栃木銀行カードローンの即日融資の可否や特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

栃木県に本店を構え、近隣の各都県に支店を展開し営業しているのが栃木銀行です。こちらの銀行ではカードローン商品としてとちぎんスマートネクストという商品を提供しています。今回はこちらの商品の限度額や利率、申込方法、そして即日融資の可否について紹介します。

栃木銀行カードローンとちぎんスマートネクストの貸付条件

【申込年齢】20歳から65歳まで
【利用限度額】30万円から500万円
【実質年率】4.0%~14.8%
【審査時間】最短即日仮審査回答
【総量規制】対象外
【保証会社】エム・ユー信用保証株式会社

栃木銀行カードローンとちぎんスマートネクストの特徴

栃木銀行カードローンとちぎんスマートネクストは原則として来店不要で契約することが可能で、利率も最低4.0%からと銀行系カードローンならではの低金利水準を実現しています。

また、銀行系カードローンの中には用途が限定されている商品もある中でこちらのカードローンは資金の使いみちが不問となっていますので、既に他で借り入れているローンの借り換えなど、いわゆる「借り入れの一本化」「おまとめローン」にも活用することが可能となっています。

なお、こちらのカードローンは栃木銀行の営業区域内である栃木県、茨城県、群馬県、埼玉県、東京都に住んでいる、もしくは勤務先がある人のみが申込可能となっています。

栃木銀行カードローンとちぎんスマートネクストは即日融資可能?

ではこちらのカードローンでは、即日でお金を手にすることは出来るのでしょうか?

残念ながら、答えはノーです。

他の地方銀行などでは同じ名前・同じ保証会社の「スマートネクスト」というカードローンを提供しているところもあり、そちらでは最短即日融資が可能となっていますが、栃木銀行で提供しているスマートネクストでは即日融資には対応していませんので注意が必要です。

ただし、即日融資とは行きませんが平均で2営業日程度での契約と融資実行が可能となっています。

こちらのカードローンは仮審査結果自体は平日の15時までに申込を行えば原則即日で回答がありますが、その後郵送・または来店での本審査という二段階審査があることや融資手続きの関係上、申し込みから融資まで早くても2営業日程度の時間がかかってしまいます。

そのため一日でも早く審査を完了させ、融資金を手にするためには仮審査後の手続きを郵送ではなく来店とし、可能な限り速やかに来店申込をしたり、そもそもの申込書類などに誤りが無い様、何度もチェックして提出するなどの「ひと手間」がとても重要です。

なお、通常は来店であっても契約完了後に郵送されてくるローンカードが到着するまで融資を受けることは出来ないようになっていますが、こちらの銀行の場合は来店時に全ての契約が完了すればその場で融資金を手にすることもできます。

急ぎの場合は仮審査通過の段階で一度、オペレーターさんにそのことを説明して対応してもらうようにしましょう。

栃木銀行カードローンの審査の流れと必要書類

では、こちらのスマートネクストに実際に申し込みを行うにはどういった方法があるのでしょうか。

今回は「出来る限り早く融資を受けたい」という前提に立ってそれぞれの商品の具体的な審査の流れを紹介します。

申し込み方法

申し込みは全て仮審査申込からとなっており、インターネット・電話、FAX、郵送から申し込みが可能となっています。

インターネットから申込の場合

1.公式サイトの申込画面で「インターネット仮審査申し込み」を選択し、個人情報の取引方針に同意して申し込みフォームを表示させる。

2.申し込みフォームで申込者の住所氏名・連絡先、家族構成や勤務先の情報を入力して申し込みを完了させる。(※ここまでで約10分程度)

3.栃木銀行・保証会社側で審査を行う。(※所要時間は最短で3時間から1営業日程度)

4.栃木銀行から審査結果に関する電話が着信する。

5.仮審査に通過していた場合は書類の郵送もしくは来店での本申込を要請される。来店の場合は日時と実際に足を運ぶ店舗を指定し、予約を行う。

6.来店または郵送で本申込を行った後、銀行側で本審査を行う。(※通常1時間から2時間程度)

