トマト銀行カードローンの即日融資の条件や審査スピード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

岡山県に本店を構え、広島県、兵庫県、大阪府、東京都に支店を展開して営業しているのがトマト銀行です。

こちらの銀行ではカードローン商品としてQ-Li「キューリ」、WEB完結ローンスマト(カードローン)、トマト・カードローンMAX、トマト・はなまるポケットカードローン300、スピード王、トマト・サンクスカードローンの6つのカードローンを提供しています。

今回はそれぞれのカードローン商品に設定されている限度額やその利率、申し込みから融資実行までの流れ、そして「即日融資の可否」について紹介します。

トマト銀行カードローンQ-Li「キューリ」の貸付条件

【申込年齢】20歳から68歳まで
【利用限度額】10万円から1000万円
【実質年率】3.0%~14.5%
【審査時間】最短2営業日
【総量規制】対象外
【保証会社】SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

トマト銀行カードローンQ-Li「キューリ」の特徴

こちらのカードローンは限度額が最大1000万円という大口のカードローン商品となっており、借り入れた資金の使いみちは自由となっています。そのため日常のちょっとした生活資金から大きな買い物の資金まで幅広い用途に借り入れた資金を活用することが出来ます。

また専業主婦の人でも申し込みは可能となっており、その申し込みも全国対応しています。

トマト銀行WEB完結ローンスマト(カードローン)の貸付条件

【申込年齢】20歳から68歳まで
【利用限度額】10万円から300万円
【実質年率】4.8%~13.8%
【審査時間】最短2営業日程度
【総量規制】対象外
【保証会社】株式会社オリエントコーポレーション

トマト銀行WEB完結ローンスマト(カードローン)の特徴

こちらのカードローンは既に同行に口座を持っている人限定の商品となっており、手持ちのキャッシュカードがそのままローンカードになるという利点を持っています。

さらに申し込みから契約までは来店・郵送不要のインターネット完結で行うことができ、収入証明書類も不要なため非常にスムーズに申し込みから契約までを行うことが可能となっています。

トマト銀行トマト・カードローンMAXの貸付条件

【申込年齢】20歳から60歳まで
【利用限度額】100万円から500万円
【実質年率】5.5%~12.5%
【審査時間】2週間程度
【総量規制】対象外
【保証会社】四国総合信用株式会社、株式会社オリエントコーポレーション

トマト銀行トマト・カードローンMAXの特徴

こちらのカードローンは申し込みに地域・収入などによる条件が別途設定されている商品となっており、更に申し込みは東京・大阪を除く同行の本支店近隣に住んでいるか勤務先がある人からのみ受け付けています。

トマト銀行トマト・カードローンMAXの追加貸付条件

  • 前年度年収が200万円以上ある正社員または自営業者であること
  • 勤続または営業年数3年以上で居住年数が2年以上であること(※ただし同行住宅ローン契約がある場合は居住年数については免除)
  • 申し込み時点で同行の別のローンなどに延滞の無いこと

トマト銀行トマト・はなまるポケットカードローン300の貸付条件

【申込年齢】20歳から73歳まで
【利用限度額】10万円から300万円
【実質年率】9.0%~14.5%
【審査時間】2週間程度
【総量規制】対象外
【保証会社】SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

トマト銀行トマト・はなまるポケットカードローン300の特徴

こちらの商品は本人または配偶者に安定した収入があればパート・アルバイト・専業主婦・年金受給者の人でも申込可能となっています。

利率・限度額ともに銀行系カードローンの平均値とも言うべき設定がなされているため、比較的幅広い目的で借り入れた資金を利用することが出来ます。

ただし申し込みは東京・大阪を除く同行の本支店近隣に住んでいるか勤務先がある人からのみ受け付けています。

トマト銀行カードローンスピード王の貸付条件

【申込年齢】20歳から68歳まで
【利用限度額】10万円から300万円
【実質年率】12.0%~14.5%
【審査時間】最短即日
【総量規制】対象外
【保証会社】新生フィナンシャル株式会社

トマト銀行カードローンスピード王の特徴

こちらの商品は他の地方銀行などでも提供されている同名カードローン「スピード王」のトマト銀行版となっており、同行のカードローンの中で唯一即日融資に対応している商品となっています。

