親和銀行カードローンの審査の流れや即日融資の可否

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

長崎県佐世保市に本店を構え、県内全域と福岡県、佐賀県に支店を展開している親和銀行ではカードローン商品として親和銀行カードローン、教育カードローンの2つのカードローンを提供しています。

それぞれのカードローン商品に設定されている限度額やその利率、申し込みから融資実行までの流れ、そして「即日融資の可否」はどうなっているのでしょうか。紹介します。

親和銀行カードローンの貸付条件

【申込年齢】20歳から69歳まで
【利用限度額】10万円から1000万円
【実質年率】3.0%~14.5%
【審査時間】最短1営業日
【総量規制】対象外
【保証会社】SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

親和銀行カードローンの特徴

こちらのカードローンは同行唯一の用途不問のカードローン商品です。

その限度額は他の消費者金融などを凌駕する最大1000万円までと余裕のある設定となっており、利率も最高金利で14.5%と銀行系カードローンならではの水準で提供されています。

また若干融資までの日数はかかりますが、同行に口座を開設していない場合でも原則来店不要で申し込みから融資実行までを完結することが出来るようになっています。

さらに専業主婦でも配偶者に安定した収入があれば申し込みが可能なのも嬉しい特徴です。

なお、こちらのカードローンは申し込み条件として「同行に普通預金口座を持っている」、もしくは勤務先・自宅のいずれかが九州地方・山口県にある人であれば申し込みをすることが出来ます。

親和銀行カードローンは即日融資可能?

こちらの商品は、即日融資には非対応となっています。

しかし、即日とまでは行きませんが同行に口座を持っている場合に限り最短1営業日程度での契約と融資実行が可能となっています。

同行に口座を開設済みでキャッシュカードを持っている場合に限り、インターネット上で全ての契約手続きが完了しますので、平日の正午頃までにインターネット経由で申し込みを完了すると翌営業日には審査結果が判明します。

さらに審査結果判明後は電話で契約が完了しますので、早ければその翌営業日にはローンカード到着前に振り込みで融資を受けることが出来るようになっています。

親和銀行教育カードローンの貸付条件

【申込年齢】20歳から60歳まで
【利用限度額】10万円から1000万円
【実質年率】4.5%
【審査時間】1週間程度
【総量規制】対象外
【保証会社】ふくぎん保証株式会社、株式会社ジャックス

親和銀行カードローン教育カードローンの特徴

こちらのカードローンは、お子様の教育にかかる資金を必要な時にいつでもATMから借りられるタイプの「目的型カードローン商品」となっています。

通常、教育ローンというものは学費や寮・アパートの入居費用など額面が確定した見積もり書や請求書を金融機関に提出した上で、必要な分だけ借入を行う「一括借入方式」のものとなっています。

しかしこちらのカードローンでは日々刻々と変化する状況の中で突発的に必要となる教科書代や学費、仕送りの資金などをその都度ATMから簡単に借りられるので、何かと忙しくしている保護者にとっては非常に使い勝手の良い便利な商品となっています。

さらに契約時の限度額が300万円以下であれば、収入証明書類の提出が原則不要となっているのも嬉しい特徴ですね。

なお、こちらの商品は同行の営業区域内に住んでいて、高等学校、高等専門学校、専門学校、大学、大学院に新入学・もしくは在学中の子供を持つ保護者が対象となっています。

また推薦などの理由で高校進学が早々に確定している場合のみ、中学3年の1月から申し込みが可能です。

親和銀行教育カードローンは即日融資可能?

こちらのカードローンは即日融資非対応となっています。

ただし、同商品および同行のローン申し込みなどが増える繁忙期(2月下旬から3月下旬まで)以外で、仮審査結果の判明後すぐに来店する用意があれば、およそ申し込みから平均3営業日程度で融資を受けることが可能となっています。

ただしこれは同行に既に口座を持っている場合のみで、口座を持っていない場合は口座開設からスタートしなければなりませんので上記の日数プラス2営業日程度が融資までの目安となります。

また、銀行繁忙期は審査などの順番待ちが発生しますので上記の日数から更に最大1週間程度はプラスされてしまいますので留意しておきましょう。

親和銀行カードローンの審査の流れと必要書類

このように2種類のカードローンが提供されている親和銀行ですが、実際に申し込みを行うにはどういった方法があるのでしょうか。

今回は既に同行に口座を持っていて「親和銀行の店舗が近くにあるのでこの銀行でお金を借りたい」という想定のもと、それぞれの商品の具体的な審査の流れを紹介します。

親和銀行カードローンの場合

こちらの商品はインターネット、電話、FAX、郵送、窓口から申し込みが可能です。

インターネットから申込の場合

1.公式サイトから「口座をお持ちの方(WEB完結申込み)」に進み「インターネットでお申込み」画面で保証会社などが提示する個人情報の取扱に関する方針に同意し、申し込みフォームを表示させる。

※借入希望限度額が300万円以上の場合はWEB完結申込みができないので注意のこと。

2.申し込みフォームでは本人の住まいや氏名・希望連絡先(スムーズに連絡が取れること)、家族の構成や勤め先に関する情報、他の金融機関と契約中のローン借入や他の銀行と契約している定期預金などの資産状況を正確に入力して申し込みを完了させる。(※ここまでで約20分程度)

3.親和銀行・保証会社側で、仮審査を行う。また、この時までに勤務先への在籍確認の電話が行われる。(※仮審査の所要時間は最短1営業日程度)

