山形銀行カードローンの即日融資の条件とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

山形県を拠点に主に東北地方で店舗を展開している地方銀行、山形銀行。こちらの銀行では「山形銀行カードローン」というカードローン商品を提供しています。今回はこのカードローンについて貸付条件や申し込みの流れ、そして即日融資の可否について紹介します。

山形銀行カードローンの貸付条件

【申込年齢】20歳から69歳まで
【利用限度額】10万円から500万円まで
【実質年率】4.5%~14.6%
【審査時間】最短2時間程度
【総量規制】対象外
【保証会社】アコム株式会社

山形銀行カードローンの特徴

山形銀行カードローンは申し込みから契約まで全てをインターネットで完結可能なWEB完結型契約が選べるため、非常にスピーディーな申し込みと審査が可能になっています。

また銀行系カードローンでは職業や勤続年数、それに年収などに条件が設定されている事が往々にしてありますが、山形銀行カードローンではパート・アルバイトの人はもちろん、専業主婦の人でも問題なく申し込みが可能になっています。

更に用途も不問なため、借り入れた資金はレジャー費用から冠婚葬祭にかかる費用、他社での借り換えなど幅広い用途に利用できるのが嬉しい特徴です。

なお、このカードローンは貸付対象が山形銀行の営業区域内に住んでいる人のみとなっていますので、申し込みが可能なのは

山形県、宮城県、秋田県、福島県、栃木県、埼玉県、東京都に住んでいる人のみになります。

また「上記には住んでいないけど勤務先が上記に該当する」という人は審査の対象外になりますので、注意が必要です。

山形銀行カードローンは即日融資可能?

山形銀行に既に普通預金口座を開設していてキャッシュカードを持っている場合は、WEB完結型の即日振込融資が可能です。

この場合は振込融資が先行する形になりますが後日、自宅にローンカードが郵送されてくる事となります。

更に、通常こういった即日融資対応の銀行系カードローンは自行での口座開設が完了していなければ即日融資には対応してもらえないのが通例となっている中で、こちらのカードローンは山形銀行に口座を持っていなくても即日融資が可能な商品となっています。

ただし、口座を持っていない場合はWEB完結とは行かず、仮審査と本審査の2段階の審査を受けることになっています。

また、即日振込融資を受けるためには平日12時までに契約が完了している必要がありますので、申込者はWEB完結型に比べてかなり時間が限られた中で手続きをする必要があります。

山形銀行カードローンの審査の流れと必要書類

申込み方法

山形銀行カードローンには、インターネットと電話、それに郵送・FAXで申し込む事が可能です。

今回は即日融資を希望しているという前提で、インターネットと電話での申し込みにクローズアップしてそれぞれの審査の流れを見てみましょう。

すでに山形銀行の普通預金口座のキャッシュカードを持っている場合はWEB完結型、口座を持っていない場合は仮審査型での申し込みスタートとなります。

インターネット申込の場合

(※キャッシュカードをすでに持っている場合は0からスタート)

0.公式サイトからWEB完結型申し込みへ進み、すでに持っている口座情報の入力を行う。

1.個人情報取扱方針に同意した上で申し込みフォームに進み、申込者の情報と連絡先、勤務先の情報と連絡先、他社借入状況などの必要事項を記入し、送信する。(※記入の所要時間はおよそ10分から20分程度)

2.山形銀行・保証会社側で審査を行う。(※審査結果到着まで最短で2時間程度)

3.在籍確認後、審査結果に関する電話が来る。

<WEB完結型の場合>
審査に通過していた場合、WEB完結型の場合はそのまま契約完了となるので口座への即日融資を電話で依頼する。
平日昼12時までにこのステップに到達していれば、15時までに口座に融資金が振り込まれてきて利用開始。

<仮審査型の場合のみ4以降に進む>
4.契約書類や本人確認書類の写しをFAXで送付し、正式な申し込みを行う。(※記入とFAXのやり取りで1時間程度)

5.契約に不備がなければ契約完了。WEB完結型同様、電話で即日振込融資を依頼する。平日昼12時までにこのステップに到達していれば、15時までに口座に融資金が振り込まれてきて利用開始。

電話申込の場合

1.平日朝8時以降に0120-387-919に電話をかける

2.オペレーターさんに繋がったら「カードローンの申し込み審査を即日融資希望で受けたい」ということを伝える

3.オペレーターさんの指示に従って住所氏名・勤務先などの質問に答える(※ここまででおよそ20分程度)

4.一旦電話を切って折り返しの審査結果を待つ

5.山形銀行・保証会社側で審査を行う。尚、このタイミングで在籍確認の電話が勤務先に入る。

6.最短で1時間から1時間半程度で、折り返しの電話が入る。仮審査に通過していた場合は速やかにFAXで手続き書類を受け取り、記入の上でFAXで返送する(※所要時間はFAXのやり取りと電話で40分程度)

7.上記6までを平日12時までに完了していれば、当日15時までの振込融資がほぼ確定する。

8.契約に不備が無ければそのまま契約完了となり、融資金が振り込まれてくる。

必要書類

必要書類は下記の通りとなっています。

WEB完結型の場合

なし(口座情報で本人確認を実施)

仮審査型の場合

運転免許証・パスポート、健康保険証のいずれか1点
(※契約時にFAXで写しを送付)

在籍確認はある?

在籍確認は仮審査の段階で必ず1回行われます。

そしてここで特に注意したいのが、在籍確認の電話がかかってくるタイミングです。

山形銀行カードローンは他の金融機関などよりも1時間早く、平日朝8時から受付を開始しています。

そのため即日融資を希望する場合には時間的な余裕がありますが、その反面在籍確認の電話が早い時間に来すぎる可能性があります。

即日融資を希望している場合は朝8時から9時台の申し込みが必須となるため、場合によっては在籍確認の電話が会社の始業前にかかってきてしまい電話での確認が取れないなどのケースもあります。

このため会社の就業時間などにも配慮が必要です。

例えば勤務先が朝10時から始業する場合は、会社の電話回線の設定によっては始業まで電話が着信しないように設定されているケースもあります。

この場合は在籍確認が取れず即日融資はほとんど絶望的になってしまいますので何かしらの対応策が必要です。

もちろん山形銀行に会社の始業時間に合わせて在籍確認をして欲しいと伝えれば電話をかけるタイミングを始業時間以降にしてくれますが、反対に言えば、朝8時台に申込を済ませ、朝9時台の前半に在籍確認の電話を受けることが出来ればそれだけ審査は早くなります。

始業時間が朝10時以降の勤務先の場合は事前に始業前でも会社の電話が鳴るかどうか、そして出られる人が居るか、もし出られる人がいなければ自分で出ることは出来るか、などについても調べておくとよりスムーズな審査を受けることができ、精神的にも余裕が出てきますよ。

まとめ

このように山形銀行では銀行系カードローンならではの低い水準の金利を実現しながら、大手消費者金融にも遜!、色ないスピードで即日融資にも対応しています。

同行口座を持っている方ならば、ぜひ選択肢に入れたいカードローンです。

公式サイトへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加