荘内銀行カードローンで即日融資は可能?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

山形銀行を拠点に東北地方で営業している荘内銀行ですが、こちらの銀行ではカードローン商品として主に3つの商品を提供しています。今回はこちらのカードローン商品についてそれぞれ限度額や申込手順、即日融資の可否について紹介します。

荘内銀行カードローン1000の貸付条件

【申込年齢】20歳から75歳まで
【利用限度額】10万円から1000万円まで※
【実質年率】年3.5%~年13.5%(固定金利型)
【審査時間】最短2営業日程度(来店必須)
【総量規制】対象外
【保証会社】オリックス・クレジット(株)

※主婦は50万円が上限

荘内銀行カードローン1000の特徴

荘内銀行カードローン1000は、文字通り最高限度額は1000万円まで、利率は年3.5%から13.5%の固定金利型と銀行系ならではの限度額・利率が設定されています。

もちろん用途は不問となっていますので、普段の生活資金はもちろん急な飲み会、冠婚葬祭、レジャーに旅行など幅広い分野で借り入れた資金を活用することが可能となっています。

また、職業や年収による規制も無いため、パート・アルバイトの人はもちろん派遣社員、契約社員、そして専業主婦の人でも申し込みをすることが出来ます。

なお、この商品は荘内銀行の普通預金口座を持っていることが契約の条件となっています。

そのため事実上、荘内銀行の営業区域内である山形県、宮城県、福島県、秋田県、東京都に住んでいる人のみが申し込みを出来ることになります。

荘内銀行カードローン1000は即日融資可能?

こちらのカードローンではインターネットや電話などから行える仮審査・来店が必須な本審査の二段階審査を採用しているため、通常申し込みから契約・融資実行までに平均して1週間から10日前後の時間が必要です。

そのため通常の申し込み方法では即日の融資は不可能です。

また、通常は10日前後かかる審査と契約ですが、いくつかの条件を満たす事で1営業日から3営業日程度はその時間を短縮する事が出来る場合もあります。

まずは申し込みの前に荘内銀行に普通預金口座を開設しておき、仮審査は平日の出来るだけ早い時間に申し込みが完了するようにしましょう。これは仮審査の申し込みが平日の午後に来た場合、時間帯によっては当日中の処理が難しく、翌営業日からやっと仮審査が開始されてしまう場合があるためです。

遅くとも平日の昼12時までに申込情報が銀行に到着していれば、申し込んだその日から審査を開始してもらうことが可能です。

さらに仮審査後の本審査は来店が必須です。この来店も事前に日程などを予約して来店することになりますが、出来る限り仮審査の結果が来た当日中に来店できるとよりスムーズに審査が進行します。

こういったひと手間をかけることで、通常よりも1営業日から3営業日程度は所要時間を短縮することが可能となっています。

荘内銀行カードローンべんリッチプラスの貸付条件

【申込年齢】20歳から完済時年齢69歳まで
【利用限度額】10万円から500万円※
【実質年率】5.0%~14.6%
【審査時間】2週間から1ヶ月
【総量規制】対象外
【保証会社】イオンクレジットサービス(株)

※専業主婦は30万円まで

荘内銀行カードローンべんリッチプラスの特徴

荘内銀行カードローンべんリッチプラスは、荘内銀行が展開する全てのカードローンの基本形と呼べるカードローンです。

金利は5.0%から14.6%と銀行系ならではの低金利水準で、借入資金の用途は不問なので様々な用途に使うことが可能となっています。

しかし申し込みは郵送のみとなっており、インターネットや電話からの申し込みは受け付けていません。

また、この商品は荘内銀行の普通預金口座を持っていることが契約の条件となっていますので、荘内銀行の営業区域内に住んでいる人のみが申し込みを出来ることになります。

荘内銀行カードローンべんリッチプラスは即日融資可能?

こちらのカードローンは郵送契約専門のカードローン商品のため、申し込みから契約まで平均して2週間から1ヶ月程度の時間が必要です。

そのため、即日の融資は不可能です。

少しでもスピーディーな借り入れを希望している場合は、この銀行の別のカードローン商品に申し込むと良いでしょう。

荘内銀行カードローンWebの貸付条件

【申込年齢】20歳から69歳まで
【利用限度額】10万円から500万円※
【実質年率】3.5%~14.6%
【審査時間】最短2営業日
【総量規制】対象外
【保証会社】新生フィナンシャル(株)

※年金受給者は10万円まで、専業主婦は50万円まで

荘内銀行カードローンWebの特徴

こちらのカードローン商品は来店も不要、事前に荘内銀行の口座を開設する作業も不要、提出書類は本人確認書類のみという非常にシンプルな作業で申し込みが可能な特徴を持っています。

