アイシーローンで即日融資するための条件と審査内容のまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当記事はすでに複数の金融機関でカードローン(キャッシング)を利用している方、もしくは過去に滞納や債務整理をしていて金融ブラックの方向けに書いております。それらに該当しない場合は、銀行カードローンや大手の消費者金融を利用することをおすすめします。

アイシーローン(ICローン)の貸付条件

【申込年齢】18歳~
【利用限度額】1万円~50万円
【実質年率】10.0~20.0%
【審査時間】最短即日
【総量規制】対象
【保証会社】なし

アイシーローン(ICローン)の特徴

東京都新宿区に事務所をかまえる中小規模の消費者金融です。
創業は昭和56年で、40年ほどの実績がある老舗ですが、融資対象は「首都圏に在住、在勤している人」となっていますので、他の消費者金融のようにネットからであれば全国どこからでも利用できるという消費者金融ではありません。

学生への融資にも積極的で、一般のフリーローンとは別に、学生専用の「学生ローン」があります。これで学生ローンの方がフリーローンよりも低金利に設定されていれば良いのですが、実質年率はフリーローンも学生ローンも同じになっています。

せめて学生ローンだけでも低金利にしてあげれば、良心的な業者だなというイメージを持てたのですが、ちょっと残念ですね。

その他にも小規模消費者ローンでは珍しく、無利息期間を設けたり、お友達紹介キャンペーンを実施するなど、積極的に貸付融資をおこなっているのが見てとれます。
ネットなどの書き込みでは、金融ブラックの人に対しても柔軟に融資しているそうなので、銀行カードローンや大手消費者金融では借り入れできない人にとっては、有力な候補となる消費者金融の1つだと思います。

アイシーローンの金利はどう?

商品
適用利率 借入限度額
消費者金融 アイシーローン(ICローン) 10.0~20.0% 1~50万円
消費者金融 キャネット 15.0~20.0% 1~300万円
消費者金融 アイフル 3.0~18.0% 1~800万円
消費者金融 ノーローン 4.9~18.0% 1~300万円
消費者金融 キャッシングアロー 15.0~19.94% 1~200万円

アイシーローンの金利は「10.0~20.0%」なので、かなり高い金利設定にしてあることがわかります。

きっと学生への融資にチカラを入れていることで、返済リスクがあるため高い金利設定になっているのだと予測できます。学生への融資リスクを一般の人が背負うのは変な話しなので、あまり学生融資にチカラを入れている業者で社会人の人は借りない方が良いと思います。

低金利で即日融資が受けられるカードローンは「即日融資ができるおすすめカードローン」で紹介していますので、参考にしてみて下さい。

アイシーローン(ICローン)のココに注目!

ここでは当商品のメリット・デメリットに関係なく、カードローンを選ぶ上で注目しておきたいポイントをピックアップしていきます。

  • 金利が高い
  • 学生専用ローンの審査が緩すぎて逆に怖い
  • 18歳から利用できる
  • 友達紹介で5000円プレゼント
  • 友達紹介で一人につき金利が1%下がる
  • はじめの融資から30日間は利息0円!
  • 返済方法が面倒
  • いつでもキャッシングできる訳じゃない!

金利が高い

銀行カードローンだったり、アコムやプロミスのような大手消費者金融と比較すれば、アイシーローンのような中小の消費者金融の金利が高いのは当たり前のことです。しかしアイシーローンの設定金利「10.0~20.0%」というのは、そういった中小規模の消費者金融の中でも高金利の部類に入ると思います。

下限金利の10.0%というのは、他にも高い設定をしている金融業者は多数ありますので、あまり高い金利だとは思いませんが、問題は上限金利の20.0%です。
この上限金利20.0%というのは、今現在法律で認められている最上限の金利となっています。

金融ブラックなど、返済リスクが高い人への貸付をしているので、金利が高くなるのは仕方ありませんが、それでも同じような小規模消費者金融でも上限金利18.0%という業者は何社もあります。

もしわたしが小規模消費者金融からお金を借りる立場だとしたら、少しでも金利が業者から借りるでしょう。

学生専用ローンの審査が緩すぎて逆に怖い

アイシーローンの最大の特徴とも言うべきものが、学生への融資を積極的に実行していることではないでしょうか。

公式サイト内にある「よくあるご質問」というページをみても、そのほとんどが学生に向けての回答になっています。
またその質問内に「学生ですが、バイトしてませんが融資してもらえますか?」という趣旨の内容があり、そこには「一度ご相談ください」という趣旨の回答がされているのには驚きました。

バイトもしてない学生に融資をして、その後どうやって返済をさせるつもりなのでしょうか?
本来なら「収入がない方へのご融資は致しかねます」とキッパリ否定するのが当然だと思うのですが、この質問の回答をみて正直わたしは少し恐ろしく感じました。

