沖縄銀行カードローンは即日融資できるのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

沖縄県で地域密着型の営業を展開している沖縄銀行では非常に多種多様なカードローン商品を展開しています。

商品ラインナップはチェキット、枠々教育ローン、カトレアカードローン、カトレアカードローンセレクト、枠々軍用地ローン、枠々公務員ローン、枠々職域社員ローンの7つとなっています。

今回はそれぞれのカードローン商品に設定されている限度額やその利率、申し込みから融資実行までの流れ、そして「即日融資の可否」について紹介します。

沖縄銀行カードローンの共通貸付条件

沖縄銀行のカードローンは全て、

  • 沖縄県内に在住していること
  • チェキット以外は同行に口座を持っていること

が共通の申し込み条件となっています。

そこで今回はこの2つの条件はクリアしているという前提で紹介していきます。

沖縄銀行カードローンチェキットの貸付条件

【申込年齢】20歳から69歳まで
【利用限度額】10万円から200万円
【実質年率】14.6%
【審査時間】1週間程度
【総量規制】対象外
【保証会社】SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

沖縄銀行カードローンチェキットの特徴

こちらの商品は来店不要で申し込みから融資実行までを完結できるタイプの商品で、同行カードローンの中で最も幅広い層からの申し込みに対応しているカードローンとなっています。

収入証明書の提出も不要で申し込み可能ですので、事前に何かを用意するといった手間も不要です。

利率は銀行系カードローンの平均値である14.6%となっており、消費者金融系カードローンの平均利率を大きく割り込む設定が嬉しいポイントです。また、ATM・店頭入金タイプの返済方法を選択した場合は、同行に口座を開設することなるローンカードの利用が可能です。

沖縄銀行カードローンチェキットは即日融資可能?

こちらのカードローンは審査回答までは最短60分という大変スピーディーな設定となっていますが、審査回答後の契約やローンカードの授受を全て郵送で行う必要があるため、実際に申し込んでから融資実行までには2週間から3週間程度の時間を見ておくことになります。

そういった兼ね合いから、急ぎの場合にはあまり向いていない商品です。

沖縄銀行カードローン枠々教育ローンの貸付条件

【申込年齢】20歳から60歳まで
【利用限度額】10万円から500万円(無担保型)
【実質年率】2.8%
【審査時間】1週間程度
【総量規制】対象外
【保証会社】おきぎん保証株式会社

沖縄銀行カードローン枠々教育ローンの特徴

こちらの商品は大学・短大・専修専門学校・塾・予備校などお子様の学費にかかる資金を賄うことが出来る商品のカードローン版となっており、日々必要になる教育資金をローンカード一枚で簡単に引き出す事が可能になるという性質を持っています。

用途も幅広く想定されており、上記学校の入学金・授業料はもちろんのこと受験に関する旅費や各種受験料、修学旅行費用に留学・ホームステイ・研修旅行などお子様には是非体験させてあげたい各種イベントにかかる資金にも活用可能です。

また、お子様が同行に口座を作成または開設している場合や母子・父子家庭の方、離島在住の方は最大で0.8%の金利優遇が受けられるメリットもあります。

なお申し込みは上記学校に進学・在学のお子様を持つ保護者の人で年収が150万円以上あることが条件となっています。

沖縄銀行カトレアカードローンの貸付条件

【申込年齢】20歳から65歳まで
【利用限度額】10万円から300万円
【実質年率】9.8%
【審査時間】1週間程度
【総量規制】対象外
【保証会社】おきぎん保証株式会社

沖縄銀行カトレアカードローンの特徴

こちらのカードローンは限度額が最高300万円と余裕のある設定になっており、用途も原則不問なため急な結婚式や旅行にかかる費用、日々のちょっとした生活資金から突如襲ってくる医療費の問題などあらゆる場面で必要な資金に、借り入れた資金を充てることが出来ます。

また利率は9%台という低金利な水準になっていますが、その代わりに申し込みは勤続または営業1年以上で年収が150万円以上ある人のみ可能となっています。

条件に該当する人はぜひ一枚持っておきたいところです。

沖縄銀行カトレアカードローンセレクトの貸付条件

【申込年齢】20歳から65歳まで
【利用限度額】10万円から300万円
【実質年率】3.9%
【審査時間】1週間程度
【総量規制】対象外
【保証会社】おきぎん保証株式会社

沖縄銀行カトレアカードローンセレクトの特徴

こちらのカードローンは先ほどのカトレアカードローンと同様の商品設計ですが、住宅ローンを同行で契約中の人のみが申し込み可能ないわば「上位版カトレアカードローン」といった様相を呈しています。

