横浜銀行カードローンの審査の流れと即日融資の条件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

横浜銀行カードローンの貸付条件

【申込年齢】満20歳~69歳未満
【利用限度額】最大1000万円
【実質年率】年1.9~14.6%
【審査時間】最短即日
【総量規制】対象外
【保証会社】SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

※神奈川県内、東京都内、群馬県の前橋市、桐生市、高崎市のいずれかに居住もしくは勤務していることが条件

横浜銀行カードローンのココがお薦め!

  • 金利1.9%~14.6%と銀行系カードローンの中でも低金利
  • 最短で即日審査!即日融資可なので急ぎのご利用時に!
  • 300万円まで原則収入証明不要!
  • 銀行系カードローンなので、総量規制の対象外

横浜銀行カードローンの特徴

ハマギンの愛称で親しまれている横浜銀行ですが、地銀の中では預貯金額、総資産額ともに全国NO1です。地銀の中では圧倒的な資金力を持っており、信頼度は都銀に匹敵するほど。横浜銀行が扱ってるカードローンも限度額1000万円、最低金利1.9%と都銀並みのハイスペック商品で多くの利用者がいます。

メガバンク並みの低金利、余裕のある限度額設定、来店不要で申込できるなど魅力たっぷりのカードローン商品なのですが、1つだけ都銀のカードローン商品と大きく違う点があります。それが居住地や勤務地が限定されていることです。横浜銀行カードローンを申込するには、神奈川県内、東京都内、群馬県の前橋市、桐生市、高崎市のいずれかに居住もしくは勤務してることが条件となってます。

地域の制限があるので申込できる方は限定されてしまいますが、条件をクリアできるのであれば非常に利用価値の高いカードローン商品なのは間違いありませんので、検討してみる価値は十分にあると思います。

横浜銀行カードローンは以下のような方におすすめ

  • 横浜銀行に口座をお持ちの方
  • 即日融資可のカードローンをお探しの方
  • 借り換えやおまとめで低金利のカードローンをお探しの方
  • 月々の返済額を少しでも抑えたい方
  • 総量規制対象外のカードローンを探してる方

月々の最低返済額はわずか2,000円から

横浜銀行のカードローンは返済額の負担が少ないことでも高い評価を得ています。通常カードローンといえば最低返済額は月5,000円ほどに設定されていることが多いのですが、このカードローン商品は10万円以下の借入れ額であれば月々の返済はわずか2,000円~となっています。

そのため例えば5万円借入れしたとしても、月々の最低返済額は2,000円なので、毎月2,000円ずつ返済しておき、ボーナスが出たときに一括返済するという方法もあります。

ちなみにおまとめローンなどで240万円を借入れしたとしても月々の最低返済額は30,000円です。アコムやプロミスで100万円ずつ借入れしている場合の返済額は約3万円/月なので、おおよそ半分程度の返済額に抑えることができる計算になります。

横浜銀行カードローンは即日融資も可能?

横浜銀行カードローンは最短即日融資可となってますので、急な出費でも当日中に借入れするこも可能です。ただし即日での融資をご希望の場合いくつかの条件をクリアしておく必要があります。

  • 横浜銀行に口座をもっている(※1持ってない場合でも条件を満たせば可)
  • 平日13時までに審査に通過しておく
  • 所得証明不要の限度額300万円以下で申込をする

横浜銀行に口座をもってない場合

横浜銀行に口座をもっていることが即日融資を受けるには絶対的に有利なのですが、口座をもっていなくても可能性はゼロではありません。

口座を持ってない場合、朝一番で銀行窓口へ足をはこび、その場で口座の開設をします。
おおよそ1時間程度もあれば口座開設は終わりますので、その後申込をすれば当日融資にも対応できる可能性は高くなります。ただしこの場合はネットではなく窓口でそのままカードローン申込の手続をするようにしてください。詳しいことは下記で解説してます。

横浜銀行カードローンの審査の流れと必要書類

横浜銀行カードローンの申込方法は基本下記の5つの方法があります。

  • インターネットから申込(24時間365日)
  • 電話での申込(平日9時~20時、土日祝9時~17時)
  • 銀行窓口で申込(平日9時~15時)
  • 郵送での申込
  • FAXでの申込(24時間365日)

今回はこの中から需要が多いインターネットによる申込と窓口による申込について解説していきたいと思います。

インターネットによる申込手順

  1. 横浜銀行HPより申込をします
  2. 審査が行われます
  3. 審査結果の電話が掛かってきます
  4. 契約書等、必要書類の提出
  5. ご利用開始(カードが無いので振込み)
  6. カードが郵送で到着

窓口による申込手続(口座を持たない方に推奨)

  1. 朝一で銀行窓口へ向かい口座開設をします
  2. 口座開設が完了したら、そのまま窓口でカードローンの申込をします
  3. 30分~1時間ほどで審査結果がでます
  4. 審査通過後は窓口で必要書類を提出
  5. ご利用開始

※この場合、通常のようにカードを使ってATMでの借入れはできません。カードは手元に届くまで2週間ほどかかります。なので口座開設した際の通帳を使って窓口で借入れを行ってください。これで口座を持ってない人でも当日融資が受けられる可能性があります。

注:横浜銀行のHPをみるとスマホによる口座開設アプリが宣伝されていますのが、この方法で口座開設すると通帳もカードも手元に届くまで最短で2週間以上はかかるので早急に口座開設するケースでは実用的ではありません。

★必要書類
申込みに必要な書類は基本、本人確認ができる身分証明書「運転免許証or健康保険証、パスポート」だけです。
ただし、ご契約額が300万円を超える場合のみ、「収入証明書」が必要となります。
そして新規で口座開設する場合は、銀行お届け印が必要なので、印鑑を持参してください。

年代問わず幅広い世代の方が利用してるカードローン

横浜銀行といえば横浜はもちろん神奈川県在住の方なら多くの方が口座を持っている!と言われるほど、地元密着型の大手地銀です。そのため横浜銀行のカードローンも幅広い年齢層の方に利用されており、男女比では「男性64%、女性36%」、年代別では「20代と30代で約40%、40代が約30%、50代以上でも30%以上」を占めています。

これだけ多くの年代の人に利用されているというのは、それだけ神奈川県民にとって横浜銀行が根付いている証拠でもあり、信頼度という面でも申し分ありません。

小田急線を利用してる人に最適

通勤など日頃から小田急線を利用しているのであれば、ご存知の方も多いと思いますけど全70駅に横浜銀行のATMが設置されています。もちろんコンビニATMからでも借入れや返済が可能ですが、その場合所定の手数料が掛かってしまいます。

そんなときいつも利用している駅に横浜銀行のATMがあれば借入れも返済も楽々済ませることができます。まさに地域密着型のカードローン商品です。

横浜銀行カードローンのまとめ

神奈川県や東京都、群馬県の一部に居住もしくは勤務している方でなければ申込すらできない地域限定のカードローン商品なのですが、まさに地元密着型のカードローンだと言える一枚です。さらに小田急線の全駅に横浜銀行のATMが設置されており、借入れや返済にも便利です。それでいてメガバンクと同等の金利や限度額を設定できるのも、横浜銀行の資金力があればこそです。

即日融資に関しては横浜銀行の口座を持っていることが有利になりますが、窓口などを利用して上手く立ち回れば口座を持っていなくても即日融資を受けられる可能性はあります。神奈川や東京都近郊にお住まいの方でこれからカードローンを検討しようと思っている方にはかなりおすすめできる商品だと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加