セントラルの即日融資の条件と審査スピード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当記事はすでに複数の金融機関でカードローン(キャッシング)を利用している方、もしくは過去に滞納や債務整理をしていて金融ブラックの方向けに書いております。それらに該当しない場合は、銀行カードローンや大手の消費者金融を利用することをおすすめします。

セントラルの貸付条件

【申込年齢】満20歳~
【利用限度額】1万円~300万円(新規50万円まで)
【実質年率】12.00%~17.95%
【審査時間】最短即日
【総量規制】対象
【保証会社】なし

セントラルの特徴

セントラルの創業は1973年ですので、かなり老舗の消費者金融だということがわかります。
愛媛県に本社を置き、おもに四国を中心に融資業務をおこなっていましたが、2017年を機に大躍進している、今もっとも勢いがある中小の消費者金融でもあります。

躍進の原動力となったのが、2017年2月からサービスを開始した、セブン銀行との業務提携です。これをきっかけにセブンイレブンに設置されているATMでキャッシングや返済ができるようになったのです。一介の中小消費者金融としては異例のビッグニュースとして、貸金業界に激震が走りました。

大手消費者金融のプロミスなどと業務提携をする中小消費者金融はこれまでにもありましたが、プロミスとセブン銀行ではATMの設置数も歴然とした差があります。
セブンイレブンのATMを利用できるというのは、利用者にしてみればすごく大きなメリットであり、それを理由に融資を申込みする人も相当数増えたことが容易に想像できます。

また中小の消費者金融では珍しく、自動契約機を導入していることも、利用者拡大に繋がっている一員だと思います。こうした理由から、今一番目を離せない注目度が高い中小消費者金融だと言えるでしょう。

金利に注目!

セントラルの貸付金利は「4.8~18.0%」なので、中小の消費者金融にしては良心的な金利設定だと思います。

セントラルと同規模の消費者金融であれば、多くの業者が上限金利を法定ぎりぎりの20.0%に設定していることが多く、セントラルの上限金利18.0%というのは、大手消費者金融のアコムやアイフルと同じです。

さらに下限金利が4.8%と5%を下回っているのにも好感が持てます。金利面だけで検討するのであれば、中小規模の消費者金融としては、十分に利用価値があると思います。

カードローン金利の比較一例を載せておきます。

商品
適用利率 借入限度額
消費者金融 セントラル 4.8~18.0% 1~300万円
消費者金融 アコム 3.0~18.0% 1~800万円
消費者金融 アイフル 4.5~18.0% 最高500万円
消費者金融 ノーローン 4.9~18.0% 1~300万円
消費者金融 ユニーファイナンス 12.00~17.95% 1~300万円

セントラルのココに注目!


ここでは当商品のメリット・デメリットに関係なく、カードローンを選ぶ上で注目しておきたいポイントをピックアップしていきます。

  • セブンイレブンのATMが利用できる
  • 30日間金利0円サービス実施中
  • 金融ブラック者への融資にも積極的
  • Cカード繰り返しキャッシングができる
  • 無人契約機が設置されている
  • 大手消費者金融と同等の金利設定

セブンイレブンのATMが利用できる

セントラルの最大の特徴といえば、何といってもセブン銀行と業務提携していることだと思います。信用もない、不当な営業をしている金融会社であれば、セブン銀行も業務提携なんてしません。

それでも提携しているということは、しっかりと身辺調査をし、それなりに信用・信頼ができる貸金業者だと判断したからだと言えるでしょう。それだけでも他の小中規模の消費者金融会社とは信頼という面で大きな差があると思います。

セブン銀行と業務提携したことによるメリットは信頼を得ただけではありません。
最大のメリットは、日本全国のセブンイレブンに設置されているセブン銀行のATMでキャッシングや返済ができる点です。セブンATMの設置台数は日本全国に約24,000台ほどあるそうです。

ネットによる申し込みを全国から受け付けていても、利用できるATMがなければ毎回振り込み入金の依頼をしなければなりません。それがセブン銀行のATMを利用することで、自分の好きなタイミングで繰り返しキャッシングすることができますし、返済だってすごく楽になります。
※PM23時45分~AM1:00まではセブンATMの利用はできません。

