もみじ銀行カードローンの特徴や即日融資の可否

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

広島県に本店を構え、近隣の山口県、岡山県、福岡県、そして東京都に支店を展開して営業しているのがもみじ銀行です。

もみじ銀行ではカードローン商品としてマイカードもみじ君、マイカードプレミアム、ミニカードローンの3つのカードローンを提供しています。

今回はそれぞれの商品に設定されている限度額や利率情報、申し込みから融資実行までの流れ、そして即日融資が可能かどうか?という点について紹介します。

もみじ銀行カードローンマイカードもみじ君の貸付条件

【申込年齢】20歳から65歳まで
【利用限度額】30万円から300万円
【実質年率】4.5%~14.5%
【審査時間】3から4日程度
【総量規制】対象外
【保証会社】中国総合信用株式会社、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

もみじ銀行カードローンマイカードもみじ君の特徴

こちらのカードローンは限度額最高300万円、利率は最高金利でも年14.5%という銀行系カードローンの王道を行く様な商品となっています。

申し込みは限度額100万円以下に限りパート・アルバイトの人はもちろん専業主婦の人や年金受給者の人でも可能となっていて、幅広い層からの申し込みに対応しています。

また勤続(営業)1年以上で安定した収入がある正社員または自営業者の人であれば110万円以上の申し込みも可能です。

なお、こちらの商品は同行の営業区域である広島県、山口県、岡山県、福岡県、東京都に住んでいる、もしくは勤務先がある人のみ申込可能となっています。

もみじ銀行カードローンマイカードプレミアムの貸付条件

【申込年齢】20歳から60歳まで
【利用限度額】50万円から500万円
【実質年率】2.8%~11.2%
【審査時間】4営業日程度
【総量規制】対象外
【保証会社】中国総合信用株式会社、株式会社オリエントコーポレーション

もみじ銀行カードローンマイカードプレミアムの特徴

こちらの商品は先ほどの商品と異なり、申し込みには年収や勤続年数による条件が設定されています。

また、パート・アルバイト・専業主婦や年金受給者の人からの申し込みには対応していません。

もみじ銀行カードローンマイカードプレミアムの申し込み条件

マイカードプレミアムに申し込むには、上記の基本的な条件に合致している他に下記の条件も追加でクリアしていることが要求されます。

  • 前年度税込年収が200万円以上あること
  • 勤続もしくは自営業での営業年数が3年以上であること
  • 年収別の利用限度額

申し込み額が
500万円の場合:年収1000万円以上
400万円の場合:年収800万円以上
300万円の場合:年収600万円以上
250万円の場合:年収500万円以上
200万円の場合:年収400万円以上
150万円の場合:年収300万円以上
100万円の場合:年収200万円以上
50万円の場合:年収200万円以上

もみじ銀行ミニカードローンの貸付条件

【申込年齢】20歳から72歳まで
【利用限度額】10万円から50万円
【実質年率】10.5%
【審査時間】4営業日程度
【総量規制】対象外
【保証会社】中国総合信用株式会社、株式会社セディナ 

もみじ銀行ミニカードローンの特徴

こちらのカードローンはすでに同行で開設済みの口座とそのキャッシュカードにローンカード機能を付加するタイプの商品となっており、限度額は最高50万円までとなっています。

また口座紐付けタイプの商品ということで、公共料金やクレジットカード代金の毎月の引き落としの際にうっかり残高不足が発生した場合も、自動的に不足分を融資してくれるという嬉しい特徴を備えています。

もみじ銀行ミニカードローンの申し込み条件

ミニカードローンに申し込むには、上記の基本的な条件に合致している他に下記の条件のいずれかをクリアしている必要があります。

  • 給与振込または年金振込が同行口座に設定されていること
  • 定期性預金の残高が30万円以上あること
  • 5大公共料金(ガス・水道・電気・電話・NHK)のうち、2種類以上が引き落とし設定されていること
  • 積立性定期預金の毎月預入額が5千円以上あること
  • 同行での住宅ローンまたは住宅金融支援機構を利用していること
  • 自宅に電話があること
  • 同行営業区域に生活の拠点があること

もみじ銀行カードローンは即日融資可能?

