沖縄海邦銀行カードローンの審査の流れと即日融資の可否

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

沖縄県に本店を構える沖縄海邦銀行では多種多様なカードローン商品をラインナップしています。

その商品数はハッピーカードローンSmart、ハッピーカードローンプレミアム、カードローン200、カードローンS、公務員カードローン、アイカードくじらくん、教育カードローンモア、そして軍用地カードローンの8つとなっており、それぞれに特色があります。

今回はそれぞれのカードローン商品に設定されている限度額やその利率、申し込みから融資実行までの流れ、そして「即日融資の可否」について紹介します。

海邦銀行ハッピーカードローンSmartの貸付条件

【申込年齢】20歳から69歳まで
【利用限度額】10万円から500万円
【実質年率】7.5%~13.5%
【審査時間】1週間程度
【総量規制】対象外
【保証会社】九州総合信用株式会社

海邦銀行ハッピーカードローンSmartの特徴

こちらのカードローンは同行カードローンのベースとも言うべき最も基本的なカードローンです。

限度額は最高500万円までと比較的余裕のある設定でありながら利率は最高金利でも銀行系カードローンの平均値である14.5%を割り込んだ13%台となっています。

また申し込みに関して特段職業や年収などによる制限もありませんので、県内在住の人であれば安心して申し込み可能です。

なお、専業主婦やパート・アルバイトの人は50万円を限度額として申し込みが出来るようになっています。

海邦銀行ハッピーカードローンプレミアムの貸付条件

【申込年齢】20歳から70歳まで
【利用限度額】510万円から1000万円
【実質年率】3.8%~6.0%
【審査時間】 1週間程度
【総量規制】対象外
【保証会社】九州総合信用株式会社

海邦銀行ハッピーカードローンプレミアムの特徴

こちらの商品は限度額が非常に大口のカードローンとなっており、契約が完了した時点で最低でも510万円から借り入れが出来るという商品です。

全国的に銀行系カードローンを見渡してみても、これだけ大口の無担保カードローンを提供しているのはこの沖縄海邦銀行ともう一つ、九州の豊和銀行くらいかもしれません。

貸付条件はあくまでもハッピーカードローンと同様にはなっているものの、無担保なうえ限度額が限度額だけにその審査は保証会社の審査を含め非常に厳しいことが予想されます。

また、公式情報では年収や勤続年数にも特段の制限は設定されておらず、また公開もされていませんが、実際はこの規模のカードローンになると年収は最低でも1000万円以上、勤続年数は給与所得者で3年、自営業者の場合は5年以上が申し込みのボーダーラインの目安となるでしょう。

また理論上はアルバイト・パートでも申込可能にはなっていますが、恐らく審査に通るのは至難の業だと思われます。

また、銀行の内部事情を考えると同行に単純に口座を持っているだけではなく、その口座に継続して数年以上給与振込設定がなされていたり、定期預金など一定以上の取引が無いと審査通過は難しいかもしれません。

しかしそれらの問題点など霞んで見えるくらいの大口の限度額と非常に低金利な利率ですから、一度はチャレンジしてみたい、そんな商品です。

海邦銀行カードローン200の貸付条件

【申込年齢】20歳から59歳まで
【利用限度額】20万円から200万円
【実質年率】10.5%~13.5%
【審査時間】1週間程度
【総量規制】対象外
【保証会社】九州総合信用株式会社

海邦銀行カードローン200の特徴

こちらの商品は申し込みに際していくつか条件が設定されている商品となっています。

申し込みが可能なのは基本的な条件に加えて

  • 前年度年収100万円以上(自営業者の場合は150万円以上)で今後も安定した継続収入が見込めること
  • 勤続または自営業年数が1年以上であること

の2つの条件を別途クリアしている人のみとなっています。

こちらの条件に該当している人であれば同行の通常のカードローンよりも利率が低く設定されていますので、よりお得に借り入れを行うことが可能です。

条件に合致する人は、申し込みを検討したいところです。

海邦銀行カードローンSの貸付条件

【申込年齢】20歳から59歳まで
【利用限度額】20万円から30万円
【実質年率】14.6%
【審査時間】1週間程度
【総量規制】対象外
【保証会社】九州総合信用株式会社

海邦銀行カードローンSの特徴

こちらのカードローンは限度額が20万円・30万円のいずれかに審査に応じて設定されるタイプの商品となっており、比較的コンパクトな商品です。

また、申し込みが可能なのは年収100万円以上の給与所得者となっているため、自営業者の人や会社役員の人は申し込みが出来ません。

ただし、配偶者が給与所得者であれば専業主婦の人でも申し込みが出来るようになっています。

また手持ちの口座にローン機能がセットされますので、公共料金やクレジットカードの引き落としなどの際にうっかり残高不足が起こった時には自動で不足分を融資してくれるという機能も付帯します。