資金の使いみちは原則自由、さらに申し込みは専業主婦の人や年金受給者、自営業者の人でも可能となっています。

ただしインターネットからの申し込みは岡山県内に住んでいる、もしくは勤務先がある人のみで他の申し込み方法においては東京・大阪を除く同行の本支店近隣に住んでいるか勤務先がある人からのみ受け付けています。

トマト銀行トマト・サンクスカードローンの貸付条件

【申込年齢】20歳から64歳まで
【利用限度額】30万円から300万円
【実質年率】6.8%~7.8%
【審査時間】最短即日
【総量規制】対象外
【保証会社】オリックス・クレジット株式会社

トマト銀行トマト・サンクスカードローンの特徴

こちらの商品は同行に給与振込口座を設定していたり、住宅ローンでの取引があるなど一定の取引基準を満たし、安定した収入が本人にある人であれば申込可能な商品となっており、その最大の特徴は何と言っても驚異の7%台という利率です。

一般的な銀行系カードローンと比較してもかなり低い水準の金利となっており、中長期的な借り入れを検討している人にはおすすめのカードローンです。

なお、申し込みは東京・大阪を除く同行の本支店近隣に住んでいるか勤務先がある人からのみ受け付けています。

トマト銀行カードローンは即日融資可能?

トマト銀行のカードローンは「スピード王」のみ、即日融資に対応しています。

即日融資を受けるためには平日の午前10時までにインターネット・電話、FAXなどで申し込みを済ませ、当日の14時までに必要書類を持参の上最寄りの店舗に来店することが求められます。

時間内に来店での本申込・本契約まで進めることが出来れば、契約完了後にその場で融資金を手にすることが可能となっています。

その他のカードローンは仮審査・本審査の2段階審査を採用しているため申し込みから融資実行までは通常2週間程度の時間が必要です。

そのため事実上即日融資には非対応となっていますので、時間的に余裕のある時に申し込んでおくことが大切です。

トマト銀行カードローンの審査の流れと必要書類

このように6種類のカードローンが提供されているトマト銀行ですが、実際に申し込みを行うにはどういった方法があるのでしょうか。

今回は「急な入用に対応するため出来る限り早く融資を受けたい」という想定のもと、それぞれの商品の具体的な審査の流れを紹介します。

トマト銀行カードローンQ-Li「キューリ」、トマト・カードローンMAX、トマト・はなまるポケットローン300、スピード王、トマト・サンクスカードローンの場合

こちらの商品は主にインターネット、電話、FAXなどで申込可能です。

インターネットから申込の場合

1.公式サイトの申込画面で保証会社・銀行が提示する個人情報の取扱方針に同意し、申し込みフォームを表示させる。

2.申し込みフォームで申込者の住所氏名・希望する連絡先、家族構成や勤め先の情報、他の金融機関からのローン借入情報や他の銀行での定期預金などの資産に関する状況を入力して申し込みを完了させる。(※ここまでで約20分程度)

3.トマト銀行・保証会社側で、仮審査を行う。また、この時までに勤務先への在籍確認の電話が行われる。(※仮審査の所要時間は最短2営業日程度、スピード王の場合は最短2時間程度)

4.トマト銀行から仮審査結果に関する電話が着信する。

5.仮審査に通過していた場合はその後の手続きを郵送、もしくは来店で完了することを要請される。来店の場合は希望の日時と実際に足を運ぶ最寄りの店舗を指定し、予約を行う。

6.郵送もしくは来店で本申込を行ったあと、銀行側で本審査を行う。(※通常3営業日程度、スピード王の場合は最短2時間程度)

7.本審査に通過してここまでの段階で契約に特段の不備が無ければ、最終手続きが行われる。

8.最終手続完了後、1週間程度でローンカードが郵送されて契約完了。その時からトマト銀行本支店のATMや全国の提携金融機関のATMで融資金が引き出し可能。スピード王の場合はローンカード到着前に振込融資可能。

電話で申込の場合

(※サンクスカードローンは除く)