ここまで3つのカードローンを紹介してきましたが、全てのカードローンで即日融資を受けることは出来ません。

こちらのカードローンは仮審査・本審査の2段階審査を採用しており、仮審査に通過した場合は最終的な本申込みを店頭に直接足を運ぶか、もしくは郵送で契約書類をやり取りする事が必要です。

申し込みから仮審査を経て本申込に進み、実際に融資金を手にするまでには最短でもおおよそ2週間から3週間前後は必要になってしまいます。

そのためこちらの商品はいざという時のために契約しておく、そんな申し込み方がベターと言えます。

もみじ銀行カードローンの審査の流れと必要書類

このように3種類のカードローンが提供されているもみじ銀行ですが、実際に申し込みを行うにはどういった方法があるのでしょうか。

今回は「お金が急に必要になったので出来る限り早くお金を借りたい」という想定のもと、具体的な審査の流れを紹介します。

なお、申し込みの流れ自体は全商品共通となっています。

申し込み方法

申し込みは全て、インターネットまたは来店で行うことになります。

インターネットから申込の場合

1.公式サイトの申込画面で保証会社やもみじ銀行が提示する個人情報の取扱方針に関する同意事項に同意し、申し込みフォームを表示させる。

2.申し込みフォームで希望する融資額や申込者の氏名、住所・連絡先、同居家族の構成や勤務先に関する情報、他の金融機関と契約中の借入情報や他の銀行での定期預金などの詳細な資産の状況を入力して申し込みを完了させる。(※ここまでで約20分程度)

3.もみじ銀行・保証会社側で、仮審査を行う。また、この時までに勤務先への在籍確認の電話が行われる。(※仮審査の所要時間は最短4営業日程度)

4.もみじ銀行から仮審査結果に関する電話が着信する。

5.仮審査に通過していた場合は郵送もしくは直接来店での本申込を要請される。来店の場合は来店したい日時と実際に足を運ぶ最寄りの店舗を指定し、予約を行う。

6.郵送もしくは来店で本申込を行ったあと、もみじ銀行側で本審査を行う。(※通常1週間から10日程度)

7.本審査に通過してここまでの契約内容に特段の不備が無ければ、最終的な融資手続きが行われる。

8.最終手続完了後、1週間程度でローンカードが郵送されるか、ミニカードローンの場合は手持ちのキャッシュカードにローンカード機能が付加されて契約完了。その時から銀行本支店のATMや提携金融機関のATMで融資金が引き出し可能。

来店申込の場合

1.事前に本支店へ電話で来店予約をしてから来店する。

2.担当者のヒアリングを受け、申込書に記入して仮審査を受ける。(※所要時間は2時間程度)

3.もみじ銀行・保証会社側で仮審査を行う。(※最短3営業日程度)

4.仮審査の結果が電話もしくは郵送で通知される。仮審査に通過していた場合は再度来店し、必要書類を提出するか郵送で書類を返送の上本審査の申し込みを行う。

5.もみじ銀行側で本審査を行う。(※平均1週間から10日程度)

6.本審査に通過していた場合は本契約となり、1週間程度でローンカードが郵送されるか、ミニカードローンの場合は手持ちのキャッシュカードにローンカード機能が付加されて利用開始。

必要書類

必要書類は本人確認書類として運転免許証・パスポートなどの顔写真付き身分証明書と金融機関の届け印が最低限必要となります。

また、審査の結果銀行が必要だと判断したケースや希望している融資の金額によっては収入証明書類が個別に必要となるケースもあります。

出来る限り事前に用意しておくか、あるいは必要な際にはすぐに用意できるように段取りを確認しておきましょう。

在籍確認はある?

どのカードローンも、在籍確認は必ず勤務先に対して行われることになります。

原則として仮審査の最後の段階で保証会社側からまず勤務先に個人名で電話をかけ、結果として本人が間違いなく所属していることが分かれば在籍の確認は完了です。

ただし、仮審査から本審査までに何らかの事情があって2週間以上の期間が空いてしまった場合や銀行側で再度、在籍確認をする必要があると判断した場合は再度、今度は銀行側から在籍確認の電話が入るケースもあります。

まとめ

広島銀行が提供する3種類のカードローンはどれも利率・限度額ともに「銀行系カードローンの平均値」といった様相を呈したものになっています。

また申し込みの条件は若干厳し目の商品もあり、即日融資にも対応していませんので、同行で取引がある人以外はこちらの銀行で申し込みを行うことに対するメリットは少なめです。

急ぎの場合はおすすめの銀行カードローンのページで紹介している、即日融資可能な銀行カードローンを利用して下さい。

公式サイトへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加