武蔵野銀行カードローンの特徴や即日融資の可否

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

埼玉県に本店を構え、近隣の茨城県、東京都に支店を展開している武蔵野銀行ではカードローン商品としてむさしのスマートネクスト、シグナスの2つのカードローンを提供しています。今回はそれぞれの商品の限度額や利率、申込方法、そして即日融資の可否について紹介します。

武蔵野銀行カードローンむさしのスマートネクストの貸付条件

【申込年齢】20歳から64歳まで
【利用限度額】30万円から300万円
【実質年率】6.0%~14.8%
【審査時間】最短即日仮審査回答
【総量規制】対象外
【保証会社】エム・ユー信用保証株式会社

武蔵野銀行カードローンむさしのスマートネクストの特徴

こちらのカードローンは限度額が最大300万円までとなっており、こちらのカードローンを契約しておけば急な出費にも余裕を持って対応できるような商品設計となっています。

また返済も限度額に応じて月々1万円からとなっているため、余裕を持った返済計画を立てたい人にはうってつけの商品と言えるでしょう。

さらに嬉しいのは申し込みの受付時間です。一般的なカードローンの電話による申し込み・問合せでは営業時間が19時までなどと限られていますが、武蔵野銀行のスマートネクストでは、電話でも24時間オペレーターさんが申し込みや相談などを受け付けてくれています。

インターネットで申し込みをする前にちょっとした相談をしたいけど、なかなか日中は電話出来るタイミングが無くて・・・という人はまさにこちらのカードローンがおすすめです。

なお、こちらのカードローンは同行の営業区域内である埼玉県、茨城県、東京都に住んでいるか勤務先がある人のみ申込可能となっています。

武蔵野銀行カードローンむさしのスマートネクストは即日融資可能?

ではこちらのカードローンでは、即日でお金を手にすることは出来るのでしょうか?

残念ながら、答えはノーです。

他の地方銀行などでは同じ名前・同じ保証会社の「スマートネクスト」というカードローンを提供しているところもあり、そちらでは最短即日融資が可能となっていますが、武蔵野銀行で提供しているスマートネクストでは即日融資には対応していませんので注意が必要です。

こちらのカードローンは仮審査自体はインターネットなどから申し込むことが出来ますが、その後来店での本審査という二段階審査があることや融資手続きの関係上、申し込みから融資まで早くても1週間程度の時間がかかってしまいます。

そのため一日でも早く審査を完了させ、融資金を手にするためには仮審査後の手続きのため可能な限り速やかに来店したり、そもそもの申込書類などに誤りが無い様、何度もチェックして提出するなど「ひと手間」がとても重要です。

なお、通常は来店であっても契約完了後に郵送されてくるローンカードが到着するまで融資を受けることは出来ないようになっていますが、来店時に全ての契約までが完了すればその場で融資金を手にすることも可能なケースもあります(※個別の審査状況による)。

急ぎの場合は仮審査通過の段階で一度、オペレーターさんにそのことを説明して対応してもらうようにしましょう。

武蔵野銀行カードローンシグナスの貸付条件

【申込年齢】20歳から59歳まで
【利用限度額】100万円から500万円
【実質年率】5.0%~10.0%
【審査時間】平均1週間程度
【総量規制】対象外
【保証会社】株式会社オリエントコーポレーション

武蔵野銀行カードローンシグナスの特徴

こちらは先ほどのスマートネクストよりも若干申し込みの条件が厳しくなっていますが、その分だけ利息が低めに設定されていたり、武蔵野銀行との取引の状況によっては利率が優遇されるなどの特典があることが特徴です。

例えば武蔵野銀行ですでに住宅ローンを契約している場合は0.2%の金利優遇となりますし、給与口座を同行に設定している場合は同様に0.3%の優遇が受けられます。

また、こちらのカードローンは同行の営業区域内に住んでいる、もしくは勤務先がある事に加えて下記の条件が設定されています。

シグナスの申し込み条件

  • 前年の税込み年収が300万円以上あること
  • 勤続(自営業の場合は営業)3年以上の会社員(正社員)、公務員、弁護士、弁理士、司法書士、公認会計士、税理士、不動産鑑定士、医師、歯科医師であること

武蔵野銀行カードローンシグナスは即日融資可能?

こちらのカードローンは仮審査・本審査の二段階審査を採用しており、仮審査通過後の最終的な本申込みを店頭で行う事が要求されています。

そのため、事実上即日で融資金を手にすることは不可能です。

申し込みの処理スピードが一番早いと言われるインターネット経由・店舗窓口での仮審査申込みの場合でも仮審査に最短で4営業日程度かかるため、仮審査の結果は申し込みからおおよそ5営業日目で判明します。

その後の手続きは来店で行うことになりますが、本審査にも最短で3営業日程度の時間が必要なため、実際に融資金を手にするまでには最短でも1週間から10日前後は必要になってしまいます。

