フクホーで即日融資する条件は?審査の流れ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当記事はすでに複数の金融機関でカードローン(キャッシング)を利用している方、もしくは過去に滞納や債務整理をしていて金融ブラックの方向けに書いております。それらに該当しない場合は、銀行カードローンや大手の消費者金融を利用することをおすすめします。

フクホーの貸付条件

【申込年齢】満20歳~65歳未満
【利用限度額】最大200万円
【実質年率】7.3%~20.0%
【審査時間】最短45分
【総量規制】対象(一部対象外)
【保証会社】なし

フクホーの特徴

フクホーは大阪に拠点を置く中小の消費者金融です。
店舗も難波に1店舗のみですが、今はインターネットを使い全国どこからでも手軽に申込みができる時代なので、フクホーも全国どこからでも申込みすることが可能です。

金利7.3%~20.0%と利息制限法ぎりぎり設定されていますが、おまとめローンや大手では審査で断られた人にも積極的に融資をしているという情報があるので、この金利設定も仕方ないのかなと思います。

情報量が少ないので「怪しい」、「怖い」というイメージを持たれる人も多いかと思いますが、創業は1967年となっているので50年もの実績がある金融会社です。

金利に注目!

フクホーの金利は「7.3%~20.0%」なので、中小規模の消費者金融の中でも高いほうだと思います。とくに注目して欲しいのが上限金利の20.0%の部分です。

これは利息制限法という法律で決められている中でも、一番高い金利のパーセント。つまり法律ギリギリの金利ということになります。
フクホーと同じように、あまり名の知れてない中小の消費者金融でも上限金利18.0%くらいに設定していることが多いので、この点についてはあまりおすすめできません。

銀行系カードローンや大手消費者金融の審査でNGだったからという理由でフクホーを検討している人が大半だと思いますが、それでも他の同規模の消費者金融と良く比較されたほうが良いと思います。

ただし下限金利は7.3%と比較的低く設定されているので、おまとめローンのように大きい金額の借り入れを検討しているのであれば、そう悪くは無い金利設定だと思います。きっと下限金利については交渉次第ということになると思うので、自分の中で「8.0%以下だったら、おまとめローンとして借りよう」という風に、目標の金利を決めて交渉したほうが良いと思います。

カードローン金利の比較一例を載せておきます。

商品
適用利率 借入限度額
消費者金融 フクホー 7.3~20.0% 1~200万円
消費者金融 アコム 3.0~18.0% 1~800万円
消費者金融 アイフル 4.5~18.0% 最高500万円
消費者金融 ノーローン 4.9~18.0% 1~300万円
消費者金融 キャッシングアロー 15.0~19.94% 1~200万円

フクホーのココに注目!

ここでは当商品のメリット・デメリットに関係なく、カードローンを選ぶ上で注目しておきたいポイントをピックアップしていきます。

  • 金利が高い
  • 他社で断られた人の利用が多い
  • 即日融資にも対応
  • 評判が良くない
  • 限度額99,000円が多い理由

金利は高い

公式ホームページにも大々的に「金利 7.30%~18.00%」と書かれているのに、詳しく見てみると最大金利は20.00%となっています。


※フクホー公式HPから抜粋

きっと借り換えローン(おまとめローン)の場合は、最大金利が18.00%だという意味なのでしょうけど、ちょっとこの書き方には悪意を感じてしまいます。
これを知った時点で、アリかナシでいうと「ナシ」という印象を持ちました。

金利は利息制限法で決まっている上限利率なので、普通に考えてこれよりも高い金利のカードローンやキャッシング商品というのは存在しません。仮に存在するとしたら、それは違法な営業をしている貸金業者(ヤミ金)です。

ですので、銀行カードローンや大手消費者金融で借りることができるのであれば、わざわざフクホーを利用する意味はないと思います。ただ事情があり、銀行カードローンや大手消費者金融では借りることができない。という人であれば相談してみる価値はある商品だと思います。