18歳から利用できる

この手の消費者金融は基本的に20歳以上からの利用としていることが多いのですが、こちらのアイシーローンでは18歳から利用することができる珍しい貸金業者です。

大手のアコムやプロミスも申込み条件に20歳以上と明記されています。
18歳や19歳の未成年に貸付をおこなっている業者は少なく、10代の人には重宝される業者ではないでしょうか。

しかし18歳から融資を利用できるのは、学生のみと書かれています。
社会人の人は20歳以上からの利用となっていますので、間違わないようにしましょう。

ちなみに18歳という未成年であっても、親や保護者の同意、保証人が必要とは一切書かれていません。

友達紹介で5000円プレゼント


この画像をみてもらってわかるように、このサービスもやはり学生をターゲットにしたものです。
学生だけ、友達を紹介すると一人につき5,000円のボーナスをもらうことができるという趣旨のキャンペーンになっています。

ここまで学生の顧客を増やそうとするのは、ちょっと怖いです。

この5,000円プレゼントは、紹介される人も学生に限定されていますし、紹介した人が50,000円以上の融資が対象とも書かれています。

友達紹介で一人につき金利が1%下がる

やはりこれも学生に限定したサービスなのですが、友達を一人紹介するとボーナス5,000円の他にも自分の利息が1.0%下げてもらえるサービスもあるのです。
これは何人でも紹介可能で、1人だと1.0%、2人だと合計で自分の利息を2.0%下げてもらうことができます。
ちなみに下げてもらった利息は、学生を卒業後も継続して利用できるという特典つきです。

紹介人数 引き下げ率 引き下げ後年率
0人 0.00% 年利20.0%
1人 -1.00% 年利19.0%
2人 -2.00% 年利18.0%
3人 -3.00% 年利17.0%
4人 -4.00% 年利16.0%
5人 -5.00% 年利15.0%
6人 -6.00% 年利14.0%
7人 -7.00% 年利13.0%
8人 -8.00% 年利12.0%
9人 -9.00% 年利11.0%
10人 -10.00% 年利10.0%

基本的な金利は上限の20.0%で貸し付けることが多いと思いますので、3人紹介すると自分の金利は20.0%→17.0%まで下げてもらえ、7人紹介すると14.0%、10人紹介したら10,0%まで下げてもらうことができる仕組みになっています。

はじめの融資から30日間は利息0円!

最初の融資から30日間は利息0円で利用することができます。
アイシーローンのような小規模消費者金融が、アコムやプロミスのように無利息期間を設けているのは珍しいことなので、これは大きなプラスポイントとして評価できます。

どうしても次の給料日までお金が足りなくて、50,000円融資を受けたとしても、30日以内に全額返済すれば利息は1円も払わなくていいのですから、次の給料日で完済すれば何も問題ありません。

返済方法が面倒

アコムやプロミスなどであれば、最寄のコンビニATMから手軽に返済することができますし、ネットバンキング対応であれば自宅にいながらスマホ1つで24時間いつでも簡単に返済することができます。
しかしアイシーローンはコンビニATMはもちろん、銀行ATMも提携してないので、毎月の返済は店頭窓口で返済するか、アイシーローン指定の口座に振り込み入金するしかありません。

せめて口座引き落としくらいあれば良いのですが、それもありません。
毎月、決められた日に銀行に出向き、そこから指定された口座へと入金しなければならないのです。
毎月のことなので、返済方法は少しでも選択肢が多い業者を利用することをお勧めします。

いつでもキャッシングできる訳じゃない!

アイシーローンのような小規模消費者金融を利用するときに勘違いしている人が多いのですが、大手消費者金融のアコムやプロミスのように、自分の限度枠以内であれば、いつでも好きなときにキャッシングできると思っている人が多いようです。
アコムもアイシーローンも同じ消費者金融であることは間違いありませんが、アイシーローンではアコムなどのように、限度額の枠が決まり、その枠内であればいつでも自由にキャッシングや返済ができるという商品ではありません。

アイシーローンの場合、カードローンという括りではなく、フリーローンという括りで融資をするため、一度融資を受けたら、後はその借金を毎月返済していくだけになります。新たにキャッシングしたいときは、またアイシーローンに融資の申込みをして、審査を受けなければなりません。

アイシーローンは怪しい金融業者?評判は?

