東北銀行カードローンで即日融資はできるのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東北地方を拠点に営業している東北銀行ですが、こちらではinos(イーノス)というカードローン商品を提供しています。

年率4.8%から最大でも14%という銀行系カードローンならではの利率水準でありながら、審査結果は最短即日回答というスピード感をも持ち合わせています。

今回はこのイーノスの審査条件や即日で融資を受けられるのか?といった点を中心に紹介します。

東北銀行カードローンinos(イーノス)の貸付条件

【申込年齢】20歳から65歳まで
【利用限度額】10万円〜500万円
【実質年率】年4.8%〜14.0%
【審査時間】最短当日回答
【総量規制】対象外
【保証会社】SMBCコンシューマーファイナンス株式会社、株式会社東北ジェーシービーカード、株式会社ジェーシービー

東北銀行カードローンイーノスの特徴

東北銀行カードローンイーノスは10万円から500万円まで10万円単位での融資に対応しており、その申込条件も20歳以上65歳までの定期的な収入がある人ということで銀行のカードローンにしては比較的申込の条件が柔軟な事が特徴です。

更には他の銀行系カードローンでは敬遠されがちなパート・アルバイト、専業主婦の人からの申込も受付可能となっており、加えて年金受給者の申込も受付していることから老若男女を問わず安心して申込を行うことが可能となっています。

特に「一定の収入がある人」という条件を課しているローン商品において年金が一定の収入として認められているケースは銀行系はもとより、消費者金融などを見渡しても珍しいケースです。

そのため年金受給者の申込を受け付けているケースは非常に珍しいといえるでしょう。

また借り入れは東北銀行本支店のATMはもちろん、東北銀行が提携している全国のコンビニATMから行うことが可能です。

もちろん、この借り入れ自体は全国どこのコンビニATMでも可能となっています。

他府県に住んでいる場合でも申し込みは可能?

幅広い層からの申込を受け付けている代わりに、こちらのカードローンは申込の条件に「東北銀行の営業区域内にお住まい・勤務先のいずれかがある人」というものがあります。

その為、このカードローンに申込が可能なのは

  • 岩手県
  • 青森県
  • 秋田県
  • 宮城県
  • 東京都

に居住、もしくは勤務先がある人のみとなります。

ただし、この中にある「東京都」については注意が必要です。

東北銀行では東北地方の各店舗の他に、東京支店を開設しています。

そのため、東京都も一応は東北銀行の営業区域内となり、東京都にお住まいもしくは勤務先がある場合はローンの申込自体は可能になっています。

しかし申込者が東北地方や、特に本店がある岩手県に全く縁もゆかりもない様な場合は銀行の融資担当者に一種の警戒心を与えてしまい、申込の際に銀行側から申し込んだ経緯の説明を求められるケースがあります。

確かに申込条件さえクリアしていて、機械的な個人信用情報に問題がなければ審査にも通過しやすいのも事実ですが、最終的に審査を決定するのが人間だということもまた、事実です。

そのため東京支店に申込をする場合は出来る限り「なぜ他ではなく、東北銀行に申込をしているのか」を明確に説明出来るようにしておくことが大切です。

東北銀行カードローンは即日融資可能?

では東北銀行カードローンイーノスでは、即日でお金を手にすることは出来るのでしょうか?

残念ながら、答えはノーです。

ただし、即日融資とは行きませんが平均で4営業日程度での契約と融資実行が可能となっています。

こちらのカードローンはインターネットから行う事前審査と来店での本審査という二段階の審査があることや融資手続きの関係上、申し込みから融資まで早くても4営業日程度の時間がかかってしまいます。

審査結果自体は平日の15時までに申込を行えば原則即日で回答がありますが、そこから更に来店での正式な申し込み・契約作業が必須となっています。

そのため一日でも早く審査を完了させ、融資金を手にするためには事前審査後に来店を求められた場合に可能な限り速やかに来店して申込をしたり、そもそもの申込書類などに誤りが無い様、何度もチェックして提出するなどの「ひと手間」がとても重要です。

