キャッシングアローの審査の流れと即日融資できる条件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当記事はすでに複数の金融機関でカードローン(キャッシング)を利用している方、もしくは過去に滞納や債務整理をしていて金融ブラックの方向けに書いております。それらに該当しない場合は、銀行カードローンや大手の消費者金融を利用することをおすすめします。

キャッシングアローの貸付条件

【申込年齢】満20歳~65歳未満
【利用限度額】最大200万円
【実質年率】15.0%〜19.94%
【審査時間】最短45分
【総量規制】対象(一部対象外)
【保証会社】なし

キャッシングアローの特徴

キャッシングアローは、愛知県名古屋市に本社を置く株式会社アローが運営している消費者金融です。

会社設立は平成12年11月と比較的新しい会社ですが、アコムやプロミスのような大手消費者金融を除く、中小消費者金融の中では比較的名の知れた会社です。ただ会社設立当初は不動産業が主体で、貸金業へと本格的に参入したのは平成22年5月となっています。そう考えると、大々的に過払い金問題が社会現象となったのが平成17年くらいだったと思うので、かなり勇気がある決断をしたなと思いますね。

ただ経営はやはりそう楽ではないようで、ネットなどの口コミでは「債務整理者にも積極的に貸し付けている」など、かなり際どい貸付をしているのだと推測することができます。

他のカードローンや消費者金融で融資不可と判断された人たちにも、積極的に貸し付けているのであれば、やはり金利はそれなりに高くなって当然です。キャッシングアローの金利をみても、やはりリスクが高い貸付をしているのかなと思ってしまいます。

金利に注目!

キャッシングアローの金利は「15.0~19.94%」なので、法律の制限いっぱいに限りなく近い金利で融資していることがわかります。銀行カードローンと比べると相当金利は高いですし、アコムやプロミスなどの消費者金融と比較しても高金利に設定されています。

冒頭にも書いておりますが、銀行カードローン、大手の消費者金融でどうしても融資を受けることができないという人の駆け込み寺的な金融業者なので、大手消費者金融に融資申し込みをしてない人は、まずそちらを先に申込みしてみることを強くおすすめします。

カードローン金利の比較一例を載せておきます。

商品
適用利率 借入限度額
消費者金融 キャッシングアロー 15.0~19.94% 1~200万円
消費者金融 アコム 3.0~18.0% 1~800万円
消費者金融 アイフル 4.5~18.0% 最高500万円
消費者金融 ノーローン 4.9~18.0% 1~300万円
消費者金融> フクホー 7.3~18.0% 5~200万円

こうして消費者金融と比べても金利が高いのはひと目でわりますし、同業にあたる中小規模の消費者金融と比べても高い金利設定になっていることがわかります。

つまりあまり名の知れてない中小の消費者金融の中でも、相当切羽詰まった人が利用する業者ということです。

キャッシングアローのココに注目!

ここでは当商品のメリット・デメリットに関係なく、カードローンを選ぶ上で注目しておきたいポイントをピックアップしていきます。

  • 金利は高い
  • 借り換えローンがメイン商品
  • 他社で融資不可の人でも貸付実績あり
  • 一部総量規制の対象外
  • 即日融資にも対応

金利は高い

適用金利15.0~19.94%というのは、やはり相当高いというのが正直な感想です。

繰り返しになりますが、銀行系カードローンやアコムやプロミスのような大手消費者金融で借りることができるのであれば、そちらのカードローンをおすすめします。

ただキャッシングアローでは、過去に債務整理や自己破産をした方にも積極的に貸付を行っていることから考えても、これくらいの金利設定にしなければ割りが合わないということで、これほど高い金利設定にしてあると思います。

銀行カードローンや消費者金融で借りることができる人にしてみれば、高い金利だと思いますが、これくらいの金利でも良いからお金を借りたいという人は大勢いるので、銀行や大手消費者金融で断られてしまった人には重宝するキャッシングローンだと思います。

借り換えローンがメイン商品

カードローンというよりも、基本的には複数の借金を一本化する「おまとめローン」にチカラを入れているイメージが強いです。

もちろん、おまとめローンでなく通常のカードローンのようにキャッシングできるローン商品もあります。ただホームページの印象などからも、キャッシングローンより、おまとめローンにチカラを入れているのかなと強く感じました。

