ソニー銀行カードローンの特徴と即日融資する条件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ソニー銀行カードローンの貸付条件

【申込年齢】満20歳~65歳未満
【利用限度額】最大800万円
【実質年率】2.5%~13.8%
【審査時間】最短60分
【総量規制】制限なし
【保証会社】アコム株式会社

ソニー銀行カードローンの特徴

ソニーといえば大手家電ブランドのイメージがありますが、近年はソニー生命やソニー損保など、他業種へも積極的に参入しており、ソニー銀行もソニーグループが運営している信頼度が高いネット銀行です。

ソニー銀行カードローンの最大の特徴は、銀行系カードローンでありながら、最短60分審査や最短即日融資にも対応していることです。

また上部の貸付条件を見てもらってもわかるように、下限金利こそ決して低いとは言えませんが、上限金利に関しては金利が低いと言われるネット銀行系カードローンの中でもトップクラスの低金利となっています。

商品
適用利率 借入限度額
ネット銀行 ソニー銀行カードローン 2.5~13.8% 10~800万円
ネット銀行 楽天銀行カードローン 1.9~14.5% 10~800万円
ネット銀行 ジャパンネット銀行カードローン 2.5~18.0% 10~1,000万円
都市銀行 三井住友銀行カードローン 4.0~14.5% 10~800万円
銀行 新生銀行カードローン レイク 4.5~18.0% 10~500万円

つまり500万円や800万円の限度額設定にしたいのであれば、あまりお勧め出来ないカードローンですが、限度額を50万円や100万円くらいで考えているのであれば、逆にかなりお勧めしたいカードローンの1つです。

ソニー銀行カードローンのココに注目!

ソニー銀行01
ここでは当商品のメリット・デメリットに関係なく、カードローンを選ぶ上で注目しておきたいポイントをピックアップしていきます。

①:保証会社は消費者金融のアコム

ソニー銀行カードローンの保証会社は、消費者金融のアコムとなっています。
ですので、過去にアコムからお金を借りたことがあり、返済遅れや返済滞納があった方は、審査の段階で不利になる可能性が高いです。
逆に考えるとアコムと以前お取引があり、しっかり期日通りに返済し、しっかりと完済してしまっている方は審査が有利になります。

このように保証会社がついている場合は、その保証会社が審査をすると思ってください。
ですので、カードローンを選ぶときは、保証会社にも注目しておきましょう。

②:本申込みと同時に口座開設が必要!

ソニー銀行の口座不要と書いてあったりしますが、これは仮審査までの段階であれば口座不要という意味です。
本申込みをするのであれば、ソニー銀行の口座が必要になるので、口座をお持ちでない方は同時申込みをすることになります。

そう考えるとソニー銀行の口座をお持ちでない方の即日融資というのは、ほぼ無理だと考えておくのが良いでしょう。

③:ネット銀行なのに即日審査・即日融資にも対応

後ほど詳しく説明しますが、銀行カードローンで即日融資に対応している商品は少ないので、それだけでも利用価値があると思います。
ソニー銀行以外の口座への振込にも対応してくれますので、とにかく急ぎで借り入れしたい人には便利なサービスだと思います。

④:ネット銀行の中でもトップクラスの低金利

数あるネット銀行系カードローンの中でも金利の低さで注目されている商品です。
とくに上限金利が低く設定されていますので、消費者金融で借りる場合はもちろん、他の銀行系カードローンと比較しても有力な候補となる一枚だと思います。

⑤:10万円以下のキャッシングなら、月々の返済は2,000円~

前月ローン返済日のご利用残高 ご返済額
10万円以下 2,000円
10万円超 20万円以下 4,000円
20万円超 40万円以下 6,000円
40万円超 60万円以下 8,000円
60万円超 80万円以下 10,000円
80万円超 100万円以下 12,000円

このように10万円以下の利用なら、毎月の最低返済額は2,000円~と,大変リーズナブルになっています。
返済額が低く設定されているので、懐が厳しいときは少なく、少しお財布に余裕があるときに多く返済するなど、自分の懐具合に応じて返済額を調整することができます。