ただし、セブンATMを利用する場合はキャッシング、返済ともに指定の手数料がかかります。

1万円以内の手数料・・108円
1万円以上の手数料・・216円

ちなみにセブン銀行と業務提携したのは、2017年の2月となっています。
他にも消費者金融を紹介しているサイトは数多くありますが、つい最近のことなのでセブン銀行との提携に触れてない(知らない)サイトが多数ありますので、そういったところで、サイトの信憑性を判断するのも1つの方法だと思います。

約1年も前のことを記載してないということは、ほとんど更新などをしてない可能性が高いサイトだと考えることができます。

30日間金利0円サービス実施中

セントラルでは初めての契約なら、契約日の翌日から30日間無利息となっています。
大手消費者金融ですら、無利息期間を設定してない会社もあるのですから、セントラルのような中小の消費者金融が無利息期間を設定しているだけでも、かなり経営努力しており凄いことだと思います。

30日間無利息ということは、10万円を借り入れたとしても30日以内に全額返済すれば利息は1円も掛からないことになります。
例えばどうしても欲しいものがあり、ボーナスまで待てないということきはセントラルで融資を受け、ボーナスをもらって全額返済するという方法もあります。
クレジットカードのボーナス一括払いのような感じで利用することが出来るということです。

もちろん全額返済しなくても大丈夫です。10万円借りていて、30日以内に半分の5万円を返済したとすれば、金利0円なので5万円すべてが元金に充当されることになります。そうすれば初めから5万円しかキャッシングしてないのと同じなので、返済もすごく楽になります。

金融ブラック者への融資にも積極的

セブン銀行と業務提携したことで、これまでのようにブラック対象者への融資もできなくなったのではないか?と懸念する声がありますが、ネットの口コミ情報などによれば、セブン銀行と業務提携してからも、これまでと同じように過去に債務整理をした経験があったり、遅延や滞納があった金融ブラックと言われる人たちへの融資もこれまで同様積極的におこなっているそうです。

大手消費者金融と同等の金利、大手に負けない無利息期間のサービスを受けることができ、それでいてなおかつ金融ブラック者への融資も積極的におこなっているのであれば、大手で借りることができない人には利用価値が高い消費者金融会社であることは間違いありません。

Cカード繰り返しキャッシングができる

他の小中規模の消費者金融で融資を受けると、アコムやプロミスのように限度額内であれば何度でも繰り返しキャッシングすることはできません。

小中規模の消費者金融の多くが、カードローンという括りではなく、小口融資、もしくはローン商品として融資をしているからです。つまり一度10万円を借りたら、その後は毎月その10万円の借金を返済していくだけになるということです。

しかしセントラルでは、プロミスなどの大手消費者金融と同じように、融資限度額を設定してくれますので、その限度額内であれば繰り返しキャッシングをすることができます。つまり万が一のときの備えカードとして、ただ持っておくだけという使い方もできるのです。

これが出来なければセブン銀行と提携した意味がありませんから、当然といえば当然のことなのですが、その当然のことができない中小の消費者金融が多いからこそ、こういったちょっとしたサービスが業者選びの材料となるのです。

無人契約機が設置されている


このようにセントラルでは、大手消費者金融でお馴染みの無人契約機(自動契約機)を各地に設置しており、手軽にキャッシング契約することができるようになっています。アコムやプロミスなどの大手消費者金融では、ごく当たり前のサービスのように思われがちですが、セントラルのような中小の消費者金融が無人契約機を自社で設置していることは、大変珍しいことです。

基本的な操作方法などは、アコムやプロミスの自動契約機と同じなので難しいことはありませんし、わからないことは室内に設置されている直通電話を使えば尋ねることができます。

この無人契約機を導入していることからもわかるように、即日融資など急な出費に対しても積極的に融資している姿勢を垣間見ることができます。

大手消費者金融と同等の金利設定

セブン銀行との提携、無利息期間の実施、無人契約機の導入など、中小規模の消費者金融ではありえないサービスの数々に目がいきがちですが、セントラルの金利も実は注目ポイントの1つです。

セントラルの金利は「4.9~18.0%」となっており、この数字をみてもあまり凄いとは思わない人も多いと思います。
しかし、セントラルのような中小の消費者金融を利用したことがある人なら、この金利設定がとても凄いことだとわかるはずです。じつは中小の消費者金融の多くが、下限金利を12.0~15.0%くらいに設定しています。

