マンモスローンの特徴や即日融資の条件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マンモスローンの貸付条件

【申込年齢】20歳から70歳まで
【利用限度額】100万円から2000万円まで
【実質年率】年7.3%~15.0%
【審査時間】原則として即日
【総量規制】対象外
【保証会社】なし

マンモスローンの特徴

  • 他社借り入れのおまとめが可能
  • 最高2000万円までの融資
  • 返済期間は最長10年のロングスパン
  • 毎月の返済金額の軽減も可能

マンモスローンの評判は?安全な消費者金融か?

一般的な消費者金融や銀行系カードローンに比べてあまり知名度が高いとは言えないマンモスローンですが、実は10年以上「ご融資どっとこむ株式会社」という商号で通算4回に渡って貸金業登録の更新に成功しているれっきとしたローン会社です。

貸金業登録は通常3年に一回更新が行われることになっていますので、最低でも12年は同一の商号で営業が出来ている歴史のある業者といえるでしょう。

こちらのマンモスローンでは一般的な無担保ローンなどを扱っているのではなく、複数の会社から借り入れをしているローンを借り換えることで借金を一本化する目的で運用されている「貸金業法に基づく借り換えローン」専門というかたちをとっています。

マンモスローンはこんな人にお薦め

  • 複数の借り入れがあり、毎月の返済日が多くて困っている人
  • 今借りている所の金利が高くて困っている人
  • 借金を一本化してしまいたい人

マンモスローンの即日融資の条件は?

マンモスローンは大手消費者金融や銀行ほどの知名度は無いながらも、独自の審査ノウハウを元に迅速な融資を行っています。

年末年始や年度末などの繁忙期には申込みが全国から殺到するためその審査スピードもある程度抑えられてしまいますが、原則として審査はおよそ申し込みから1時間から2時間程度で完了します

ただ、マンモスローンは証書貸付のローンになるため、審査が通過したあとに「金銭消費貸借契約書」に記入する必要があります。

東京都台東区の本社に事前予約の上来訪し、本社で契約書を書けば即日融資が受けられますが、遠方の場合は郵送で契約書をもらい、記入して送り返さなくてはいけません。

本社への予約も「その日に空きがあれば」ということだったので、即日融資を受けるのはかなり厳しそうです。

専業主婦や自営業、アルバイトでも利用できる?

マンモスローンでの専業主婦や自営業、アルバイトの借り入れはどうでしょうか。こちらは公式サイトの無記名お試し診断を利用することである程度確認をすることが出来ます。

無記名お試し診断では申込者の年齢や保険証の種類、他社借入金額と今回の希望金額などを入力することで個人情報が相手側に伝わること無く簡易的な審査をすることが可能です。

今回はこの診断に専業主婦や自営業、アルバイトなどの職業を入力して専業主婦などの借り入れの可能性を検証してみました。すると、ほとんどのケースで「借り入れが難しい」という表示が出てしまいましたので、専業主婦や自営業などの申込みは現状としては難しいのかもしれません。

どうしてもという場合には、一度問い合わせをしてから申し込みを行うと信用情報へのダメージも最小限で済むでしょう。

マンモスローンの審査の流れと必要書類

申し込み方法

マンモスローンへの申し込みはウェブサイトからの申込みと電話で行うことが可能です。電話の場合は平日9時から午後6時までとなっていますので、時間を選ばずじっくり申し込みが可能なウェブからの申し込みが賢明です。

申込み後審査が行われ、審査に通過すると、即日融資の項で述べたように金銭消費貸借契約書を書く必要があります。後述の必要書類を提出して、契約書を交わして契約完了となり、融資が可能になります。

必要書類

マンモスローンは通常の消費者金融ローンなどとは少し異なり、申込み金額にかかわらず所得証明が必要です。

これは、借り換え専門ということで融資額が大きくなるためと思われます。

一般的には源泉徴収票や給与明細などがそれにあたりますが、心配な場合は事前に問い合わせると確実です。その他の必要書類としては免許証・保険証の写しなど、本人確認書類が必要です。

在籍確認はある?

マンモスローン自体、ネット上にもあまり口コミや経験談などの情報が出回っていませんが、原則として在籍確認は電話にて勤務先へ行われるようになってます。

ケースによっては在籍確認後に様々な提案などがなされるという報告もありますが、原則的に在籍確認が無ければ融資を受けるのは難しいです。

まとめ

あまり知名度の無いマンモスローンですが、審査によっては最大で2,000万円までの借り換えが可能となっているのは非常に大きい要素だと言えます。

他社での借り入れが多くて毎月の返済日が多い場合や低金利で借り換えを行いたい場合など、すでに他社での借り入れが存在する場合には選択肢のひとつとしたい業者です。

公式サイトへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加