大正銀行カードローンの特徴や審査スピード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪府に本店を構え、近隣の京都府、兵庫県に支店を展開して営業しているのが大正銀行です。こちらの銀行ではカードローン商品として大正カードローンというカードローンを提供しています。

今回はこちらの商品に設定されている限度額やその利率、申込から審査を受けるまでの方法、そして肝心な「即日融資の可否」について紹介します。

大正銀行カードローン大正カードローンの貸付条件

【申込年齢】20歳から69歳まで
【利用限度額】10万円から1000万円
【実質年率】3.0%~14.5%
【審査時間】最短即日回答
【総量規制】対象外
【保証会社】SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

大正銀行カードローン大正カードローンの特徴

こちらのカードローンは限度額が最大1000万円、利率も最高金利で14.5%という銀行系カードローンだからこその低金利水準を実現していながら、その審査も最短即日で結果が判明するという嬉しい2つ特徴を併せ持った商品となっています。

さらに通常は提携金融機関ATMでのカードローン借り入れ・返済には多少なりとも手数料がかかるのが通例ですが、こちらの商品は三菱東京UFJ銀行のATMを利用すると手数料無料で借り入れ・返済を行うことが可能です。

なお、こちらの商品は同行に口座を持ち、直接来店できる地域に住んでいる人で、上記の年齢以外に下記の条件を満たす人が申込み可能となっていますので主婦や年金受給者の人、パート・アルバイトの人でも申し込みが可能となっています。

大正カードローンの申し込み条件

  • 過去または現在進行系で信用事故が無いこと
  • 借り入れ金額100万円超の場合は65歳以下で年収200万円以上の勤務者、または所得がゼロでない自営業者であること

また、地域に関しては公式サイトでは「同行に直接来店できる人」という曖昧な表現になっていますが、おおよそ同行の本支店の営業区域である大阪府、京都府、兵庫県に住んでいるのが目安となります。

口座を同行に開設していて物理的に直接来店出来るからといって北海道などから申し込みをすると、「総合的判断」という形で申し込みを断られる可能性が非常に高いので注意が必要です。

どうしても遠方から申し込みをしたい場合には、当サイトでも提示している全国即日融資対応のカードローンに申し込みをすることも検討してみましょう。

参考: おすすめの銀行カードローン

大正銀行カードローン大正カードローンは即日融資可能?

こちらのカードローンは公式サイトでは「最短即日審査結果回答」という表現に留まっていますが、繁忙期や審査が難航している場合を除き最短即日の融資にも対応しています。

即日融資を希望する場合はまず同行に既に普通預金口座を開設している事が条件となっています。

その上で平日の朝9時ジャストまでにインターネット経由で申し込みを完了させるか、同じ9時ジャストに受付センターに電話をかけて「即日融資を希望しているので急いで申し込みをしたいのですが」と伝える事が第一歩となります。

その後、審査結果判明後に速やかに直接来店出来ることも条件となりますので午前中から午後3時頃までのスケジュールは空けておくことが必要です。

大正銀行カードローンの審査の流れと必要書類

では、実際に大正カードローンに申し込みを行うにはどのような方法があるのでしょうか。

今回は「大正銀行の店舗が家の近くにあるので、出来る限り早く融資を受けたい」という前提のもとでの具体的な審査の流れを紹介します。

申し込み方法

こちらの商品はインターネット・電話・FAXから申し込み可能となっています。

インターネットから申込の場合

1.公式サイトの申込画面から「カードローン仮審査申込」に進み、大正銀行が提示する個人情報の取扱方針に同意し、申し込みフォームを表示させる。

2.申し込みフォームでは住所や氏名・希望する連絡先、家族の構成や勤務先の情報、他の金融機関からの借入情報や他の銀行での定期預金などの資産状況を入力して申し込みを完了させる。(※ここまでで約20分程度)

3.大正銀行・保証会社側で、仮審査を行う。また、この時までに勤務先への在籍確認の電話が行われる。(※仮審査の所要時間は最短2時間程度)

4.大正銀行から仮審査結果に関する電話が着信する。

5.仮審査に通過していた場合は続いて最寄りの店舗への来店での本申込・契約を要請されるので、出来る限り早い日時と実際に足を運ぶ最寄りの店舗を指定し、予約を行う。

6.来店で本申込・契約を行ったあと、大正銀行側で本審査を行う。(※最短2時間程度)