何と言ってもその利率に特徴があり、年3%台という驚異の利率で借り入れを行うことが可能となっています。

また申し込みには条件があり、先ほどのカトレアカードローンの条件に加えて

  • 同行で住宅ローンを契約中であること
  • そのローンの返済が直近1年の間に一度も月越え延滞を起こしていないこと

という2つの条件が追加されています。

沖縄銀行カードローン枠々公務員ローンの貸付条件

【申込年齢】20歳から69歳まで
【利用限度額】10万円から300万円
【実質年率】5.1%
【審査時間】1週間程度
【総量規制】対象外
【保証会社】おきぎん保証株式会社

沖縄銀行カードローン枠々公務員ローンの特徴

こちらのカードローンは沖縄県内で従事する公務員、軍の雇用員、NTT・JT・沖縄電力とそのグループ会社に勤務する正社員の人向けのカードローンとなっています。

申し込みは上記職業に従事する正社員・正規職員でかつ年収が150万円・勤続1年以上の人であれば可能となっており、借り入れた資金の用途は原則不問です。

さらに同行に給与振込口座を設定していたり財形貯蓄を契約していると金利の優遇が受けられる場合もあり、該当する職業の人にはうってつけのカードローンと言えます。

沖縄銀行カードローン枠々職域社員ローンの貸付条件

【申込年齢】20歳から65歳まで
【利用限度額】10万円から300万円
【実質年率】6.3%
【審査時間】1週間程度
【総量規制】対象外
【保証会社】おきぎん保証株式会社

沖縄銀行カードローン枠々職域社員ローンの特徴

こちらのカードローンも先ほどの商品同様に一定の職業に就いている人向けの商品となっています。

こちらは県内在住で沖縄銀行と取引のある会社の社員の人であれば申し込み可能となっており、年収や勤続年数に関する条件はそれぞれ勤続1年以上、年収150万円以上となっています。

またこのカードローンに契約をしていると同行の口座にローン機能が紐付けされますので、毎月の引き落としなどでうっかり残高不足に陥った場合も自動的に不足分を融資してくれるため引き落とし不可という事態を防いでくれる嬉しい機能が付帯します。

こちらは主に勤務先などから別途紹介を受けることもありますが、そういった紹介が無い場合でも条件に該当する人であれば申し込みが可能ですので一度沖縄銀行に問い合わせをしてみましょう。

沖縄銀行カードローン枠々軍用地ローンの貸付条件

【申込年齢】20歳から65歳まで
【利用限度額】100万円から5000万円
【実質年率】3.275%
【審査時間】1週間程度
【総量規制】対象外
【保証会社】おきぎん保証株式会社

沖縄銀行カードローン枠々軍用地ローンの特徴

こちらのカードローンは沖縄県ならではのカードローンと言えます。

申し込みが可能なのは県内在住の軍用地主の人に限定されており、その土地に抵当権が設定される事になっています。

しかし担保が設定されるだけあってカードローンとしては異例中の異例である最大5000万円までの限度額が利用可能ですので、条件に該当する土地を所有している人は申し込みを検討したいところです。

沖縄銀行カードローンは即日融資可能?(※チェキット除く)

これらの商品は原則として即日融資には対応していません。

申し込み完了後沖縄銀行での本審査や本契約というステップが入りますので、早くても3営業日程度は見なくてはなりません。

急ぎの場合は同行のチェキットに申し込むか当サイトでも紹介している即日融資対応の銀行系カードローンに申し込むのが先決です。

沖縄銀行カードローンの審査の流れと必要書類

このように多種多様な7種類のカードローンが提供されている沖縄銀行ですが、実際に申し込みを行うにはどういった方法があるのでしょうか。

今回は「急な入用に対応するため出来る限り早く融資を受けたい」という想定のもと、それぞれの商品の具体的な審査の流れを紹介します。

沖縄銀行カードローンチェキットの場合

こちらの商品はインターネット、電話、FAX、郵送から申し込みが可能です。また申し込みから契約まで来店せずに手続きを終えることが可能です。

インターネットから申込の場合

1.公式サイトの申込画面で保証会社などが提示している個人情報の取扱方針に同意し、「インターネット仮審査申込」フォームを表示させる。

2.申し込みフォームで申込者の住まいや氏名・希望する連絡先、家族構成や勤め先に関する情報、他の金融機関と契約中のローン借入や他の銀行で契約している定期預金などの資産状況を入力して申し込みを完了させる(※ここまでで約20分程度)

3.沖縄銀行・保証会社側で、仮審査を行う。また、この時までに勤務先への在籍確認の電話が行われる。(※仮審査の所要時間は最短1時間程度)