他社で断られた人の利用が多い

ネットなどの口コミでフクホーの情報をみていると、利用者の多くが「他社で断られた」とか「数年前に債務整理をした」という人たちでした。

これはフクホーだけではありませんが、中小の消費者金融はこのようにグレーな人たちへの貸付を積極的に行わないと、経営が維持できないというのが現状のようです。

金利を安くしても利益が薄れますし、大手消費者金融と同等の金利では、大手に客を取られてしまうのは目に見えているからです。そこで多くの中小の消費者金融は、他社で審査落ちした人にも積極的に融資をするようになっています。

このようなリスクがあるからこそ、金利は法律で定められている上限いっぱいに設定されているのだと思います。どうしてもお金が必要だけど、どこも貸してくれない!という人にとっては、最後の砦のような存在なのかもしれませんね。

即日融資にも対応

フクホーでは即時融資にも対応しているとホームページにもしっかりと明記されています。
ただし店舗は大阪難波に1店舗のみなので、直接店舗へ行くことができない人は、インターネットからの申込みで対応してもらうことになります。

ですが、これがちょっと問題で、実際にフクホーを利用した人の多くが「審査に数日かかった」とか「即日融資はできない!と冷たく対応された」など、あまり即日融資には前向きではないのかな?というイメージが強くあります。

このあとの項目で詳しく触れますが、即日融資を希望されるのであれば、最初の段階でしっかりと「即日融資希望ですが、可能でしょうか?」と確認を取ってから申込みするのが良いかと思います。

評判が良くない

ズバリ言いますが、ネットの口コミなどの評判はあまり良くありません。
暴力的な取立てをされたとか、ヤミ金みたいな高い利息を取られたというのではなく、接客対応が良くないという口コミが目立ちます。

これは管理人の勝手な想像になってしまいますが、「どうせこの客は他で相手にされなくて、最後にウチを頼ってきているのだから」という、上から目線的な考えを持ちながら接客しているのではないでしょうか。

大手のプロミスやアコムにも、対応が悪い従業員の一人や二人はいるでしょうから、これだけで悪い業者と決め付ける訳にいきませんが、やはりここまでそういった口コミが多いと正直気にはなりますよね。

限度額99,000円が多い理由

フクホーから融資を受けた人の口コミをみていると、ほとんどのケースが限度額99,000円と書かれています。
きっと融資を受けた本人は、あまり気にすることではないのかもしれませんが、わたしたちのように多くのカードローン商品や消費者金融を調べていると99,000円という理由がわかります。

フクホーが限度額99,000円にしているのは、利息制限法いっぱいの20.0%の利息を取りたいためです。利息制限法では、「元本が10万円未満の場合、上限金利は年率20%」と決められています。

つまり100,000円を限度額にしてしまうと、「元本が10以上100万円未満の場合、上限金利は年18%」に該当してしまうため、会社の指示で99,000円を限度額に設定するケースが多いのでしょう。こういう部分を知ってしまうと、やっぱり利用するのを躊躇してしまいますよね。

フクホーは怪しい金融業者?評判は?

評判があまりよろしくないという話をしましたが、具体的にどのような口コミがあるのか紹介していきたいと思います。

一番多く目にするのが「従業員の電話応対が悪い」という内容でした。次いでこれも似たような内容なのですが、「従業員が約束を守ってくれない」なども目につきました。

例えば「即日融資可とホームページに書いてありますが、本日中に融資してもらえるんでしょうか?」と電話で尋ねたところ、「今日は15時過ぎているから振込みは無理ですね!ガチャ!」と一方的に電話を切られてしまったとか、「お急ぎみたいなので速達で契約書を送りますね」と約束してくれたのに、数日後に普通郵便で送ってきたという話しです。

それでも利用者は、他の金融機関では断れているので、仕方なくフクホーで融資を受けたと書いてありました。

今年の2月の中旬に電話申し込みをし折り返しの電話で、融資できませんと電話がきたのですが、10日くらいたってから契約書類が突然届き、おかしいと思いすぐにフクホーに問い合わせをしたところ、二次審査が通ったので、書類を送りましたと言われた。
振り込みします。と言われ、それから連絡がこないので3月11日にこちらから電話したところ14日か17日に振り込みいたしますとのことで、今日まで待ちましたが、通帳記入したところ、振り込みささって無かった為、本日こちらから電話したところ、少しまってくれと言われました。
口コミ参照:Yahoo知恵袋