7.本審査に通過して契約に不備が無ければ、最終手続きが行われる。

8.最終手続完了後、本人あてにローンカードが郵送されて契約完了。その時から大正銀行本支店のATMや全国の提携金融機関ATMで融資金が引き出し可能。急ぎの場合は同行口座に融資金がその場で振り込まれる。

電話で申込の場合

1.0120-922-221に電話をかけ、「急ぎで大正カードローンに申し込みをしたい。可能であれば即日融資もお願いします」と告げる。

2.オペレーターさんの案内で申込者に関する質問に答え、一旦電話を切って仮審査を待つ。

3.大正銀行・保証会社側で仮審査を行う。

※これ以降の流れはインターネット申込の場合と同じ。

必要書類

必要書類は本人確認書類(各種健康保険証・運転免許証・パスポートなどの顔写真付き身分証明書など)と、金融機関の届け印が最低限必要となります。

審査の結果として必要だと判断された場合や希望している融資額が大きい場合など状況によっては収入を証明する書類などが別途必要となるケースもあります。

必要な際にはすぐに用意できるよう、準備をしておきましょう。

在籍確認はある?

在籍確認は通常、仮審査の最後の段階で最低1回、その他必要に応じて何度か行われることになります。

在籍確認の電話は原則として保証会社側で行うことになっていますが、銀行側で必要と判断した場合には、直接銀行からもう一度電話で在籍を確認します。

即日融資を狙うなら在籍確認の時間にも注意

大正カードローンは、上記の様に申込者側が速やかに行動する努力をすることで最短即日融資も可能となっていますが、その手続きをスムーズに進めるためには在籍確認の時間にも注意をしたいところです。

大正カードローンで即日融資を希望する場合は出来る限り平日朝9時の段階で申し込みを完了し、「即日融資希望」であることを伝え、いち早く審査に着手してもらうことが重要です。

そういった理由から、インターネットの場合は9時までに申込みを済ませ、その後すぐにコールセンターに電話して「今しがたインターネットから申し込んだ●●と言いますが、急ぎなので申し込みがちゃんとそちらに届いているか、また不備などが無いかの確認でお電話しました」と伝えるという「あわせ技」も非常に有効です。

同様に電話の場合は朝9時ジャストに電話をかけ、急ぎであることを伝えながら申込みを行うことが重要です。

こうした努力の結果、通常は審査側も急いでくれますので在籍確認も申し込みを受けてから約30分から1時間後の「朝9時台後半から10時頃まで」に急ぎで行われることになります。

この時までに通常通り勤務先の電話が繋がり人が出られるような状態になっていれば何の問題もありませんが、朝10時開店の場合やそれ以降の時間に始業するタイプの勤務先の場合は9時台に電話が来ても営業時間外アナウンスや留守番電話などで、そもそもその電話を取れないケースが考えられます。

この場合は平日の朝9時台に確実に勤務先に電話が繋がって人が出られることを確認しておくことがポイントとなります。

万が一9時台に電話に出られる人が誰も居ない・もしくは電話がそもそも始業前には繋がらないような設定になっているなどの場合は事前にオペレーターさんにその事情を説明する事が第一です。

何も言わなければ在籍確認が取れずに審査がどんどん後回しになることも考えられますし、最悪の場合は在籍確認不可ということで審査に悪影響が出る可能性すら考えられます。

しかし、誠心誠意申し込みの際に受け答えが出来ていて審査にも特にこれと言って問題がない場合は、こうした事情を話すことで在籍確認を一番後回しにして先に他の部分の審査を進めてくれるケースもあります。

その場合は申告した始業時間以降に在籍確認の電話が入ることになり、確認が完了した段階で審査結果が出る事になります。

まとめ

大正銀行のカードローンは限度額最大1000万円、利率3.0%から14.5%という銀行系カードローンにしか実現できない水準の貸付条件を持っていながら最短即日審査回答・即日融資にも対応しているという優等生のカードローンです。

ただし、申込みには同行の口座を持っているのが条件になるため、同行に口座がない場合で即日融資希望の場合は、即日融資可能なおすすめ銀行カードローンを参考にしてください。

公式サイトへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加