これは金融ブラックと言われる、大手消費者金融などでは融資を受けられない人に対しても積極的に融資をおこなっているからです。多少高い金利を設定しておかなければ、返済リスクが高い人への融資はできません。

しかしセントラルは、このような金融ブラックと言われる人たちへの融資も積極的に実施しながら、それでいてこの低金利を実施しているのですから、これは本当に凄いことだと思います。

ちなみに大手消費者金融のアイフルだと金利は「4.5~18.0%」なので、ほとんどセントラルと違いません。しかしアイフルなどの大手は金融ブラック者への融資は基本的にやっていませんが、それでもセントラルと同程度の金利設定なのです。

上限金利もセントラルは18.0%なので、中小消費者金融に多い上限20.0%よりかは、かなり低金利に設定してあることがわかります。

セントラルは怪しい金融業者?評判は?

セントラルはこの文章の中でも書いていますが、2017年を機に大きく飛躍した中小の消費者金融です。
セブン銀行との業務提携、東京をはじめとする首都圏への店舗出店など、わずか1年で大きく注目を集めることになりました。
そういったこともあり、これまでのセントラルに対する評判はあまり気にする必要はないと思います。

もちろんセントラルが暴利な金利を取るヤミ金業者だったり、酷い取立てをするブラック金融業者であれば話しは別ですが、そういった噂や実績があればセブン銀行も提携なんてしないはずです。セブン銀行が業務提携しているという時点で、セントラルが健全な貸金業者であることは証明されているようなものです。
それ以上の信頼は、ネットの匿名掲示板などをみても何もわかることはありません。

関東進出を果たしたことで、より新規融資にもチカラを入れている時期だと思いますので、多少の金融リスクを背負ってでも新規融資を実施している可能性は高いと思います。そう考えると、まさに今が融資申し込みをするには絶好のタイミングではないでしょうか。

セントラルは即日融資可能?

まずはコチラを一読ください。

こちらはセントラルの代表取締役社長がホームページで公開している企業方針です。

この中にも赤線を引いてある部分でハッキリと「基本は即日融資。遅くとも翌日までに融資を完了させる」と名言されています。つまりセントラルは、他のどの消費者金融よりもスピード融資(即日融資)を念頭におき、審査や融資実行をしていることがわかります。

ここまで名言しておいて、当社は即日融資には対応していません。というのは通用しません。それではセントラルで即日融資を受けるための手続きや流れを紹介していきたいと思います。
電話で確認したところ、即日融資を希望する場合の流れは大きく2つあることがわかりました。

  1. インターネットからの申込み
  2. 店頭、もしくは自動契約機(セントラルくん)での申込み

この2つがより早く融資実行までいける申込み方法だそうです。
インターネットからの申込みについては、このあとの項目で紹介しますので、ここではインターネットと自動契約機を使った契約手続きについて解説しておきます。

即日融資を受ける最短の流れを紹介しておきます。

  1. インターネットで事前申し込みをしておく
  2. 審査可の連絡を受ける
  3. 必要書類を持ち、最寄の店舗か自動契約機(セントラルくん)に出向く
  4. 契約手続きを完了し、Cカードを受け取る
  5. 自動契約機に併設されているATMでキャッシングをする

これがセントラルで即日融資を受ける、最短の方法だと思います。

もちろん必要書類を持参し、事前審査の申し込みをせずに店頭や自動契約機に出向いても即日融資は受けることが可能ですが、そうすると審査の間はずっと待機しなければならなくなります。そういった時間を考えるとネット申込みで完結させてしまうほうが、結果的に最短での融資が期待できると思います。

わざわざ店舗や自動契約機へ出向くのが面倒だと言うのであれば、このあと紹介しているインターネットからの申込みとWeb完結をご覧ください。

土日でも即日融資は可能なのか?

