ビアイジの特徴は?即日融資する条件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当記事はすでに複数の金融機関でカードローン(キャッシング)を利用している方、もしくは過去に滞納や債務整理をしていて金融ブラックの方向けに書いております。それらに該当しない場合は、銀行カードローンや大手の消費者金融を利用することをおすすめします。

ビアイジの貸付条件

【申込年齢】満20歳~69歳未満
【利用限度額】1万~200万円
【実質年率】12.0% ~ 18.0%
【審査時間】最短30分
【総量規制】対象
【保証会社】なし

ビアイジの特徴

ビアイジは京都府京都市に拠点を置く中堅の消費者金融会社です。中堅の消費者金融では珍しく、全国8ヶ所に支店を持っており、中堅どころの中でもかなり規模が大きい消費者金融会社だといえます。

公式ホームページにも審査最短30分と書かれており、スピードキャッシングには定評があります。即日融資にも対応してもらえるので、急な出費時でも頼りになる業者だと思います。

創業も昭和38年とかなりの老舗です。
京都府に本社があるのですが、その京都には事務本部があるだけで営業している店舗がないのも珍しい形態だと思います。貸金の競争率が高い関西で営業するより、北海道や九州に営業拠点を置いているのが成功の秘訣なのかもしれません。

どういった営業形態だろうと利用者からすれば、全国に8つの支店があるというのは、信用度や利便性という点ではプラスの判断材料になっているのは間違いありません。

金利に注目!

ビアイジの金利は「12.0~18.0%」なので、ちょっと高めかなという印象を受けます。
おまとめローンの扱いがないので、下限金利も多少高めに設定してあるのでしょうが、基本的に初回利用者の新規であれば、適用金利は上限の20.0%になると考えておいた方が良さそうです。

しかし上限金利に関しては18.0%なので、下限金利ほど高いとは感じません。当然銀行カードローンなどと比較すれば凄く高い金利ですが、同じ形態のアコムやプロミスとは同程度の金利なので、これくらいの金利は仕方ないのかなという印象です。

それにアコムやプロミスのような大手で融資を断れた人にも積極的に貸付をしているのでしょうから、これ以上金利を低く設定するのは無理だと思います。返済リスクが高い顧客が多いほど、融資利率は高くなるというのが一般的ですから。

カードローン金利の比較一例を載せておきます。

商品
適用利率 借入限度額
消費者金融 ビアイジ 12.0~18.0% 1~200万円
消費者金融 キャネット 15.0~20.0% 1~300万円
消費者金融 アイフル 4.5~18.0% 最高500万円
消費者金融 ノーローン 4.9~18.0% 1~300万円
消費者金融 キャッシングアロー 15.0~19.94% 1~200万円

ビアイジのココに注目!

ここでは当商品のメリット・デメリットに関係なく、カードローンを選ぶ上で注目しておきたいポイントをピックアップしていきます。

  • 金利が低い
  • 利用できる地域が限定されている
  • 即日融資にも対応
  • 知名度が高い
  • 繰り返しの利用はできない
  • 返済方法が面倒

金利が低い

金利12.0%~18.0%なので、銀行カードローンや大手消費者金融と比較すれば高金利です。

しかし、この手の中小規模の消費者金融のほとんどが、最大金利20.0%と設定しているので、そう考えればビアイジの最大金利18.0%は低金利だと言えます。18.0%といえば大手のアコムやプロミスと同レベルの金利設定なので、50万円以下の借り入れであれば金利の差はほとんどありません。

利用できる地域が限定されている

ビアイジの最大の特徴ともいえるのが、利用できる地域が限定されていることです。
インターネットでの申込にも対応しているのですが、それでも頑なに全国からの申込には対応せず、地域密着型の経営を押し通しています。ビアイジを利用できるのは、以下の地域にお住まいの方に限定されています。

北海道、青森県、岩手県、秋田県、山形県、岡山県、島根県、
広島県、山口県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県

京都に本社があるのに、利用できる地域は九州と北日本というのは何だか違和感がありますね。

ビアイジが自分の住まい対象外という方は全国的に利用できるカードローンもありますので、こちらも参考にしてみて下さい。
》管理人おすすめのカードローンはこちら

即日融資にも対応

このように公式ホームページのキャッシングプランにも、しっかりと「即日振込融資」という項目があります。即日融資を希望するのであれば、必ずこの「即日振込融資」と書かれている項目から申込手続きへと進むようにしてください。

一番確実なのは最寄りの支店へ直接出向き、そこで契約完了することですが、どうしても店舗へ出向くことができない人でも、一定の条件をクリアすることで即日融資を受けることができるようになっています。
詳しくはこの後の「ビアイジは即日融資可能?」の項目で解説していきます。