⑥:キャッシングも返済もコンビニATMで手数料0円

セブン銀行ATMとイオン銀行ATMであれば、キャッシングも返済も何度利用しても手数料は0円です。
ローソンATMやゆうちょATMでも利用はできますが、この場合はキャッシングの際に手数料が掛かってしまいます。
ただし1ヶ月に4回までなら無料で利用できるので、あまり借りすぎなければ問題ないと思います。

キャッシングや返済のたびに手数料を取られてしまったのでは、金利が低いカードローンを選んだ意味がありませんので、ソニー銀行カードローンの手数料無料サービスは、カードローン選びをする上でプラス材料になることでしょう。

⑦:在籍確認の電話は必須!

ソニー銀行では在籍確認の電話が必須となっています。そのため土日など、会社が休みの場合は、週明けの審査になってしまいます。
ちなみにソニー銀行では、給与明細や在籍証明書など、書類による在籍確認はやっておらず、必ず電話での在籍確認や本人確認が必要となります。

土日に即日審査、即日融資を希望するのであれば、在籍確認の可否が重要なポイントとなりそうです。

ソニー銀行カードローンは即日融資可能?

ソニー銀行カードローンは即日融資可能です。
しかしそれにはクリアしなければならない、いくつかの条件があり、この条件がかなり高いハードルとなっています。

①ソニー銀行の口座をすでに持っている

ソニー銀行カードローンには、カードローン専用とキャッシュカード一体型があります。
つまりすでにソニー銀行の口座を持っているということは、キャッシュカードも持っているはずなので、キャッシュカード一体型にすることで、最短での融資が可能になります。

ただし口座を持ってなくても、初回振込みサービスを利用することで、最短翌営業日には融資を受けることも可能なので、翌日でも大丈夫というのであれば、可能性は大いに高くなります。

②遅くとも午前中までに、審査の申込みを済ませる

ソニー銀行カードローンの審査は最短60分となっています。しかしこれはあくまでも最短であり、通常だと2時間程度は見ておく必要があります。

そこから必要書類の提出や在籍確認など、本審査通過までにはさらに時間がかかります。
そう考えると当日中の即日融資を希望するのであれば、どんなに遅くてもお昼12時までに申込みを済ませておく必要があります。

それでは即日融資の申込手順を紹介しておきます。

  1. ソニー銀行HPよりカードローンの申込みをします
  2. メールにて仮審査の結果が送付されてきます
  3. 本審査手続きにて、初回振込サービスを「利用する」を選択
  4. 必要書類をFAXにて送付します
  5. 本審査の結果がメールにて届きます
  6. メールに添付されているURLから契約手続きに進みます
  7. 指定した口座へ振込融資が実行されます
  8. 7~10日ほどで、カードが郵送にて送られてきます

ポイントは必要書類の提出方法です。FAXと郵送があるのですが、即日融資を希望するのであれば当然FAXで送付しなければなりません。
そして遅くとも必要書類の送付をお昼の12時くらいまでには済ませておくようにしましょう。

土日でも即日融資は可能なのか?

もろもろの条件等はありますが、すべてクリアできるのであれば、土日の即日融資というのも可能です。

ただし本当に条件は高いです。土日の即日融資を希望するのであれば、まずソニー銀行の口座をすでに持っていることが絶対的な条件となります。そして、土日でも職場が機能しており、在籍確認が取れることも条件となります。

ネットで必要書類などを送付しなければならないので、スマホやPCなどのネット環境がなければ難しいです。これらの問題をクリアできるのであれば、あとは時間との戦いなので、土日の午前中の早い時間に申込みしておけば、当日中に融資を受けられる可能性は十分にあります。

ソニー銀行カードローンの審査の流れと必要書類

ソニー銀この口座をすでに持っている方と、お持ちでない方でも申込み手続きの流れが違ってきます。
大きな違いは、初回振込みサービスを利用するか?
利用する場合は、初回振込み先となる金融機関の口座情報を入力したりする項目があるだけの違いです。