4.親和銀行から仮審査結果に関する電話が着信する。

5.仮審査に通過していた場合はそのまま電話で契約内容の確認などの作業をオペレーターさんと行う。

6.契約に問題がないと確認された段階で契約完了。急ぎの場合は先に振り込みでの融資を忘れずに依頼する。

7.6で振込融資を依頼していた場合は電話の翌営業日には同行口座へ融資金が振り込まれてくる。

8.およそ契約から1週間程度でローンカードが本人宛てに郵送されて来る。その時から親和銀行本支店のATMや全国の提携金融機関ATM、そしてゆうちょ銀行のATMで融資金を引き出す事が可能となる。

電話で申込の場合

1.手元にキャッシュカードを用意してから0120-34-3456に電話をかけ、「カードローンに申し込みをしたい」と告げる。

2.インターネット申込と同様にオペレーターさんからの案内に従い申し込みに必要な個人情報についての質問に答え、一旦電話を切って仮審査を待つ。

3.親和銀行・保証会社側で仮審査を行う。

※これ以降の流れはインターネット申込の場合と同じ。

FAX・郵送で申込の場合

1.公式サイトから仮審査申込書をプリントアウトし、必要事項を記入する。

2.FAXの場合は運転免許証のコピーを貼付して0120-273-456にFAX送付し、郵送の場合は同行の担当部署へ郵送する。

※書類の到着後の流れはインターネット申込の場合と同じ。

親和銀行教育カードローンの場合

こちらの商品はインターネット、電話、FAX、郵送、窓口から申し込みが可能です。

インターネットから申込の場合

1.公式サイトから「口座をお持ちの方」に進み「インターネットでお申込み」画面で保証会社などが提示している個人情報の取扱方針に同意し、申し込みフォームを表示させる。

2.申し込みフォームでは本人の口座情報をはじめ住まいや氏名・希望する連絡先、家族の構成や勤め先に関する情報、他の金融機関と契約中のローン借入や他の銀行と契約している定期預金などの資産状況などを正確に入力して申し込みを完了させる。(※ここまでで約20分程度)

3.親和銀行・保証会社側で、仮審査を行う。また、この時までに勤務先への在籍確認の電話が行われる。(※仮審査の所要時間は最短1営業日程度)

4.親和銀行から仮審査結果に関する電話が着信する。

5.仮審査通過の場合はその後の本申込の方法を郵送でのやり取りもしくは来店から選択する。急ぎの場合は出来る限り近い日付で来店するように予約を入れる。

6.郵送もしくは来店で本申込を行い、契約に問題がないと確認された段階で契約完了。急ぎの場合は先に振り込みでの融資を忘れずに依頼する。

7.およそ契約完了から1週間程度でローンカードが本人宛てに郵送されて来る。その時から親和銀行本支店のATMや全国の提携金融機関ATM、そしてゆうちょ銀行のATMで融資金を引き出す事が可能となる。

電話で申込の場合

1.0120-34-3456に電話をかけ、「教育カードローンに申し込みをしたい」と告げる。

2.インターネット申込と同様にオペレーターさんからの案内に従い申し込みに必要な個人情報についての質問に答え、一旦電話を切って仮審査を待つ。

3.親和銀行・保証会社側で仮審査を行う。

※これ以降の流れはインターネット申込の場合と同じ。

FAX・郵送で申込の場合

1.FAXの場合は公式サイトから仮申込書をプリントアウトし、郵送の場合は資料内申込書に必要事項を記入する。

2.FAXの場合は運転免許証のコピーを貼付して0120-273-456にFAX送付し、郵送の場合は同行の担当部署へ郵送する。

※書類の到着後の流れはインターネット申込の場合と同じ。

必要書類

必要書類は本人確認用の書類として運転免許証・パスポートなどの顔写真付き身分証明書と金融機関の届け印などが最低限必要となります。

また、審査の結果銀行が必要だと判断した場合や希望している融資額によっては収入を証明できる書類が個別に必要となるケースもあります。原則、両商品とも希望融資額が300万円まで所得証明書類は不要となっています。

いずれも出来る限り用意しておくか、あるいは必要な際にはすぐに用意できるように段取りを確認しておきましょう。

教育カードローンについてはこれらに加えて合格通知書、在学証明書、学生証などお子様の在籍に関して確認できる書類、そして保護者であることの証明として健康保険証や世帯全員が記載された住民票、または戸籍謄本などが必要になります。

在籍確認はある?

在籍確認はほぼ100パーセント行われることになっています。

ただし、勤務先が上場企業など有名な場合や別途提出した資料などで明らかにその勤務先に所属している事が明確である場合はその限りではなく、手続きの簡略化のために銀行の判断で在籍確認が免除になるケースもレアケースですが存在します。

まとめ

親和銀行は2種類と商品数こそ少ないものの、守備範囲の広いカードローンを提供しています。

同行に口座を持っている場合は申し込みから融資実行までの時間が最短2営業日と比較的短く、スムーズに借り入れを行うことが可能です。

また配偶者に収入がある場合は専業主婦の人の申し込みが可能な商品もありますので、幅広い層からの申し込みに対応していると言えるでしょう。

ただしあくまでも親和銀行では即日融資非対応となっていますので、急ぎの時には当サイトで提示している即日融資対応の銀行カードローンに申し込みをするとベターです。

公式サイトへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加