態勢を整えておくことが重要です。

また、在籍確認の時間にも注意が必要です。勤務先の始業時間前に在籍確認の電話が入ると在籍確認が正常に完了しない可能性がありますので、この後の項目で紹介している様にある程度の対策を取ることが即日融資へのキーポイントとなっています。

みなと銀行カードローンの審査の流れと必要書類

では、実際に申し込みを行うにはどういった方法があるのでしょうか。

今回は「お金が必要なのですぐにでも融資を受けたい」という想定のもと、具体的な審査の流れを紹介します。

申し込み方法

みなと銀行のカードローンはインターネット・電話・郵送・FAXから申し込み可能となっています。今回は即日融資に対応しているインターネット・電話での申し込みを中心に紹介します。

インターネットから申込の場合

1.公式サイトの申込画面で「通常申込はこちらから」に進み、個人情報の取扱に関する方針に同意して申し込みフォームを表示させる。(※簡易申込みを選択した場合は氏名と連絡先、生年月日など6項目のみをインターネットから送付し、以後の流れは電話で申込の場合と同様。)

2.申し込みフォームで申込者の氏名や住まい・連絡先、家族構成や勤め先の情報、他の金融機関からのローン借入や他の銀行での定期預金などの資産に関する状況を入力して申し込みを完了させる。(※ここまでで約20分程度)

3.みなと銀行・保証会社側で、仮審査を行う。また、この時までに勤務先への在籍確認の電話が行われる。(※仮審査の所要時間は最短1時間程度)

4.みなと銀行から仮審査結果に関する電話が着信する。

5.仮審査に通過していた場合は郵送、もしくはFAXでの契約手続きと書類一式の送付を要請される。急ぎの場合はこの時点で即日融資を希望していること、同行にすでに口座を持っていることを伝える。

6.郵送もしくはFAXで契約手続きを行ったあと、みなと銀行側で本審査を行う。(※通常30分から1時間程度)

7.ここまでの段階で特段の不備が無ければ本審査通過となり、最終手続きが行われる。

8.最終手続完了後、キャッシングカードが本人あてに郵送されて契約完了。その時からみなと銀行本支店のATMや全国の提携金融機関のATMで融資金が引き出し可能。5で即日融資を希望していて、平日昼12時までにこの段階に到達していれば15時までに本人名義の同行口座へ融資金が振り込まれ、ローンカードのみ遅れて後日郵送されてくる。

電話で申込の場合

1.0120-371-255に電話をかけ、「Qポートネオに申し込みをしたい」と告げる。

2.オペレーターの案内に従って融資申込に必要な個人情報を伝え、一旦電話を切って仮審査を待つ。

3.みなと銀行・保証会社側で仮審査を行う。

※これ以降の流れはインターネット申込の場合と同じ。

FAX・郵送で申込の場合

1.みなと銀行本支店ATMコーナーから仮審査申込書を入手し、必要事項を記入する。

2.FAXの場合は0120-371-072にFAX送付し、郵送の場合は同行の担当部署へ郵送する。

※書類の到着後の流れはインターネット申込の場合と同じ。

必要書類

必要書類は、本人確認書類(運転免許証・パスポート等顔写真が付いた身分証明書もしくは健康保険証)が最低限必要となります。

また、状況によってはケースバイケースで収入を証明する書類などが個別に必要となるケースもありますので事前に用意して揃えておくか、あるいはすぐに用意できるよう準備をしておきましょう。

在籍確認はある?

在籍確認は通常、仮審査の最後の段階で最低1回、その他必要に応じて何度か行われることになります。

在籍確認の電話は原則、保証会社で行うことになっていますが、みなと銀行側にて必要と判断された場合には、直接銀行からもう一度電話で在籍確認を行います。

即日融資を狙うなら在籍確認の時間にも注意

みなと銀行のカードローンは即日融資に対応していますが、その場合は銀行振込で融資が行われますので平日13時頃までには全ての契約手続きを完了している必要があります。

そこで、その手続きを10分でもスムーズに進めるためには在籍確認の時間にも注意が必要です。

こちらの商品で即日融資を受けたい場合は出来る限り平日朝9時の段階で申し込みを完了し、「即日融資希望であること」を伝え、いち早く審査に着手してもらうことが重要です。

そういった理由から、インターネットの場合は9時までに申込みを済ませ、その後すぐにコールセンターに電話して「今しがたインターネットから申し込んだ●●と言いますが、急ぎなので申し込みがちゃんとそちらに届いているか、また不備などが無いかの確認でお電話しました」と伝えるという「あわせ技」も有効です。

同様に電話の場合はコールセンターの始業時間である朝9時ジャストに電話をかけ、急ぎであることを伝えながら申し込みを行うことが重要です。

このような対応を行うことで、通常は審査側も手続きを急いでくれるようになり、在籍確認についても申し込みを受けてから約30分から1時間後の朝9時台後半から10時頃までに急ぎで行われるのが通例です。

この時までに通常通り勤務先の電話が繋がれば何の問題もありません。しかし、朝10時開店という場合やそれ以降の時間に始業する勤務先の場合は9時台に電話が来ても留守番電話や営業時間外アナウンスなどでそもそもその電話を取れないケースが考えられます。

そこで、即日融資を目的として朝一番に申し込みをする際には、平日の朝9時台に間違いなく勤務先に電話が繋がり、誰かしら電話に出られる事を確認しておきましょう。

もし9時台に電話に出られる人が居ない・もしくは電話が始業前には繋がらない設定になっている場合は前もってオペレーターに事情を説明する方がいいでしょう。

何も言わなければ在籍確認が取れずに審査がどんどん後回しになることも考えられますし、最悪の場合は在籍確認不可ということで審査に悪影響が出る可能性すら考えられます。

最低限の受け答えがきちんと出来ていて審査にも特に問題がないという場合は、こうした事情を話すことで在籍確認を一旦後回しにして先に他の部分の審査を進めてくれるケースがあります。

その場合は申告した始業時間以降に電話が入ることになり、確認が完了した時点で審査結果が出る事になります。

まとめ

みなと銀行のカードローンは限度額・利率ともに銀行系カードローンだからこそ実現可能な水準となっており、更には同行の口座さえあれば即日融資にも対応しています。

申し込みも専業主婦をはじめパート・アルバイトの人でも可能となっており公式サイトの案内も非常に見やすく手続きの流れもシンプルなので、同行に口座を持っている人はこちらのカードローンに申し込むと良いでしょう。

公式サイトへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加