海邦銀行公務員カードローンの貸付条件

【申込年齢】20歳から60歳まで
【利用限度額】10万円から500万円
【実質年率】5.0%
【審査時間】1週間程度
【総量規制】対象外
【保証会社】九州総合信用株式会社

海邦銀行公務員カードローンの特徴

こちらのカードローンは沖縄県内で従事する一般公務員、特別公務員、公社や公団の職員に代表される公務員、沖縄美ら島財団や琉球大学・名桜大学および沖縄県内の自治体を母体とする社会福祉協議会の正職員、そしてNTT・JT・郵便事業会社・沖縄電力とそのグループ会社の正職員、軍の雇用員の人が申込可能な文字通りの公務員カードローンとなっています。

使いみちは自由となっていますので急な買い物に旅行に出張に、そして医療費などにも幅広く資金を使うことが可能です。

そして公務員カードローンだけあってその利率は驚異の5%となっており、条件に該当する人であれば真っ先に申し込んでおきたいカードローンといっても決して過言ではありません。

なお、申し込みには上記の条件に加えて勤続1年以上であることと税込年収が150万円以上あることが必要です。

海邦銀行カードローンアイカードくじらくんの貸付条件

【申込年齢】20歳から64歳まで
【利用限度額】10万円から200万円
【実質年率】14.6%
【審査時間】1週間程度
【総量規制】対象外
【保証会社】アイフル株式会社

海邦銀行カードローンアイカードくじらくんの特徴

こちらのカードローンは先ほどのカードローン200と若干似た構成のカードローンとなっていますが、こちらは保証会社がアイフルとなっていて利率も若干高めとなっています。

また申し込みの条件が若干緩和され、専業主婦やパート・アルバイトの人、そして自営業者の人でも申し込みが可能となっています。

さらに引き落としなどで口座残高が不足する時には自動融資を行ってくれる機能もありますので、若干カードローン200では審査が不安という人はこちらに申し込んでみると良いでしょう。

海邦銀行教育カードローンモアの貸付条件

【申込年齢】20歳から60歳まで
【利用限度額】50万円から500万円
【実質年率】4.8%
【審査時間】1週間程度
【総量規制】対象外
【保証会社】株式会社オリエントコーポレーション

海邦銀行教育カードローンモアの特徴

こちらの商品はお子様が高校、短大、大学、大学院、専修専門学校に在学または新規に入学する保護者の人が申し込み・利用可能なカードローンです。

目的型ローンながらカードローン機能を持っているため、必要な時に都度ATMから預金を引き出す感覚で借り入れをすることが出来るようになっています。

用途は学校生活で必要な資金全般または他の金融機関で借りていた教育ローンの借り換えにとなっていますので、保護者にとっては痒い所に手が届く設計でもあります。

なお、こちらの商品は申込者の年収が200万円以上、勤続または営業年数が2年以上ある場合に申込可能となっています。

海邦銀行軍用地カードローンの貸付条件

【申込年齢】20歳から75歳まで
【利用限度額】100万円から1億円
【実質年率】※審査により個別に決定※
【審査時間】1週間程度
【総量規制】対象外
【保証会社】※無し(自行独自審査)※

海邦銀行軍用地カードローンの特徴

こちらの商品は沖縄県内ならではの商品となっており、所有している軍用地を担保として借り入れを行うカードローン商品となっています。

またその性格上限度額は最高1億円となっており、銀行系カードローンで目にする限度額としては最高ランクの限度額となっています。

また申し込みは

  • 同行に軍用地料の振込指定がある人
  • 1親等の親族による軍用地の担保提供が可能な人

のみが可能となっています。

ちなみに一親等は親・子となりますので、本人からみて親もしくは子に軍用地を提供してくれる人がいれば申し込みが可能ということになります。

担保があまりにも強力なためこちらの商品のみ特段の保証会社は付いておらず、この土地さえあれば本人の信用状況は余程のことが無ければあまり審査に影響しない可能性が濃厚です。

海邦銀行カードローンは即日融資可能?