アイシーローンはヤミ金など、違法な利息でお金を貸している業者はでありません。
しっかり法律に沿ってお金を貸している消費者金融であることは間違いありません。

しかし、アイシーローンのような中小規模の消費者金融の中には、それこそヤミ金などと同じように強引な取立てをする業者もあるので、利用する前にしっかりとその業者の評判や口コミを調べておくことを強くお勧めします。

今回アイシーローンの口コミや評判を簡単に調べてみました。
アイシーローンの評判や口コミの多くが、やはり学生ローンに関係するものばかりでした。
その中の一部を紹介しておきます。

東京都知事(10)00689号の登録が有ります。
(10)の意味はオオマカニ営業年数を指します。
この場合、最低27年は商いを続けているはずです。
ある程度の信用は有ると思いますが…出来れば借り入れは、よした方がいいです。
口コミ参照:Yahoo知恵袋

18歳未満のかたへの融資には”(親権者の)保証人が絶対必要”となっているのですから、その「保証人がいらなくて融資する」というのは信用できる話ではなく、借りたが最後・・・・・”ヤミ金地獄に落ちる”と考えるべきですね。
口コミ参照:Yahoo知恵袋

いちおう、貸金業協会・金融庁・東京都の登録業者で結構な老舗です。(登録は別名)
利息は少々高めですが、闇金というワケではありません。
信用できるか否かは、先方にとって借主が信用できるか否かと相通ずるところがあります。
約定通り返せば問題ないはずですが。
口コミ参照:Yahoo知恵袋

アイシーローン(ICローン)は即日融資可能?

今の消費者金融の流れからだと、どんな貸金業者も「即日融資」を匂わせる文言が公式サイトのどこかに書かれているのですが、アイシーローンの公式サイトをみても、「即日融資」に対する文言はどこにも見当たりませんでした。

もちろん即日融資にも対応しているのでしょうが、このような場合はネット申し込みでの即日融資には対応しておらず、即日での融資を希望するのであれば、店頭窓口に直接来店できる人のみに限定されていると解釈するのが妥当だと思います。

実際に公式サイトにも「ご来店が一番早くお手続きできます」という風に記載されています。

【即日融資を希望する場合の申込手順】

  1. アイシーローン公式サイトから申込み
  2. 審査結果は電話で連絡があります
  3. 必要書類を持参し、アイシーローンの店舗に来店
  4. 必要な手続きをします
  5. その場で融資が実行されます

アイシーローンの店舗は東京都新宿区の1店のみです。
営業時間は平日9時~18時、土曜日9時~17時となっており、日曜祝日はお休みです。

直接店舗に来店できる人以外は、即日融資については諦めたほうが良いでしょう。
店舗数が多く、全国対応しているカードローンもありますので、「即日融資できるおすすめカードローン」を参考にしてみて下さい。

土日でも即日融資は可能なのか?

上記でも書いていますが、土曜日も9時~17時まで営業されているので、その時間内に店舗へ来店できるのであれば即日融資を受けることは可能だと思います。
日曜祝日はお休みなので、諦めるしかありません。

アイシーローン(ICローン)の審査の流れと必要書類

アイシーローンの申し込み方法は「インターネット」「来店」「電話」の3つがあります。

申し込み方法

今回は一番ポピュラーなインターネットからの申し込みについて、その手順や必要書類を紹介していきます。

  1. アイシーローンの公式サイトから申込みします
  2. ※一般のフリーローンと学生ローンの申込みファームは別々になってますので注意してください。

  3. 必要事項を入力してください
  4. 審査結果は電話で連絡があります
  5. 契約書などの書類一式が自宅に郵送で届きます
  6. 必要書類に記載し、必要書類を添え返送
  7. 書類到着後、振込みにて融資実行

必要書類

申込み時に必要となる書類は、本人が確認できるものと収入が確認できるものの2つです。ただし、学生ローン利用の場合は学生証が必要となります。

  1. 本人確認書類(運転免許証、パスポート、保険証など)
  2. 収入証明書(源泉徴収、給与明細、確定申告書など)
  3. 学生証(学生ローンの場合

本来50万円以下の融資であれば年収がわかる書類の提出は必要ないのですが、小規模な消費者金融ではこうして、小口融資でも所得がわかる書類の提出を求められることが多々あります。

在籍確認はある?

在籍確認に関してはサイト内に記載はありません。
ただ「バイト先に連絡はいきますか?」という質問に対し、「秘密厳守で対応しておりますので安心してお申し込み下さい」とだけ書かれています。

これをみて在籍確認は無いかも!と思う人がいるかもしれませんが、それは間違いだと思います。
秘密厳守で対応というのは、社名や屋号で電話をすることありません、担当者個人の名前で電話しますよという意味だと解釈するのが良いでしょう。

まとめ

アイシーローンは学生ローンに非常にチカラを入れていることがわかりました。
一般のフリーローンもありますが、ホームページの内容をみても、キャンペーンの内容をみてもフリーローンより学生ローンにチカラを入れているのは明らかです。

たしかに20歳未満の未成年だとお金を借りることも一苦労です。
基本的に未成年への融資はほとんどの金融機関が実施してないからです。しかし、こうした一部の小規模消費者金融が学生をターゲットに融資をしているというのも事実です。

利用先が限定されてしまう学生にしては、アイシーローンのようにお金を貸してくれるところは貴重な存在なのかもしれませんが、管理人としてはなるべくなら学生のうちからローンやキャッシングを利用することは避けて欲しいと思っています。

学生さんでどうしてもお金を借りる必要があるのでしたら、まずは親や兄弟に相談してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加