1.0120-101-865(キューリの場合は0120-05-1010)に電話をかけ、希望の商品に申し込みをしたいと告げる。

2.案内に沿って申し込みに必要な情報について答え、一旦電話を切って仮審査を待つ。

3.トマト銀行・保証会社側で仮審査を行う。

※これ以降の流れはインターネット申込の場合と同じ。

FAX・郵送で申込の場合

1.公式サイトから仮審査申込書をプリントアウトし、必要事項を記入する。

2.FAXの場合は0120-777-114にFAX送付し、郵送の場合は岡山市の同行担当部署へ郵送する。

※書類の到着後の流れはインターネット申込の場合と同じ。

トマト銀行WEB完結ローンスマトの場合

こちらの商品はインターネットで申込可能です。

インターネットから申込の場合

1.公式サイトの申込画面で保証会社側・銀行から提示されている個人情報の取扱方針に同意し、申し込みフォームを表示させる。

2.申し込みフォームで申込者の住所氏名・希望する連絡先、家族の構成や勤め先に関する情報、他の金融機関からのローン借入情報や他の銀行での定期預金などの資産に関する状況を入力して申し込みを完了させる。(※ここまでで約20分程度)

3.トマト銀行・保証会社側で、仮審査を行う。また、この時までに勤務先への在籍確認の電話が行われる。(※仮審査の所要時間は最短2営業日程度)

4.トマト銀行から仮審査結果に関するメールが着信する。

5.仮審査に通過していた場合は本人確認書類の画像をアップロードする。

6.トマト銀行から申込確認の電話が着信するので、応答する。

7.その後最終手続きの案内メールが届くので速やかに契約内容に同意をする。契約に不備が無ければ、最終手続きが行われる。

8.最終手続完了後、2営業日程度で手持ちのキャッシュカードにローンカード機能が付加されて契約完了。その時からトマト銀行本支店のATMや全国の提携金融機関のATMで融資金が引き出し可能。

必要書類

必要書類は本人確認書類(運転免許証・パスポートなどの顔写真付き身分証明書)と金融機関の届け印などが必要となります。

また、審査の結果個別に必要だと判断された場合や希望している融資額によっては収入証明書類が別途必要となるケースもあります。

必要な際にはすぐに提出できるよう、準備をしておきましょう。

在籍確認はある?

在籍確認は通常、仮審査の最後の段階で最低1回、その他必要に応じて何度か行われることになります。

在籍確認の電話は原則として保証会社側で行うことになっていますが、銀行側で必要と判断した場合には、直接銀行からもう一度電話で在籍を確認します。

トマト銀行スピード王で即日融資を受ける時は在籍確認の時間に注意

こちらの商品は即日融資に対応しており短時間で契約可能ですが、即日融資を受けるにはその在籍確認の電話がかかってくる時間に特に注意が必要です。

平日の朝9時の段階で申し込みを完了し、即日融資希望であることを伝えると通常は審査側も手続きを急いでくれます。

そのため在籍確認も朝9時台後半から10時頃までに行われるのが通例となっています。

この時までに勤務先の電話が通常通り繋がるような状態になっていれば何の問題もありませんが、朝10時開店やそれ以降の時間に始業するといった勤務先の場合は9時台に電話が来ても留守番電話や営業時間外アナウンスなどでそもそも電話を取れないケースが考えられます。

そこで朝一番に申し込みをする際には、朝9時台に間違いなく勤務先に電話が繋がること、そして誰かしら電話に出られる事を確認しておくことが重要です。

もしも9時台に電話が繋がらないようになっているなどの場合は事前にオペレーターさんにその事情を説明する事が大事です。

申し込みの際に受け答えが出来ていて審査にも問題がない場合は、在籍確認を後回しにして先に他の部分の審査を進めてくれるケースがあります。

その場合は申告した始業時間以降に在籍確認の電話が入ることになり、確認が完了した時点で審査結果が出る事になります。

まとめ

トマト銀行のカードローンは地方銀行には珍しく、複数の商品で全国エリアからの申し込みに対応しています。また専業主婦や年金受給者からの申し込みに対応している商品も多いため、比較的幅広い層からの申し込みを受け付けています。

即日融資ご希望の方はトマト・カードローンスピード王が当日の融資に対応しているのでそちらを利用しましょう。

公式サイトへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加