他社で融資不可の人でも貸付実績あり

公式ホームページなどには書かれていませんが、キャッシングアローを利用した人の口コミ情報などをみていると、「債務整理中だけど借り入れできた」とか、「数年前に自己破産したばかりだけど借りることができた」というのを目にするので、やはり過去に債務整理や自己破産をした人にでも、積極的に貸付をしているのは事実だと思います。

自己破産をすると、銀行カードローンはもちろん、アコムやプロミスのような消費者金融でも7年~10年くらいは信用情報に自己破産の履歴が残るので、新たにカードローンやキャッシングローンを利用することはできないと言われています。

しかしキャッシングアローでは、3年前に自己破産をしたという人でも、無事キャッシングできたという報告があるので、過去に金融事故を起こしており、他でお金を借りることができない人は相談してみる価値はあると思います。

一部総量規制の対象外

キャッシングアローは消費者金融の部類に入るので、当然総量規制の対象となります。

ただし「おまとめローン」としてお金を借りる場合は「総量規制の対象とはならない」というルールがあります。ですので、キャッシングアローで「おまとめローン」としてお金を借りるのであれば、すでに年収の3分の1以上の借金があっても融資を受けることができます。

即日融資にも対応

キャッシングアローが即日融資に対応するようになったのは、平成26年くらいからだったと思います。時代の流れがそうなっているので、遅ればせながら対応するようになったのでしょう。

それでも、これまでも臨機応変な営業形態をとってきた会社だけあり、即日融資への対応も早かったと思います。今ではすっかり即日融資も定着しており、新たな顧客獲得のツールとして機能しているように思います。

キャッシングアローで即日融資を受ける方法については、このあとの項目で詳しく解説していきます。

キャッシングアローは怪しい金融業者?評判は?

はじめて公式ホームページを見たひとは、「え!?たったこれだけ?」と驚かれると思います。

アコムやプロミスのように知りたいことが全部ホームページに書かれている訳でもなければ、営業時間すら明記されていないのですから驚かれて当然だと思います。とにかく公式ホームページをみても、本当に基本的な融資限度額や利率くらいしか書かれていません。

どうみても怪しい会社にしか思えないのですが、ネットで口コミ情報などを辿っていくと、必ずしも「怪しい」「胡散臭い」という感じではないことがわかってきました。

設立して5年ほどしかない会社なので、あまり評判や口コミは存在していませんが、やはり多いのは多重債務や遅延、延滞などの金融事故を起こしているけどアローなら貸してくれた!という書き込みが目立ちます。

一応念のために「キャッシング アロー」で検索しても、違法な取立てや法律を無視した高金利での貸しつけ実態は見当たらないので、昔でいうヤミ金とか暴力団を使っての取立てをするような会社ではないようです。

消費者金融アローは大手のプロミスやアコムなどで駄目だった人でも借りられるそうです
口コミ参照:Yahoo知恵袋

消費者金融アローに相談してみてください!
アローに人気が出ている理由は、誰でも審査してもらえるところです!
過去に金融事故のない方はもちろんのこと、事故のある方にも対応しています。
口コミ参照:Yahoo知恵袋

アローローンなら通るかも?
急にお金が必要になった時の心強い味方です。
口コミ参照:Yahoo知恵袋

キャッシングアローは即日融資可能?

結論から申しますと、キャッシングアローは即日融資にも対応してくれます。
名古屋市に拠点を置いている企業なので、愛知県や中部地方のみに対応していると勘違いされがちですが、公式ホームページからWeb申し込みが出来るようになっており、融資対象は日本全国どこからでもOKです。

申し込み方法は「インターネット」、「FAX」、「郵送」の3つがあり、即日融資を希望するのであれば、インターネットかFAXの2択となります。ちなみに電話での申し込みには対応していません。

一番早いのはインターネットによる申し込みだと思います。インターネットであれば必要書類の提出も専用のメール画面から簡単に済ませることができるので、とてもシンプルで簡単です。

キャッシングアローの審査時間は最短45分となっていますが、大手消費者金融とは違い、どうしても限られた人員のなかで審査や融資に対処していると思われるので、審査時間は2時間~3時間くらい掛かると思っていた方が良いと思います。