その具体的な方法を含め、次で審査の流れや必要書類を紹介します。

東北銀行カードローンイーノスの審査の流れと必要書類

東北銀行カードローンイーノスの申込はインターネットからの申込がメインとなっています。

また、審査完了後には来店での本審査と契約が必須なため、インターネットでの申込はあくまで「事前審査申込」となっています。

今回は「出来る限り早く融資を受けたい」という前提で申し込んだ場合の流れを見てみましょう。

インターネットでの申し込みの場合

1.東北銀行カードローンイーノスの公式サイトから、「Webで今すぐお申込み」へ進み、お申込みフォームを表示させる

2.最初に申込種別をカードローン、初めての申込の場合は「新規」と指定し、借入希望金額や希望の返済期間、その他申込者の情報を入力して申込を完了させる。(※ここまでで約20分程度)

3.東北銀行・保証会社によって一次審査が行われる。(※一次審査はおよそ2時間程度)

4.審査結果の電話連絡で一次審査に通過していた場合は、来店での手続きとなる。電話の際に来店すべき支店の指示があるので、その銀行に来店する。

5.実際に来店し、正式な申込を行う。(※来店での正式な申込の所要時間は1時間程度が目安)

6.東北銀行側で正式な本審査が行われる。(※本審査は1営業日から2営業日程度)

7.本審査に通過した場合はそこで契約完了。ローンカードが後日郵送されてくるので、カード受け取り後はコンビニATMなどで融資金を引き出して融資開始。

必要書類

必要書類は運転免許証・パスポートなどの顔写真付きの本人確認書類と印鑑で、来店の際に必要となります。

また、限度額が300万円超の場合はこれに加えて所得確認書類が必要となります。

この場合は源泉徴収票や住民税の税額決定通知書などを用意することになりますが、どうしても難しい場合は担当者と相談の上、給与明細やボーナスの明細などを複数用意する方法もあります。

在籍確認はある?

こちらのカードローンでも、在籍確認は存在します。

更に、通常は申込を行った銀行からの一度の電話で済む在籍確認ですが、こちらのカードローンでは複数の保証会社が存在するため多い場合は全ての保証会社と銀行から在籍確認の電話が入るケースもあります。

出来る限り在籍確認の電話回数は少なくなるように調整してくれますが、それでも勤務先には複数回、申込者あての電話が入る可能性が大ですので勤務先には事前に「クレジットカードを作ったから銀行から電話が来るかも」などと伝えておいた方が良いかもしれませんね。

保証会社は3社のうち1社

申込の際には銀行本体の他に、保証会社にも同時に「私の保証人になってください」という趣旨の審査の依頼を行いますが、こちらのカードローンの場合は

  • SMBCコンシューマーファイナンス株式会社(プロミスの母体)
  • 株式会社東北ジェーシービーカード(JCBカードの系列)
  • 株式会社ジェーシービー(JCBカードの母体)

の3社に同時に審査を申し込むことになります。

一見、「全ての保証会社の審査に通らなければならない厳しいローン」に見えますが実はそうではありません。

これは全ての会社の保証を受けるということではなく、同時に審査を受けた結果「一番申込者にとって相性の良い会社」と保証契約を結ぶために3社同時申込となっています

今回の場合だと、

「JCBは自社系列のクレジットカードで過去に延滞がある等で保証が降りなかったけど、SMBCコンシューマーファイナンスではネガティブな情報が無いので保証が降りました」

というケースや、逆のケースがあり得ます。

通常は保証会社が1社のみ用意されていて、そこで保証審査に落ちてしまうと本体の審査にも通らないのが通例な中で親切なサービスと言えるでしょう。

まとめ

このように申込には地域制限があるものの、審査の面や利率の面などで非常に顧客想いなのが東北銀行のカードローン、イーノスです。

即日融資は難しいですが、融資に数日かかっても構わないという方で、対象地域にお住まいの場合はぜひ検討したいカードローンの一つでしょう。

公式サイトへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加