4.銀行から仮審査結果に関する電話が着信する。

5.仮審査に通過していた場合はチェキット専用ローンカードと契約書類一式が本人確認も含め本人宛に配送されてくる。

6.申込書・契約書に必要事項を記入し、本人確認書類のコピーを揃え返送する。

7.銀行へ書類一式が到着次第、銀行側で最終的な契約手続きに入り、ここまで特段の不備などが無ければ、最終的な融資手続きが行われる。

8.最終手続完了後、ローンカードが有効化され契約完了。その時から沖縄銀行本支店のATMや提携金融機関、ゆうちょ銀行のATMで融資金を引き出す事が可能。

沖縄銀行カトレアカードローン、教育・軍用地・公務員・職域職員ローンの場合

こちらの商品は申し込みの流れがほぼ共通となっておりインターネットから申し込みが可能です。

インターネットから申込の場合

1.公式サイトの申込画面で保証会社などが提示している個人情報の取扱方針に同意し、「個人ローン仮審査申込み入力フォーム」を表示させる。

2.申し込みフォームで申込者の住まいや氏名・希望する連絡先、家族構成や勤め先に関する情報、他の金融機関と契約中のローン借入や他の銀行で契約している定期預金などの資産状況を入力して申し込みを完了させる。(※ここまでで約20分程度)

3.沖縄銀行・保証会社側で、仮審査を行う。また、この時までに勤務先への在籍確認の電話が行われる。(※仮審査の所要時間は3営業日程度)

4.沖縄銀行から申し込みのお礼と仮審査の結果と今後についての電話が着信する。

5.仮審査に通過していた場合は店舗へ足を運び、正式申込・契約手続きを行うことになる。来店したい日時と実際に足を運ぶ最寄りの店舗(借入希望支店)を指定し、予約を行う。

6.必要書類を持参し来店で正式申込を行った後、沖縄銀行側で本審査を行う。(※通常3営業日程度)

7.本審査に通過してここまでの契約に特段の不備などが無ければ、最終的な融資手続きが行われる。

8.最終手続完了後、ローンカードまたはローン通帳が本人宛てに郵送されて契約完了。その時から沖縄銀行本支店のATMや提携金融機関、ゆうちょ銀行のATMで融資金を引き出す事が可能。

沖縄銀行カトレアカードローンセレクトの場合

こちらの商品は来店・窓口でのみ申し込みが可能となっています。

窓口で申込の場合

1.事前に沖縄銀行本支店へ電話で来店予約をしてから来店する。

2.担当者のヒアリングを受け、申込書に記入し申し込む。(※所要時間は2時間程度)

3.沖縄銀行・保証会社側で仮審査を行う。(※最短1営業日程度)

4.仮審査の結果が電話で通知される。審査に通過していた場合は再度来店し、必要書類を提出の上正式申込の手続きを行う。

5.沖縄銀行側で本審査を行う。(※平均1営業日程度)

6.本審査に通過していた場合は本契約となり、ローンカードの郵送が手元に届き次第、利用開始。(※カードの郵送まで1週間から2週間程度)

必要書類

必要書類は原則として本人確認用の運転免許証やパスポート、健康保険証等の写しが必要となり、口座確認や新規開設のために金融機関の届け印・通帳などが必要となります。

また、審査の結果銀行が必要だと判断した場合や希望している融資額によっては給与証明書、源泉徴収票、確定申告書、公的証明書のいずれか1つを所得証明する書類として用意し、申告している住居または土地が本人または家族名義のものであることを証明する「不動産・土地登記簿」などが個別に必要となるケースもあります。

教育ローンの場合は教育費用に使うことを証明するため入学案内や授業料納付書を、在籍を確認するために学生証や合格通知書などが必要となり、また親子関係や続柄を証するため住民票や戸籍、健康保険証等も別途必要となります。

すぐには用意できない書類もありますので出来る限り用意しておくか、あるいは必要な際にはすぐに用意できるように段取りを確認しておきましょう。

在籍確認はある?

沖縄銀行では複数のカードローン商品を提供していますが、専業主婦や年金受給者の人を除きその全ての商品で申込時には本人がきちんと職についているかどうかを確認することになっています。

その方法は電話で行われますので、勤務先に電話が掛かった際に本人が電話に出られるか、きちんと本人が所属している事を他の従業員の人などが答えられることが重要です。

まとめ

沖縄銀行は沖縄県ならではの商品を含め非常に多種多様なカードローン商品をラインナップしています。

専業主婦や年金受給者の人の申し込みが可能な商品もいくつか提供されていますが、同行の最大の特徴は特定の職業や環境下にある人に対して提供されているカードローン商品にあります。条件に合致する人であれば大変低金利で借り入れを行う事が出来るため、そういった意味では非常に地域に寄り添った商品展開をしているのではないでしょうか。

なお、全体的に即日融資には対応していませんので、急ぎの場合は当サイトで紹介している即日融資対応の銀行系カードローンに申し込んでみると良いでしょう。

公式サイトへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加