7.本審査に通過して契約に不備が無ければ、最終手続きが行われる。

8.最終手続完了後、ローンカードが郵送されて契約完了。その時から銀行本支店のATMや提携金融機関のATMで融資金が引き出し可能。急ぎの場合は事前に担当者へその旨を伝えておくと、来店での契約完了時にその場で融資金を手にすることも可能。

電話で申込の場合

※インターネットから「簡易審査申込」を選択した場合は受付センターから電話が来るので、2からスタート

1.0120-671-608に電話をかけ、「スマートネクストに申し込みをしたい」と告げる。

2.オペレーターさんの指示に従って申し込みに必要な情報について質問に答え、一旦電話を切って仮審査を待つ。

3.栃木銀行・保証会社側で仮審査を行う。

※これ以降の流れはインターネット申込の場合と同じ。

FAX・郵送で申込の場合

1. 本支店のATMなどに備え付けの仮審査申込書に記入し、FAXの場合は0120-252-679へFAX送付し、郵送の場合は申込書に記載の住所へ郵送する。

※これ以降の流れはインターネット申込の場合と同じ。

必要書類

必要書類は本人確認書類として運転免許証や健康保険証、パスポートなどが挙げられます。

また、審査の状況によっては収入証明書類の提出が必要な場合もありますので事前に準備しておくと尚良いでしょう。

在籍確認はある?

とちぎんスマートネクストに申し込んだ場合、在籍確認は必ず勤務先に対して行われることになります。

原則的には仮審査の段階で保証会社側からまず勤務先に電話をかけ、本人が在籍していることが分かれば在籍確認は完了です。

ただし、仮審査から本審査までに2週間以上の時間が空いてしまった場合や銀行側で再度在籍確認をする必要があると判断した場合などは再度、今度は銀行側から在籍確認の電話が入るケースもあります。

とちぎんスマートネクストの本審査の際の注意点は?

栃木銀行カードローンでは、最初の仮審査に通過した後は再度来店などで本審査を受けることになっています。

通常であれば仮審査に通過している時点である程度の信用調査が完了しているわけですから、本審査で落ちてしまうというのは申込者側からしたら納得がいかない部分もあるかもしれません。

事実、本審査に落ちてしまった場合はその理由などを教えてはもらえませんので余計に気になってしまいます。

実はこの本審査で落ちてしまうというケースで一番多いのが、「仮審査時と本審査時で申込情報が異なる」というパターンです。

本審査はあくまでも、仮審査に合格した情報を前提に行うものですから、当然仮審査と本審査で情報に違いがあってはいけません。

極端な話、仮審査の時には年収500万円と申告していたのに実際に本審査に通してみたら年収は300万円しかありませんでしたというケースや、正社員として仮審査に通過していたのに本審査でフタを開けてみたら派遣社員でしたというケースの場合がこれに該当します。

こういった虚偽の情報は本審査の段階で必ずバレてしまいます。

正社員かどうかに関しては在籍確認の電話でも判明しにくいので一見わからないのでは?と思いがちですが、収入証明書類などの細かい数値を見ると実際はどういった勤務形態かわかるようになっているのです。

また、ここまで極端ではなくとも仮申込みと本申込で申告した電話番号が違っていたり、勤務年数が違ったりするなど小さな間違いでも場合によっては問答無用で本審査に落ちてしまうケースがあります。

事実、こちらのカードローンでは仮審査と本審査で申し込み内容に相違があった場合は申し込みを断る、もしくは申し込み自体を無かったものとして取り扱う傾向にありますので、申し込みには正確な情報を記入することが大切です。

このようなもったいない審査落ちを回避するためにも、仮審査と本審査では必ず同じ情報を申告するようにしましょう。

まとめ

このように栃木銀行では、銀行系カードローンの中では比較的審査スピードが早く借り入れた資金の用途も不問という性能を持ったとちぎんスマートネクストというカードローンを提供しています。

即日融資は不可能ですが、申し込み自体はインターネット、電話、郵送など幅広い方法でアプローチすることが可能となっており簡単に申し込めます。

栃木県、茨城県、群馬県、埼玉県、東京都を生活の拠点にしていて時間的余裕がある人は申し込みの検討リストに入れておくと良いでしょう。

公式サイトへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加