カードローンの限度額を増やすにはどうすればいいか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

消費者金融や銀行のカードローンを新規契約したばかりのときや、給料が増えている訳ではないから限度額の増枠は難しいだろうなと思っている人も少なくないと思います。
しかし、新規契約から半年しか経ってなくても、年収が増えてなくても、限度額の増枠を認めてもらうことは出来ます。

もし今限度額いっぱい利用していて、どうしてもあと10万円必要だ!という場合は、他のカードローンを新規で申込みするより、今利用しているカードローン会社に増枠のお願いをしてみる方が得策かもしれません。

そもそも限度額の増枠って何?

今利用しているカードローン商品には、かならず「利用限度額」という金額が決められています。
この利用限度額というのは、あなたが今現在そのカードローンを使い借りることができる目一杯の金額のことです。

限度額が30万円となっていれば、30万円以内であれば自由に借りたり返したりすることができます。
これは最初申込みをした時点の審査によって、限度額が決まりますので、人それぞれ金額は異なります。最初から100万円となっている人もいれば、最初は10万円までの限度額となっている人もいます。

この利用限度額の金額を上げてもらうことを「限度額の増枠」と言います。ですので、先にも書いたように、今現在の限度額が10万円となっていて、どうしてもあと10万円が必要という場合、自分はすでに限度額いっぱいの10万円を借りているから、もう他のカードローンから借りるしか方法がない!と思わずに、今利用しているカードローン会社に限度額の枠を10万円から20万円に増やしてもらえないでしょうか?と打診してみてください。あなたが真面目に返済をしているのであれば、10万円くらいの増枠なら認めてもらえる可能性は高いと思います。

増枠してもらうにはどうしたらいいの?

カードローンの増枠
増枠をしてもらうには、以下の5つの方法があります。

1.カードローン会社より、増枠の電話が掛かってくる

一番ポピュラーな方法が、カードローン会社からの電話で増枠の案内をされることです。突然カードローン会社より電話が掛かってきて「限度額の枠を増やせますが、ご検討されませんか?」という趣旨の内容です。

2.カードローン会社より、増枠のメールが届く

こちらも最近多く見られる増枠の案内です。契約時に登録しておいたメールアドレスに増枠の案内メールが届いたり、カードローン会社の会員専用ページにログインしたとき、増枠のお知らせというメールが届いていることがあります。

3.自社ATMを利用したとき、増枠の案内がある

提携ATMではダメですが、自社のATMを利用してキャッシングや返済をしたとき、画面に増枠のお知らせが表示されることがありますし、カードローン会社によっては常に「増枠申請」という項目がATMに表示されています。

4.こちらからカードローン会社に電話して、増枠のお願いをする

カードローン会社からの電話やメールを待ってても、それがいつ頃届くのか未知です。ですので、増枠の必要性が出た時点で、こちらからカードローン会社のコールセンターに電話をして、増枠のお願いをするようにしましょう。

5.会員専用ページから増枠申請をする

アコムやレイクなどは、会員専用ページにログイン後、そこから増枠申請が出来るようになっています。結果もメールなどで届くので、もし増枠がダメだった場合でも、恥ずかしい思いをしなくて済みます。

増枠してもらうにも、審査があります

融資増枠の審査
限度額を増枠してもらうにも、当然新たに審査を受ける必要がありますし、新規契約時よりも審査の内容は厳しく判断されると思っていたほうが良いでしょう。
増枠審査でポイントなる要点をまとめておきました。

1.新規契約から利用期間

あくまでも目安ですが、新規契約時から最短でも半年以上経過していることが理想です。取引期間が長ければ長いほど、そのカードローン会社とあなたの信頼関係は深まっています。こちらから増枠を打診する場合でも、新規契約から半年経過していることを1つの目安にしましょう。

2.他社からの借入

新規契約後に、他のカードローン会社から借入をしてないことは重要なポイントになります。もしそのカードローン会社と契約をしたあと、他のカードローン商品も新たに契約して利用しているのであれば、増枠は正直厳しいかもしれません。

3.過去の取引履歴

新規契約から半年、毎月キチンと返済期日までに返済をしている人と、新規契約から2年経過しているけど、たびたび返済日が遅れてしまう人では、取引期間は短いですが前者の方が圧倒的に増枠できる可能性は高いと言えるでしょう。

仮に1年前に1度返済が遅れてしまっても、その後は真面目に期日内に返済しているのであれば、大きなマイナスポイントにはならないはずです。ですので、過去半年以内に返済の遅延などがないことを1つの目安にするのも良いと思います。

4.有利な情報は積極的に伝える

増枠審査のポイントとしてこちら側が有利になるような項目はどんどん伝えるようにしましょう。例えば、一人暮らしだったのを止めて実家に戻ることにした。というのは、家賃負担がなくなり審査には好印象です。

他にも昼間の仕事とは別に夜間少しだけバイトを始めた、会社の業績が良くボーナスが例年よりも多く支給された!など、なんでもいいのでプラス評価に繋がるような情報があればとりあえず伝えておきましょう。ただし、住所変更や職種変更の際には、きちんと届けることが契約時に決められているので、その点には注意してください。

5.希望の増枠額はなるべく低めに伝える

増枠の希望額を聞かれた場合、出来るかぎり必要最小限で申告するようにしてください。
理想としては、今の限度額にプラス10万円ほどです。どうしても20万円の増枠が必要なのであれば、その理由をキチンと説明して20万円の増枠を希望しても構いません。しかし、一般的はカードローンの場合10万円ずつの増枠となるケースが多いようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加