長崎銀行カードローンの審査スピードや即日融資の可否

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

長崎県に本店を構え、近隣の熊本県、佐賀県に支店を展開して営業しているのが長崎銀行です。こちらの銀行ではカードローン商品としてプレミアA(エース)、マイ・ファースト、V-CLASS、ながさきEZ教育カードローンの4つのカードローンを提供しています。

今回はそれぞれのカードローン商品に設定されている限度額やその利率、申し込みから融資実行までの流れ、そして「即日融資の可否」について紹介します。

長崎銀行カードローンプレミアA(エース)の貸付条件

【申込年齢】20歳から74歳まで
【利用限度額】10万円から800万円
【実質年率】2.8%~14.95%
【審査時間】1週間程度
【総量規制】対象外
【保証会社】九州カード株式会社、アコム株式会社

長崎銀行カードローンプレミアA(エース)の特徴

こちらの商品は同行のメインのカードローン商品となっており、限度額も最大800万円までと比較的余裕のある設定になっています。

そのため日常のちょっとした生活資金から急な冠婚葬祭や旅行・出張費用まであらゆる場面での出費に対応することが可能です。

また同行と過去に取引がない場合でも沖縄を除く九州各県に住んでいれば申し込みが出来るようになっており、専業主婦や年金受給者、パート・アルバイトの人でも申し込み可能となっています。

長崎銀行カードローンマイ・ファーストの貸付条件

【申込年齢】20歳から69歳まで
【利用限度額】100万円
【実質年率】14.95%
【審査時間】1週間程度
【総量規制】対象外
【保証会社】九州総合信用株式会社

長崎銀行カードローンマイ・ファーストの特徴

こちらの商品は少々珍しい設定を持った商品です。

通常銀行系カードローンなどは最初に希望額を申込者側から設定して、その額の範囲内で審査を行い別途実際の貸付額を決定することになっていますが、こちらの商品は全て一括して100万円で審査を行います。

その結果として100万円以下の限度額になることもありますが、原則として審査通過時は全て100万円の枠が付与されることになっています。

それ以外は利率も銀行系カードローンの平均値である14%台に収まっていますし特段の年収・勤続年数による申し込み制限もありません。

長崎銀行カードローンV-CLASSの貸付条件

【申込年齢】20歳から54歳まで
【利用限度額】50万円から300万円
【実質年率】7.1%~11.1%
【審査時間】1週間程度
【総量規制】対象外
【保証会社】九州カード株式会社、九州総合信用株式会社、株式会社オリエントコーポレーション、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

長崎銀行カードローンV-CLASSの特徴

こちらの商品は申し込みに若干の制限が課されたタイプのカードローンですが、その分だけ利率は低めに設定されています。

銀行系カードローンによくある「年収や勤続年数が一定以上の人向けのプレミアムカードローン」といった性格のこちらの商品は、

  • 前年度年収が400万円以上ある給与所得者または法人代表者であること
  • 銀行を問わず、住宅ローンを契約していること(または同行で新規に住宅ローン契約を出来ること

のいずれかに該当する人のみが申込可能となっています。

利率は非常に魅力的な設定となっていますので、条件に該当する人は一度申し込みを検討したいところです。

長崎銀行カードローンながさきEZ教育カードローンの貸付条件

【申込年齢】20歳から60歳まで
【利用限度額】50万円から500万円
【実質年率】4.2%
【審査時間】1週間程度
【総量規制】対象外
【保証会社】九州カード株式会社、株式会社オリエントコーポレーション

長崎銀行カードローンながさきEZ教育カードローンの特徴

こちらの商品は高校・短大・大学、そして専門専修学校に在学しているまたは新規に進学するお子様をお持ちの保護者が申し込み可能な教育ローンのカードローン版です。

お子様の日々の学生生活の中で必要となる各種学費や教科書代など、教育に必要な資金であれば自由に都度ATMから資金を引き出すことが可能です。

なお、申し込みには勤務形態によって下記の条件が設定されています。

<給与所得者の場合>
・勤続1年以上で200万円以上の年収があること
※ただし、新卒者は1年未満でも申し込み可能

<法人代表者の場合>
・勤続2年以上で200万円以上の年収があること

<個人事業主の場合>
・営業2年以上で前年度所得が200万円以上あること
(※ただし、税金について延滞や滞納が無いこと)

長崎銀行カードローンは即日融資可能?