そのため即日融資を希望するのであれば、銀行営業時間の15時までがタイムリミットとなるので、どんなに遅くても14時までは全ての手続きを完了させておかなければなりません。

ですので、即日融資を希望するのであれば、その当日の午前10時までには申し込み手続きを済ませるようにしましょう。ネットによる申し込みであれば24時間受け付けてくれますので、夜中のうちに申し込みだけ済ませておくことをおすすめします。

インターネットによる申し込み手順などについては、このあとの項目で詳しく解説していきます。

アコムやプロミスは契約完了後に即日融資という流れなのですが、中小規模の消費者金融は自動契約機を持ってないので契約を交わす前に振込み融資を実行し、その後正式な契約手続きをするというのが即日融資のカラクリになっています。ここだけみても、何だか怪しいなと感じるのが一般的な感想だと思いますので、それらを理解したうえで利用するようにしましょう。

土日でも即日融資は可能なのか?

アローでは土日でも融資の申し込みは受け付けていますが、例え審査に通ったとしても振込み融資という形になるので、金融機関が稼動してない土日での即日融資は無理だと思います。

もしジャパンネット銀行や楽天銀行など365日24時間対応の金融機関を持っているのであれば、公式のホームページにもそう書いてあるはずですが、その点については一切なにも書かれていませんので、土日での即日振り込み融資には未対応だと考えるのが無難でしょう。

つまり土曜日に審査申し込みをし、その日の内に審査通過の連絡を受けたとしても、実際に振込み融資が実行されるのは週明けの月曜日になってしまうということです。

キャッシングアローの審査の流れと必要書類

キャッシングアローの公式ホームページをみても、アコムやプロミスのように申し込みの流れなどが詳しく解説されていないので、ここで改めて解説していきたいと思います。

申し込み方法

キャッシングアローの申し込み方法は「インターネット」「FAX」「郵送」の3つから選べます。電話による申し込みは受け付けていません。
今回は一番ポピュラーなインターネットによるWeb申し込みについて、その手順や必要書類を紹介していきます。

  1. 株式会社アローのHPより「ネットでお申し込み」をクリック
  2. 必要事項を入力してください
  3. 一次審査を通過した場合のみ、電話による連絡があります
  4. 在籍確認の電話
  5. HPにある「提出書類専用フォーム」から必要書類を送付します
  6. 最終審査にて融資限度額が決まります
  7. 指定した口座へ振り込み融資が実行されます
  8. 後日自宅に契約書類が届きますので、必要事項を記入し返送してください

必要書類

融資申し込みの際に必要となる書類は以下の2点です。

  1. 本人確認書類(運転免許証、パスポート、保険証のいずれか)
  2. 収入証明書(源泉徴収、給与明細、確定申告書のいずれか)

※他の消費者金融のように「50万円以下は所得証明の提出は必要ありません」とは一切書かれておらず、融資申し込みをするのであれば、所得を証明する書類は必ず提出が必要だと解釈しておくのが良いでしょう。

在籍確認はある?

公式ホームページには在籍確認についての記載はありませんが、口コミ情報などをみていると申し込み確認の電話連絡があった後に、会社への在籍確認の連絡があるようです。

まとめ

情報量が少ない金融会社の商品だけに不安な点はあると思いますが、無茶な取立てや暴力団関係のヤミ金などではないことはわかります。
これは個人的な印象ですが、多重債務や過去の債務整理などが原因で、他の金融会社に融資を断られた人たちの駆け込み寺のような存在の金融会社なのかと思います。

たしかに金利は高いですが、これもちゃんと利息制限法という法律に沿った金利内なので問題はありませんし、多重債務や債務整理の人たちへの融資をしているのであれば、これくらいの金利に設定しなければならないのも理解できます。

よって管理人が出した結論としては、銀行系のカードローンだったり、アコムやプロミスのような大手消費者金融で融資を受けることができるのであれば、キャッシングアローで高い金利を払ってまで借りる必要はありませんが、銀行や消費者金融で借りることができない、もしくは審査に落ちてしまったという人であれば、キャッシングアローで融資のお願いをするのもアリなのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加