知名度が高い

事情があり、アコムやプロミスのような大手消費者金融でお金を借りることができない人は大勢います。そういう人たちが利用するのが、中小の消費者金融です。悪く言えば街金です。そういう人たちの中では、ビアイジはかなり名の通った消費者金融会社です。

同じ中小の消費者金融という括りでも、社名は控えますが店舗も持たずに経営している金融業者もいれば、債務整理の弁護士を紹介したり、他の高利貸しを紹介してくる金融業者もいます。

そんな中で支店まで持ち、しっかりとした経営をしているビアイジは信用面でも高い評価を得ているのだと思います。

繰り返しの利用はできない

ビアイジのような小規模消費者金融を利用するときに勘違いしている人が多いのですが、大手消費者金融のアコムやプロミスのように、自分の限度枠以内であれば、いつでも好きなときに繰り返しキャッシングできると思っている人が多いようです。

アコムもビアイジも同じ消費者金融であることは間違いありませんが、ビアイジではアコムなどのように、限度額の枠が決まり、その枠内であればいつでも自由にキャッシングや返済ができるという商品ではありません。

ビアイジの場合、カードローンという括りではなく、フリーローンという括りで融資をするため、一度融資を受けたら、後はその借金を毎月返済していくだけになります。新たにキャッシングしたいときは、またビアイジに融資の申込みをして、審査を受けなければなりません。

ですので、万が一のときのために、いつでもキャッシングできるカードローンを1枚くらい持っておこうという目的で利用するのもではありません。

返済方法が面倒

アコムやプロミスなどであれば、最寄のコンビニATMから手軽に返済することができますし、ネットバンキング対応であれば自宅にいながらスマホ1つで24時間いつでも簡単に返済することができます。

しかしビアイジはコンビニATMはもちろん、銀行ATMも提携してないので、毎月の返済は店頭窓口に持参するか、ビアイジから指定された口座に振り込み入金するしかありません。せめて口座引き落としくらいあれば良いのですが、それもありません。

毎月、決められた日に銀行に出向き、そこから指定された口座へと入金しなければならないのです。毎月のことなので、返済方法は少しでも選択肢が多い業者を利用することをお勧めします。

ビアイジは怪しい金融業者?評判は?

ビアイジは日本貸金業協会にも登録されており、違法な営業をしているヤミ金業者ではありません。

ただ他の中小規模の消費者金融に比べ、過去に遅延や債務整理などがある金融ブラックの人に対しては、なかなか厳しい審査をするという口コミが目立ちます。中小規模の消費者金融の中では、かなり大手に位置している貸金業者なので、貸し付ける人の審査は厳しい方だと思います。

審査が甘いそうです。 借りない事です。危ない、危ない。
口コミ参照:Yahoo知恵袋

その一方で、やはりアコムやプロミスでは審査に落ちてしまったが、ビアイジでは無事審査に通過できたという口コミも少なくありません。
他の中小規模の消費者金融よりは審査は厳しいが、アコムやプロミスのような大手と比べると、比較的審査は柔軟に対応していることがわかります。

金融の審査でJA UFJ 楽天 アコム プロミスの審査が通らなかったのにビアイジの審査は通りました。
口コミ参照:Yahoo知恵袋

またビアイジを騙った悪徳金融業者もいるみたいなので、騙されないように注意してください。

コの業者は携帯電話同士で契約するんですか? 最初は固定電話で連絡などあったのに 書類を送ったあとからは当社の携帯電話とかいって携帯での話なのですが 安心して利用できるところなの?
口コミ参照:Yahoo知恵袋

ビアイジは即日融資可能?

ビアイジは即日融資にも対応している貸金業者です。
一番確実なのは、ビアイジの店舗に直接出向き契約手続きを完了させる方法で、これならスムーズに契約業務が進めば最短30分で融資まで完了してしまいます。

【ビアイジの支店一覧】

  • 札幌支店 札幌市中央区南2条西1丁目
  • 旭川支店 旭川市2条通8丁目
  • 帯広支店 帯広市西2条南10丁目
  • 弘前支店 弘前市大字駅前1丁目
  • 八戸支店 八戸市大字十三日町
  • 秋田支店 秋田市中通2丁目
  • 広島支店 広島市中区鉄砲町
  • 福岡支店 福岡市中央区天神3丁目

即日融資を希望しており、近くに店舗があるのでしたら、直接出向いて契約をすることをおすすめします。しかし、必ずしも近くにお住まいの人ばかりではありませんので、店舗に出向くことが出来ない人向けの即日融資についても説明しておきます。

店舗に出向くことができず、即日融資を希望する場合にはいつくかの条件をクリアしなければなりません。その利用条件は以下の3つです。

  1. 営業地域内に居住していること
  2. 自宅か職場にFAXがあること
  3. 平日14時までに審査が完了していること(ゆうちょ銀行は15時まで)