申し込み方法

ソニー銀行カードローンの申込みはネット銀行ということもあり、店舗や自動契約機などではなく、スマホやパソコンからの申込みに限定されています。

  1. ソニー銀行HPより「カードローンお申し込み」をクリック
  2. 必要事項を入力してください
  3. メールにて仮審査の結果が送付されてきます
  4. メールに添付されているURLから本審査手続きに進みます(※1)
  5. 在籍確認の電話
  6. 必要書類を送付します(※2)
  7. 本審査の結果がメールにて届きます
  8. メールに添付されているURLから契約手続きに進みます
  9. 契約手続きが完了したら、カードが届く前でもキャッシングできるようになります(※3)
  10. 7~10日ほどで、カードが郵送にて送られてきます

※1 カード受け取り前に融資希望の方は、初回振込みサービス(口座なしの方限定)の手続きをしてください
※2 必要書類は郵送かFAXでの提出となるので、お急ぎの方はFAXを利用ください
※3 カード届いてなくても手持ちのキャッシュカードを使い提携ATMで借り入れをしたり、ソニー銀行口座への振込み依頼を利用することで、即時キャッシングが可能です

必要書類

ソニー銀行カードローンの申込みにあたり、書類提出が必要となるケースは以下の3つです。

  1. 50万円を超える限度額を希望の方
  2. 初回振込みサービスを希望の方
  3. 外国籍の方

50万円を超える限度額希望の場合は、所得を証明する書類の提出が必要となりますので、以下のいずれかを準備ください。

  • 源泉徴収票
  • 住民税課税決定通知書
  • 課税証明書
  • 確定申告書
  • 納税証明書

ソニー銀行の口座を所有しておらず、初回振込みサービスの利用を希望した方のみ、以下の2点の書類が必要となります。

  • 振込指定口座の普通預金通帳またはキャッシュカードのコピー
  • 本人確認資料(運転免許証もしくは各種健康保険証など)のコピー

外国籍の方は以下の2点の書類が必要となります。

  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

これら必要書類の提出は先にも書いておりますが、郵送かFAXでのみ可能となっており、他のカードローン商品でみられるような、メール添付やアップロードには対応していません。

郵送はどうしても日数がかかるので、お急ぎの場合はFAXを利用することを推奨します。自宅にFAXがない場合は、最寄のコンビニに設置されているFAXをご利用ください。

在籍確認はある?

これも記事中で再三書いてきましたが、ソニー銀行カードローンでは、必ず在籍確認や本人確認があります。
正社員や派遣社員、パートやアルバイトの方は職場への在籍確認がありますし、専業主婦や年金受給者の場合は、ご自宅への本人確認の電話があります。

そのため土日に職場が休みの場合は、週末に申込みすると在籍確認が取れないので、どうしても審査結果は週明けとなってしまいます。
またソニー銀行名称や担当者の個人名で電話がありますので、同僚や社内の人に変に怪しまれることもないでしょう。

まとめ

カードローンで一番大事なのは、なんといっても低金利であることと、利用時に手数料などが掛からないことだと管理人は思っています。
そういう点でみれば、ソニー銀行カードローンはかなりお薦めできるカードローン商品ではないでしょうか。

とくに銀行系のカードローンでもトップクラスの低金利を実現しており、それでいて消費者金融なみのスピード審査を実現しているのですから、それ以上のサービスを求めるのは酷だと思います。

また9年連続で「顧客満足度NO1」を獲得するなど、サービス面でも定評があります。
安心して利用できる銀行系カードローンをお探しであれば、是非とも候補に入れておきたい商品です。

ただし1つだけ注意しておきたいのが、保証会社がアコム株式会社だという点です。
過去にアコムからキャッシングしており、返済遅れや滞納があったりしていると、今回のソニー銀行カードローンの審査にも悪影響を与えるのは間違いありません。
ですので、アコムとの相性も考えて申込みをするようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加