それでいて用途は不問、限度額は最大500万円まで利用可能となっており、更には申し込みから最短2営業日後に振込融資を受けることも可能となっています。

なお、こちらの商品に関しては商品概要に申し込み者の地域に関しての記載が無く、荘内銀行の口座開設も不要なことから、理論的には全国からの申し込みに対応していることになります。

しかし、例えば九州地方や北海道などあまりにも遠方だったり、住んでいるところも勤務先も全く山形県に縁もゆかりもないなどの場合は総合的判断という形で審査に通過できない可能性が非常に高くなっています。

現に電話で問い合わせを行っても他県からの申し込みについては「あくまで個別のケースに基づく審査結果のお話となりますので一概にはお答えできません」という回答に留まっているため、やはり申込は荘内銀行の営業区域内に住んでいる人に限定されていると考えた方が良いでしょう。

荘内銀行カードローンWebは即日融資可能?

こちらのカードローンは契約後にローンカードの郵送が完了しないと借り入れが出来ませんので、即日でお金を手にすることは出来ません。

また、審査には最短でも2営業日程度かかり、そこからローンカードの発送となりますので通常の場合は申し込みから借り入れまで平均で1週間程度はかかってしまいます。

しかし、通常はローンカードの発送後のみ借り入れが可能となっていますが契約時に希望すれば限度額の9割までを上限として、契約時に即日で振込融資をしてもらうことが可能です。

荘内銀行カードローン1000の審査の流れ

荘内銀行カードローン1000の場合は、来店・インターネット・FAX・電話のいずれかの方法で仮審査申し込みが可能です。今回はインターネット申し込みを中心に確認してみます。

インターネット申込の場合

1.ウェブサイトの申し込みフォームから「仮審査申込フォーム」に進み、申し込みフォームを表示させる。

2.個人情報取扱方針に同意の上、申し込みフォームに住所氏名・連絡先、勤務先情報や家族構成などを入力して申し込みを完了させる。(※ここまでで約20分程度)

3.荘内銀行・保証会社で仮審査を行う。(※仮審査の所要時間は通常2営業日から3営業日)

4.申し込みから3営業日程度で、審査結果に関する電話が来る。仮審査に通過していた場合は正式な手続きの案内(来店依頼)の案内を受けるので、速やかに来店予約を行う。

5.仮審査結果が出てから3ヶ月以内の出来る限り早い日程で、案内された必要書類等を持って指定の店舗へ来店し、正式な申し込みを行う(※正式な審査は最短1営業日から2営業日程度で完了)

6.審査に通過していた場合はそのまま契約完了。契約後1週間程度でローンカードが郵送されてくるので、そこからローンが利用可能。

来店・FAX・電話申込の場合

こちらの場合はそれぞれ、来店やFAXの場合は仮審査申込書に記入の上荘内銀行本支店の窓口で提出するか、FAXで所定の電話番号へ送付します。

電話の場合は0120-0922-39へ電話をかけ、オペレーターさんから質問される情報に答えていくことで仮審査の申し込みが完了します。

その後の流れはインターネット申込の場合と同様です。

荘内銀行カードローンWebの審査の流れ

荘内銀行カードローンWebはインターネットからの申し込みにのみ対応しています。

申し込み方法

1.公式サイトから「今すぐカンタンお申込み!」に進み、申し込みフォームを表示させる。

2.申し込みフォームに住所氏名・連絡先、勤務先情報や家族構成などを入力して申し込みを完了させる。(※ここまでで約20分程度)

3.荘内銀行(0235-29-1761)より電話が入り、申し込みをしたのが本人かどうか等の意思確認が行われる。(※申し込み完了から最短3時間程度で着信、電話自体は10分程度で完了)

4.荘内銀行・保証会社で審査を行う。(※審査は最短1営業日程度)

5.審査結果がメールで届き、審査に通過していた場合は速やかに本人確認書類の写真を撮影し、画像をアップロードする。(※撮影からアップロードまで5分程度)

6.最終的な契約に不備が無ければそのままWEBで契約完了、メールや電話などで希望すれば融資額の9割までは2営業日後に振込融資してもらえる。

7.後日、1週間程度でローンカードが郵送されて来たら正式な利用開始。

必要書類

必要書類は本人確認書類として運転免許証もしくはパスポートのオモテ・ウラ面の画像が必要です。

まとめ

このように荘内銀行では様々なカードローン商品を展開していますが、中でもカードローンWebではインターネットから非常にスムーズに申し込みから契約までを完結することが可能となっています。

公式サイトへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加