また、仮審査の結果についても郵送で行われるためこちらのカードローンはある程度時間に余裕を持って申し込みをしたいカードローンとなっています。

武蔵野銀行カードローンの審査の流れと必要書類

このように申し込み条件や利率が異なる2種類のカードローンが提供されている武蔵野銀行ですが、実際に申し込みを行うにはどういった方法があるのでしょうか。

今回は「出来る限り早く融資を受けたい」という前提に立ってそれぞれの商品の具体的な審査の流れを紹介します。

武蔵野銀行カードローンむさしのスマートネクストの場合

こちらのカードローンは、インターネット・電話・FAX・郵送で仮審査を申し込むことが出来ます。

今回はインターネット・電話での申し込み方法を紹介します。

インターネットから申込の場合

1.公式サイトの申込画面で「仮審査申込」を選択し、個人情報の取引方針に同意して申し込みフォームを表示させる。

2.申し込みフォームで申込者の住所氏名・連絡先、家族構成や勤務先の情報を入力して申し込みを完了させる。(※ここまでで約10分程度)

3.武蔵野銀行・保証会社側で審査を行う。(※所要時間は2から3営業日程度)

4.武蔵野銀行から審査結果に関する書類が郵送で届く。

5.仮審査に通過していた場合は書類の案内に従って来店を予約し、出来る限り速やかに来店する。

6.来店時には担当者との面談後に本申込書に記入し、必要書類と共に提出する。

7.武蔵野銀行が書類を受け取り、本審査を行う。(※通常1時間程度)

8.本審査に通過して契約に不備が無ければ、最終手続きが行われ契約完了。急ぎの場合、審査の状況によってはその場で融資金を受け取ることが可能なケースもある。

9.契約完了から5日ほどでローンカードが郵送される。通常はこのカードを受け取った時からコンビニなどのATMで引き出し可能。

電話で申込の場合

1.0120-24-8634に電話をかけ、「スマートネクストに申し込みをしたい」と告げる。

2.オペレーターさんの指示に従って申し込みに必要な質問に答え、一旦電話を切って仮審査を待つ。

3.武蔵野銀行・保証会社側で仮審査を行う。

※これ以降の流れはインターネット申込の場合と同じ。

必要書類

必要書類は本人確認書類として運転免許証や健康保険証、パスポート、印鑑などが挙げられます。

武蔵野銀行カードローンシグナスの場合

こちらのカードローンは、インターネット・窓口来店・郵送・FAX・電話から仮審査の申し込みを行うことが可能です。

インターネットから申込の場合

1.公式サイトから「仮審査申込」に進み、申込画面で個人情報の取扱方針に同意し、申し込みフォームを表示させる。

2.申し込みフォームで申込者の住所氏名・連絡先、家族構成や勤務先の情報、他の金融機関からの借入や他の銀行での定期預金などの資産状況を入力して申し込みを完了させる。(※ここまでで約20分程度)

3.武蔵野銀行・保証会社側で、仮審査を行う。また、この時までに勤務先への在籍確認の電話が行われる。(※仮審査の所要時間は最短4営業日程度)

4.武蔵野銀行から仮審査結果に関する書類が郵送されてくる。

5.仮審査に通過していた場合は来店での本申込を要請されるので、案内に従って日時と実際に足を運ぶ店舗を指定し、予約を行う。

6.来店で担当者と面談後、本申込を行う。その後、武蔵野銀行側で本審査を行う。(※通常1時間程度)

7.本審査に通過して契約に不備が無ければ、最終手続きが行われる。

8.最終手続完了後、ローンカードが郵送されて契約完了。その時から銀行本支店のATMやコンビニのATMで融資金が引き出し可能。

電話で申込の場合

1.0120-30-6340に電話をかけ、「シグナスに申し込みをしたい」と告げる。

2.オペレーターさんの指示に従って申し込みに必要な質問に答え、一旦電話を切って仮審査を待つ。

3.武蔵野銀行・保証会社側で仮審査を行う。

※これ以降の流れはインターネット申込の場合と同じ。

FAX・郵送で申込の場合

1.公式サイトから仮審査申込書をプリントアウトし、必要事項を記入する。

2.記入した申込書をFAXもしくは郵送で武蔵野銀行へ送付する。

※書類の到着後の流れはインターネット申込の場合と同じ。

必要書類

必要書類は本人確認書類として運転免許証・パスポートなどの顔写真付き身分証明書と金融機関の届け印、そして収入証明書類が必要となります。

在籍確認はある?

どちらのカードローンも、在籍確認は必ず勤務先に対して行われることになります。

原則的には仮審査の段階で保証会社側からまず勤務先に電話をかけ、本人が在籍していることが分かれば在籍確認は完了です。

ただし、仮審査から本審査までに2週間以上の時間が空いてしまった場合や、銀行側で再度在籍確認をする必要があると判断した場合などは再度、今度は銀行側から在籍確認の電話が入るケースもあります。

まとめ

このように限度額や利率・申込条件に違いがある2種類のカードローンを展開しているのが武蔵野銀行です。

即日融資は難しいので、当日の融資をご希望の場合は即日融資できるおすすめの銀行カードローン一覧を参考にしてください。

公式サイトへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加