ここまで4種類のカードローンを紹介してきましたが、全てのカードローンで即日融資には非対応です。

申し込みから審査結果の回答までは早ければ1営業日程度で到達しますが、そこから契約手続きを経てローンカードを手に入れるまでには最短でも2週間前後の時間が必要です。

特に振込融資などの抜け道もありませんので、急ぎの場合は当サイトで紹介している即日融資対応の銀行系カードローンに申し込んだ方がベターです。

長崎銀行カードローンの審査の流れと必要書類

このように4種類のカードローンが提供されている長崎銀行ですが、実際に申し込みを行うにはどういった方法があるのでしょうか。

今回は「急な入用に対応するため出来る限り早く融資を受けたい」という想定のもと、それぞれの商品の具体的な審査の流れを紹介します。

申し込み方法

いずれの商品も申込方法が共通してインターネット、電話で申込可能です。ただし、プレミアAのみFAX・郵送でも申し込みが可能です。

インターネットから申込の場合

1.公式サイトの申込画面で保証会社などが提示している個人情報の取扱方針に同意し、申し込みフォームを表示させる。

2.申し込みフォームで申込者の住まいや氏名・希望する連絡先、家族構成や勤め先に関する情報、他の金融機関と契約中のローン借入や他の銀行で契約している定期預金などの資産状況を入力して申し込みを完了させる(※ここまでで約20分程度)

3.長崎銀行・保証会社側で、仮審査を行う。また、この時までに勤務先への在籍確認の電話が行われる。(※仮審査の所要時間は最短1営業日程度)

4.銀行から仮審査結果に関する電話が着信する。

5.仮審査に通過していた場合は店舗へ足を運ぶか、プレミアAの場合は来店不要のFAX・郵送で契約手続きを要請される。来店の場合は来店したい日時と実際に足を運ぶ最寄りの店舗を指定し、予約を行う。

6.郵送もしくは来店で契約手続きを行ったあと、銀行側で本審査を行う。(※通常3営業日程度)

7.本審査に通過してここまでの契約に特段の不備などが無ければ、最終的な融資手続きが行われる。

8.最終手続完了後、ローンカードが本人宛てに郵送されて契約完了。その時から長崎銀行本支店のATMや提携金融機関、ゆうちょ銀行のATMで融資金を引き出す事が可能。希望によってはプレミアAのみ振込融資も可能。

電話で申込の場合

1.0120-296-919に電話をかけ、「希望の商品に申し込みをしたい」と告げる。

2.インターネット申込と同様にオペレーターさんからの案内に従い申し込みに必要な個人情報についての質問に答え、一旦電話を切って仮審査を待つ。

3.銀行・保証会社側で仮審査を行う。

※これ以降の流れはインターネット申込の場合と同じ。

必要書類

必要書類は原則として本人確認用の運転免許証・パスポートなどの顔写真付き身分証明書が必要となります。運転免許証がない場合はパスポートまたは健康保険証と現住所記載の住民票が別途必要となります。

また、審査の結果銀行が必要だと判断した場合や希望している融資額(プレミアAの場合は500万円以上)やV-CLASS、教育カードローンの申し込みでは収入を証明できる書類(所得証明書や源泉徴収票、確定申告書など)が必要です。

そして申告している住居が本人または家族名義のものであることを証明する「不動産登記簿」などが個別に必要となるケースもあり、プレミアA以外のカードローンの場合、同行に口座がなければ新規に開設する必要があるため印鑑の用意、または既に同行に口座がある場合は預金通帳・届け印が必要になります。

EZ教育カードローンを契約する際は、進学、在学を証明できる合格通知や、在学証明書なども必要となります。

出来る限り用意しておくか、あるいは必要な際にはすぐに用意できるように段取りを確認しておきましょう。

在籍確認はある?

長崎銀行にカードローンの申し込みを行うと、各商品の保証会社から在籍確認の電話が行われます。

この電話に本人が直接出られるか、または勤務先の同僚などが「本人は本日出張中です」など明らかに在籍していることが確認できるような応答をしてくれれば在籍確認はクリアとなります。

何らかの理由で在籍確認が一回で完了しなかった場合などは再度保証会社・さらに長崎銀行本体からも在籍確認の電話が入ることになりますので、出来る限り一度の電話で手続きが完結するように根回しなどをしておきたいところですね。

まとめ

長崎銀行のカードローンは用途や限度額などによって4種類のラインナップが提供されています。

全て即日融資には対応していないものの、それを補って余りあるほどの魅力的な利率などが設定されており条件に該当する人は申し込みを検討したいところです。

専業主婦などでも申込可能な商品もありますし申込方法もさほど難しくはありませんので、長崎銀行の近くに住んでいるなどの場合は申込みを検討しても良いでしょう。

公式サイトへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加