ここまで一気に8商品を紹介してきましたが、全てのカードローンで即日融資は非対応です。

審査結果自体は平日14時頃までの申し込みであれば即日判明するものが多くなっていますが、そこから本申込を経てローンカードの郵送を待つとなると、申し込みから融資までトータルで1週間程度は見ておくことが重要となります。

急ぎの場合の抜け道も特にありませんので、こちらの銀行の商品は時間があるときに申し込みをしたほうが良いでしょう。

なお、時間がない場合は当サイトで紹介している即日融資対応の銀行系カードローンに申し込むとベターです。

海邦銀行カードローンの審査の流れと必要書類

このように8種類のカードローンが提供されている海邦銀行ですが、実際に申し込みを行うにはどういった方法があるのでしょうか。

今回は「急な入用に対応するため出来る限り早く融資を受けたい」という想定のもと、それぞれの商品の具体的な審査の流れを紹介します。

インターネットから申込の場合

※ハッピーカードローンSmart、ハッピーカードローンPremium、カードローン200、カードローンS、アイカードくじらくんのカードローンはインターネットから申し込み可能となっています。

1.公式サイトの申込画面で保証会社などが提示している個人情報の取扱方針に同意し、申し込みフォームを表示させる。

2.申し込みフォームで申込者の住まいや氏名・希望する連絡先、家族構成や勤め先に関する情報、他の金融機関と契約中のローン借入や他の銀行で契約している定期預金などの資産状況を入力して申し込みを完了させる。(※ここまでで約20分程度)

3.海邦銀行・保証会社側で、仮審査を行う。また、この時までに勤務先への在籍確認の電話が行われる。(※仮審査の所要時間は最短1営業日程度)

4.銀行から仮審査結果に関する電話が着信する。

5.仮審査に通過していた場合は店舗へ足を運ぶか、郵送で契約書類をやり取りする「本申込」を要請される。来店の場合は来店したい日時と実際に足を運ぶ最寄りの店舗を指定し、予約を行う。

6.郵送もしくは来店で本申込を行ったあと、銀行側で本審査を行う。(※通常3営業日程度)

7.本審査に通過してここまでの契約に特段の不備などが無ければ、最終的な融資手続きが行われる。

8.最終手続完了後、ローンカードが本人あてに郵送されて契約完了。その時から海邦銀行本支店のATMや提携金融機関、ゆうちょ銀行のATMで融資金を引き出す事が可能。

窓口から申込の場合

公務員カードローン、教育カードローンモア、軍地用カードローンは窓口からのみ、申し込みが可能となっています。

1.事前に海邦銀行本支店へ電話で来店予約をしてから来店する。

2.担当者のヒアリングを受け、申込書に記入し申し込む。(※所要時間は2時間程度)

3.海邦銀行・保証会社側で仮審査を行う。(※最短3営業日程度)

4.仮審査の結果が電話で通知される。審査に通過していた場合は再度来店し、必要書類を揃え、正式申込の手続きを行う。

5.海邦銀行側で本審査を行う。(※平均1日程度)

6.本審査に通過していた場合は本契約となり、ローンカードの郵送が手元に届き次第、利用開始。(※カードの郵送まで1週間から2週間程度)

必要書類

必要書類は原則として本人確認用の運転免許証やパスポートなどの顔写真付き身分証明書が必要となります。

また、審査の結果銀行が必要だと判断した場合や希望している融資額によっては収入を証明できる書類が必要となるのは、ハッピーカードローンSmart(300万円超の場合)、ハッピーカードローンPremium、カードローン200(100万円超の場合)、公務員カードローン、アイカードくじらくん(100万円超の場合)、教育カードローンモアの場合です。

申告している住居または土地が本人または家族名義のものであることを証明する「不動産・土地登記簿」などが個別に必要となるケースもあります。

そして、教育カードローンモアを契約する際は、合格通知書や在籍証明書などの進学や在籍が確認できる書類、続柄がわかる住民票や戸籍謄本などが別途必要となります。

用意に時間がかかる書類がありますので出来る限り用意しておくか、あるいは必要な際にはすぐに用意できるように段取りを確認しておきましょう。

在籍確認はある?

沖縄海邦銀行のカードローンに申し込むと、各商品の保証会社から申込時に申告した勤務先へ電話が入ります。「●●さんはいらっしゃいますか?」といった、あくまでも個人名での電話が一般的ですが、審査状況などによっては「沖縄海邦銀行ですが、●●さんをお願いできますか?」と銀行名を出して連絡してくるケースもあります。

どうしても銀行名を出されては何かと都合が悪い、という時には事前に沖縄海邦銀行に対してその事を相談すると良いでしょう。

なお、専業主婦や年金受給者の申し込みの場合はこの在籍確認は省略されます。

まとめ

沖縄県が誇る地方銀行である沖縄海邦銀行では、非常に豊かな8種類というカードローン商品のラインナップで県民の経済活動を支えています。

それぞれ沖縄県ならではの条件などが設定されており、条件に該当する人であれば大変お得に借り入れが可能な商品もありますので、一度自分の条件と合致するかどうか調べてみるとベターです。

専業主婦や年金受給者の人でも申込可能な商品もありますし申し込みもさほど難しくはありませんので、そういった意味でも安心して申し込みが可能な銀行と言えるでしょう。

公式サイトへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加