自分はブラックなんですが、お金が必要で関西にあるフクホーという所で審査を受けたら一次審査が通りました‼
口コミ参照:Yahoo知恵袋

大阪のサラ金「フクホー」ですが、残債務13万円なのですが、他社を含めて自己破産予定です。
弁護士から手紙などが行っているのですが「フクホー」はしつこく、訴訟を起こしたり、従業員の交通費を請求したり、強制執行を求めたりされています。
口コミ参照:Yahoo知恵袋

フクホーは経営年数が長いこともあり、ネットで調べればいろんな情報が出てきます。
あくまでもネット情報なので、どこまでが真実かは書き込みをした本人にしかわかりませんので、そのまま鵜呑みにするのもどうかと思いますが、信用できそうな情報とそうでない情報は自分で判断するしかありません。

フクホーは即日融資可能?

一応フクホーの公式ホームページをみても即日融資対応という文言が記載されているので、即日融資には対応していると思われます。ただ、これまでいろんな口コミサイトなどを見てきましたが、フクホーで即日融資に成功したという書き込みはほとんど目にしたことがありません。

この際なのでハッキリいいますが、フクホーで即日融資を受けるのは、確率的に相当低い数字になりそうです。きっと10人が即日融資を希望して、1人が即日融資に成功すれば良いというレベルじゃないかと想像します。

そう思う理由は、フクホーの融資申込み手順にあります。
詳しい手順は後ほどの項目で説明しますが、簡単に言ってしまうとネット申込みなのに、書類等のやり取りは郵送であったり、コンビニのプリントアウトサービスを利用しなければならないからです。

コンビニいって書類をプリントアウトし、家に戻って書類を記入し、その書類をまたフクホーに送り返すなんて作業をしていたら、審査の時間まで含めると銀行の営業時間に終わらせるなんて、相当タイトなスケジュールだと思いませんか。

プロミスやアコムが実施しているような「ネット完結」と「ネット申込」は、まったくの別物だってことを知っておきましょう。ネット完結というのは、ネットだけですべての融資手続きが完了してしまうこと、フクホーのネット申込みは、あくまでも申込みはネットで受付けますけど、正式な契約はネットではなく、実際の申込書や契約書に手書きで記入してもらいますよ!ってことです。

そもそも即日融資というのは、十分な審査時間を取ることも難しく、契約書の記載ミスや不備を発見することも難しいので、中小の消費者金融で即日融資に対応するということが凄く難しいことだと利用者も理解しておかなければなりません。

プロミスやアコムのように、多くの社員を抱えてやっている企業ならわかりますが、今回のフクホーのように1店舗で限られた従業員でやっている企業が、毎日何軒もの審査申込みがあるのに、即日融資にまで対応するなんて現実問題として、かなり無理があることなんです。

即日融資にも対応とは書かれているが、実際に即日融資を受けるのは相当ハードルが高いというのが結論です。ただし、フクホーは大阪難波に店舗を構えて営業されているので、そちらの店舗に必要書類をすべて準備して出向き、そこで手続きを済ませることができれば、即日融資にも対応してもらえる可能性はあると思います。

アコムやプロミスは契約完了後に即日融資という流れなのですが、中小規模の消費者金融は自動契約機を持ってないので契約を交わす前に振込み融資を実行し、その後正式な契約手続きをするというのが即日融資のカラクリになっています。ここだけみても、何だか怪しいなと感じるのが一般的な感想だと思いますので、それらを理解したうえで利用するようにしましょう。

土日でも即日融資は可能なのか?