セントラルの営業時間は基本平日8時~18時となっています。
愛媛県にある河原町支店のみ土曜日も8時~15時で窓口営業をしていますが、基本土日は休みのスタイルです。そのため店頭で土日の即日融資を希望することは、かなりハードルが高いと思います。

しかし自動契約機(セントラルくん)は、土日祝も休みなく利用できるので、自動契約機を利用することで土日祝などの急な出費にも対応してもらえる可能性が高いと思います。

ただセントラルの自動契約機はアコムやプロミスのように、日本全国に数千台設置されている訳じゃありません。2017年12月現在では、首都圏や四国に15台設置されているのみとなっています。自動契約機まで足を運ぶことが出来る人であれば、土日祝での即日融資も可能だと思いますが、ネットでの申込みを考えている人は土日祝の即日融資は諦めるのが賢明でしょう。

セントラルの自動契約機の営業時間は、土日祝も含め基本8時~21時までとなっています。審査時間などを考慮すると、遅くとも20時までには審査申込みをしておかなければ即日融資には間に合わないでしょう。

また土日での即日融資にはもう1つ懸念材料があります。それが在籍確認です。

セントラルでは、必ず在籍確認が行われますので、土日に職場じたいが休みの場合は在籍確認が取れません。そうなると審査の可否が週明けに持ち越されることになるので、土日での即日融資は諦めるほかありません。

セントラルの審査の流れと必要書類

セントラルを利用するときの申込み手順について紹介して行きます。
大手の消費者金融にも負けないほど、申込み手続きが多様化していますし、簡素化されているので借りる側としては、より利用しやすくなっていると思います。

申し込み方法

セントラルの申込み方法は「インターネット」「自動契約機」「店頭窓口」「郵送」「コンビニ」の4つが用意されています。
電話による問い合わせ番号はありますが、電話での申込みは受け付けていないようです。

今回は一番ポピュラーなインターネット申し込みとWeb完結について、その手順や必要書類を紹介していきます。

  1. セントラルの公式HP「今すぐお申し込み」をクリックします
  2. その後表示される画面で同意条件を一読し「ネットで今すぐお申込み」をクリック
  3. 必要事項を入力
  4. 審査結果はメール、お電話で連絡があります
  5. 公式HPにある「お客様サポートページ」より、必要書類をアップロードします
  6. 書類に不備がなければ振込みにて融資実行
  7. 自宅にCカードが郵送で届くので、その後はCカードにて借り入れや返済を行う

実際に契約までの流れを試してみましたが、大手の消費者金融よりも使い勝手が良く、必要書類のアップロードなども手軽にできました。

必要書類

融資申し込みの際に必要となる書類は、基本的に本人確認が出来る書類のみで大丈夫です。

  1. 本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)
  2. ※顔写真がない証明書の場合は、別途住民票などの提出を求められることがあります。

    また、セントラルでの借入額が50万円を超える場合や、他社と合算し借り入れ額が100万円を超える場合には、収入を証明する書類の提出を求められます。
    収入を証明するための書類は以下のようなものがあります。

  3. 収入証明書(源泉徴収、給与明細、確定申告書など)

在籍確認はある?

セントラルの在籍確認は必ず実施されます。
それとは別に個人への本人確認の電話もありますので、自宅もしくは携帯番号の記入を忘れないよにしましょう。

必須項目となっていないため、自宅番号や携帯番号を書かない人がいますが、それが審査にも影響することは知っておいた方が良いと思います。少しでも審査に不安があるのでしたら、なるべく自宅の番号を記入し、固定電話がないのでしたら携帯電話の番号だけでも記入しておくようにしましょう。

まとめ

中小の消費者金融の中ではかなり優良な部類に入る金融会社だと思います。

なによりセブン銀行という大手企業が業務提携していることがその証拠です。もし大手のアコムやプロミスなどで借り入れすることができず、やむなく中小の消費者金融を利用するのであれば、このような信用度の高い業者を選ぶべきだと思います。

セブン銀行との提携により、セブンイレブンに設置されているATMからキャッシングや返済を利用できるのも大きな利点ですし、30日無利息期間の設定や低金利など、大手消費者金融にも劣らないサービスが随所に垣間見えます。

また首都圏や四国地域に限定されてしまいますが、自動契約機を設定しているので、土日の即日融資にも対応してくれます。コレだけ揃っている中小の消費者金融は珍しく、中小の消費者金融の中でも間違いなくトップクラスの充実ぶりです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加