これら3つの条件をクリアできれば、即日での振込融資にも対応してくれるそうです。

営業地域内に居住していること

北海道、青森県、岩手県、秋田県、山形県、岡山県、島根県、
広島県、山口県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県

これら16都道府県にお住まいの方しか、ビアイジを利用することはできません。

自宅か職場にFAXがあること

本人確認書類や契約前の事前説明書などをFAXにて送受信するので、FAX環境があることが即日融資の条件となります。
正式な契約書類は別途自宅に郵送で届くことになります。

平日14時までに審査が完了していること(ゆうちょ銀行は15時まで)

店舗に出向けない人の即日融資は基本振込みとなるため、金融機関の営業時間に限られてしまいます。
余裕をもって金融機関の営業終了1時間前には全ての申込手続きを完了しているのが望ましいです。

土日でも即日融資は可能なのか?

ビアイジの営業日時は【平日】9:00~18:00 (日・祝日は休み)となっています。
土曜日は営業されているようですが、銀行振り込みができないため、店舗に直接出向き契約手続きができる人に限定されてしまいます。

審査は30分ほどで終わるそうなので、必要書類などに不備がなければ土曜日17時までに店舗に出向けば、即日での融資も可能だと思います。

ビアイジの審査の流れと必要書類

ここではビアイジの審査申込から融資実行までの流れを解説していきたいと思います。
通常の融資申し込みと、即日融資を希望する場合では、申込手順に違いあるので注意してください。

申し込み方法

ビアイジの申し込み方法は「インターネット」「来店」「電話」の3つから選べます。
今回は一番ポピュラーなインターネット申し込みについて、その手順や必要書類を紹介していきます。

  1. ビアイジの公式HPより「今すぐお申込み」をクリックし、「初めてのご利用」を選択
  2. ※即日融資を希望する場合は、「初めてのご利用」ではなく、「即日振込融資」を選択

  3. 必要事項を入力してください
  4. 審査結果はメール、もしくは電話でお知らせ
  5. 契約書などの書類一式が自宅に郵送で届きます
  6. 必要書類に記載し、必要書類を添え返送
  7. 最終審査結果の連絡があります
  8. 振込みにて融資実行

【即日融資を希望する場合の申込手順】

  1. ビアイジの公式HPより「今すぐお申込み」をクリックし、「即日振込融資」を選択
  2. 必要事項を入力してください
  3. 審査結果はメール、もしくは電話でお知らせ
  4. 本人確認書類をFAXで送信
  5. FAXにて「事前説明書」が届きます
  6. 必要書類に記載し、FAXにて返信
  7. 最終審査結果の連絡があります
  8. 振込みにて融資実行
  9. 契約書などの書類一式が自宅に郵送で届きます

ホームページには詳しく書かれていませんが、FAXで送られてくる「事前説明書」と一緒に、「事前融資申込書」などがあるのではないかと思います。
それにサインすることで、仮契約のような状態で即日融資が受けられる仕組みになっているのではないでしょうか。

必要書類

融資申し込みの際に必要となる書類は以下の2点が記載されています。

  1. 本人確認書類(運転免許証、パスポート、保険証のいずれか)
  2. 収入証明書(源泉徴収、給与明細、確定申告書のいずれか)

ホームページに明記はされていませんが、利用限度額が最大200万円までとなっていることからも、融資額50万円を超える場合には収入証明書などの提出を求められると思います。
また他社に借り入れがある場合は、融資額50万円以下でも収入証明の提出を求められることがあります。

在籍確認はある?

公式ホームページには在籍確認についての記載はありませんが、在籍確認はあるという口コミが多く寄せられています。

まとめ

中小規模の消費者金融にしては、金利12.0%~18.0%というのは、上限金利だけみれば大手のプロミスやアコムなどと同程度なので良心的だと思います。

しかしアコムやプロミスのように無利息で利用できるサービスは皆無です。アコムやプロミスよりも審査が通りやすいイメージがありますが、それでも総合的なサービスや利便性を考えれば大手の消費者金融には遠く及びません。

ですので、いくら審査に通りやすいからといって大手のプロミスやアコムで借りることができるのに、わざわざビアイジを選ぶ理由はないと思います。大手の消費者金融に申込をしてみたけど、どうしても審査不可だった場合などに限り、他の中小規模の消費者金融を利用するかはビアイジを利用する方が得をするという内容です。

また中小規模の消費者金融では珍しく、即日の振込融資にも対応してくれるので、急な出費には重宝します。

ただカードローンや大手の消費者金融のように、融資枠を持っていれば、いつでも限度額内で借りたり返済したりができるという商品ではありません。あくまでも1度の融資に限定され、あとは借りたお金を毎月返済していく形のローンだということを覚えておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加