フクホーのホームページをみても、営業時間はおろか、土日が店休日なのかも書かれているのを見つけることができませんでした。
仮に土日営業していて審査に通ったとしても振込み融資という形になるので、金融機関が稼動してない土日での即日融資は無理だと思います。

もしジャパンネット銀行や楽天銀行など365日24時間対応の金融機関を持っているのであれば、公式のホームページにもそう書いてあるはずですが、その点については一切なにも書かれていませんので、土日での即日振り込み融資には未対応だと考えるのが無難だと思います。

つまり土曜日に審査申し込みをし、その日の内に審査通過の連絡を受けたとしても、実際に振込み融資が実行されるのは週明けの月曜日になってしまうということです。

フクホーの審査の流れと必要書類

カードローンの申込み方法や必要書類は、それぞれのローン商品によって異なります。
ネットから簡単に必要書類をアップロードできる商品もあれば、わざわざ郵送で送らなければならない商品もあります。なるべく申込み時の手間が少ない商品を選ぶようにしましょう。

申し込み方法

フクホーの申し込み方法は「インターネット」「来店」「電話」の3つから選べます。
今回は一番ポピュラーなインターネット申し込みについて、その手順や必要書類を紹介していきます。

  1. フクホーの公式HPより「新規お申込み」をクリック
  2. 各種確認事項に同意し、必要事項を入力してください
  3. 審査結果はメール、もしくは電話でお知らせ
  4. 契約書などの書類一式が自宅に郵送で届きます
  5. 必要書類に記載し、必要書類を添え返送
  6. 最終審査結果の連絡があります
  7. 振込みにて融資実行

※契約書を郵送でおくってもらっては、即日融資は絶対に無理です。その場合はセブンイレブンのプリントサービスを利用することで、契約書類一式をプリントアウトすることができます。

即日融資を希望するのでしたら、店舗に出向くことができないのであれば、この方法しか手段はありません。ちなみに記入した契約書などは、FAXを利用してフクホーに送信しなければなりません。

必要書類

融資申し込みの際に必要となる書類は以下の3点が記載されています。

  1. 本人確認書類(運転免許証、パスポート、保険証のいずれか)
  2. 収入証明書(源泉徴収、給与明細、確定申告書のいずれか)
  3. 住民票原本(本籍地記載分)、その他当社が必要と認めた書類

※他の消費者金融のように「50万円以下は所得証明の提出は必要ありません」とは一切書かれておらず、融資申し込みをするのであれば、所得を証明する書類は必ず提出が必要だと解釈しておくのが良いでしょう。

それと問題に思ったのが、赤字の「その他当社が必要と認めた書類」という部分です。
フクホーから実際にお金を借りたという人の体験談を読んでみると、その人は必要書類として以下のものを求められたと言っています。

  • 運転免許証のコピー
  • 健康保険証のコピー
  • 住民票の原本
  • 所得証明書か課税証明書の原本、もしくは源泉徴収票のコピー
  • 給与明細直近2ヶ月分のコピー
  • 年金手帳か「ねんきん定期便」のコピー

さすがにこれだけの種類を揃えろと言われたら一苦労ですし、とても即日融資なんて諦めてしまうレベルです。

在籍確認はある?

公式ホームページには在籍確認についての記載はありませんが、口コミ情報などをみていると正式な契約書類の提出が終わった後に本審査があるようで、そのとき職場に在籍確認の電話が掛かってくるそうです。

まとめ

借りたくても何処も貸してくれないという人もいると思うので、そういう人は多少手続きが面倒だったり、金利が高くても貸してくれるだけありがたいというのが本音だと思うので、銀行カードローンや大手消費者金融で借りることができない人であれば、最後の駆け込み寺として利用する価値はあると思います。

ただどうしても従業員の態度が不親切だという口コミが多いのは、かなりのマイナスポイントだと思います。金利が多少高くても、手続きが面倒で審査が遅くても丁寧に対応してくれる貸金業者はあると思うからです。

もちろん口コミの中には言うほど対応は悪くなかったよ。という意見もあるので、まずは一度自分で電話を掛けて相談してみてから判断するのはどうでしょうか。人の意見よりも、自分が実際にどう感じるかが大事だと思います。

しかし、この記事でも紹介しているとおり、フクホーには納得できない部分がいくつかあります。

  1. 上限金利を18.0%と書いておきながら、詳しくみると20.0%になっている
  2. 融資限度額で99,000円が多いのは、金利20.0%を取るための作戦

この2つのカラクリが解った時点で、信用や信頼よりも利益優先の業者なんだと感じました。ハッキリいいますが、わたしが利用者の立場だったら、まず利用しないと思います。

低金利で信用できるカードローンはありますので、「即日投資できるおすすめカードローン」を参考にしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加