カードローンのメリットとデメリットを知って賢く利用する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「急にお金が必要になっちゃった・・・!」そんな時の心強い味方、カードローン。各社によっては特色がありますが、総合的に様々なメリットとデメリットがあります。

このページではカードローンのメリットとデメリットをまとめました。

カードローンのメリット

まず、カードローンのメリットをいくつか挙げて見てみましょう。

無担保、保証人なしで利用可能

何と言っても、無担保・保証人無しで利用出来るところに大きなメリットがあります。通常借金をする場合は不動産など何かしらの担保が必要ですし、よくある連帯保証人という人物をつける必要もあります。

しかし、カードローンでは通常担保を提供する必要はありませんし、頭を下げて他の人に連帯保証人になってもらう必要もありません。

どうしても審査上保証人が必要な場合は保証会社を紹介されるケースが多いので、そういった心配から解放されるのは嬉しいですね。

最短で即日融資できる

銀行などに融資を申込んだ場合は書類の提出から審査の実行、そして融資実行までかなりの日数がかかってしまいます。

その点カードローンでは審査が非常にスピーディーに行われるため、スムーズに進行すれば最短即日で融資を実行してもらうことが可能です。つまり、1日の猶予もままならないような緊急時にはカードローンがうってつけということになります。

利用目的が限られない

請求書や見積書などの用途の根拠となる資料を提出して融資を下ろしてもらい、さらに支払後の領収書まで提出しなければならないような用途限定ローンと違ってカードローンではその利用目的は限定されていません。

つまり、大きな買い物のために借り入れてもOK、極論、飲み会や結婚式が続くから・・・という理由でもOKなのです。こういった自由度の高いところからも、カードローン人気の理由がうかがい知れますね。

ATMで気軽に申込、返済可能

カードローンでは一度契約していれば、借り入れ・返済は特に店舗などに行って担当者と顔を合わせる必要すらありません。

店舗にあるATMでも気軽に借り入れや返済が可能ですし、提携しているコンビニエンスストアのATMでも同じようなサービスを受けることが可能です。これにより、深夜に飲み会が入ってしまった場合や急病人が出て受診が必要な場合など急な出費にも柔軟で迅速に対応することができます。

返済もコンビニに入った際にちょっとATMに寄るだけで可能な場合が多いので、返済のためだけに余計な時間的コストをかける必要もありません。

限度額以内で追加融資可能

一回融資を受けたら追加融資の際には再契約が必要というのが昔からのセオリーでしたが、この煩わしさもカードローンでは存在しません。契約の際に決められた範囲内であれば特段の手続きの必要もなくスムーズに追加融資を受けることが可能です。

カードローンのデメリット

ここまでカードローンのメリットをチェックしてきましたが、反対にカードローンだからこそのデメリットもいくつか存在します。ではこちらも順に見ていきましょう。

目的別ローンより金利は高め

目的別ローンに比べて、カードローンはその金利が若干高めです。これは考え方によっては無担保・無保証人・用途不問で貸付を行ってくれることに対する手数料と見ることもできますが、長い目で見ると目的別ローンとカードローンでは返済額に差が出てくることも事実です。

使用目的によっては、こういった目的別ローンに申込んだほうがお得になる場合もありますので事前によく利用目的やそれぞれの金利を確認するようにしましょう。

気軽に利用しやすい分、借入を重ねてしまいやすい

コンビニのATMやスマホからの手続きでも気軽に借り入れ可能なのがカードローンの特色の一つです。これは大きなメリットでもありますが、反対に気軽に使えてしまう分借り入れの残高が増えすぎてしまう傾向にあります。

限度額いっぱいまで借り入れを行ってしまうと、その分だけ月々の返済額もアップすることとなり、結果として自分の首を締めてしまうことにも繋がりかねません。

自分をきちんとコントロールできる自信や資金計画のある方なら問題ありませんが、そうでない場合には厳しく自分をコントロールすることが大切です。

消費者金融系では、年収の3分の1以上は借り入れられないケースも

消費者金融系のカードローンにのみ適用されるルールですが、有担保ローンには無い特徴が「総量規制の対象」というものです。

総量規制とは国が定めているもので「無担保型ローンにおいて年収の3分の1以上の借り入れは原則不可」としているものです。(総量規制について詳しくはこちらの記事)

このルールが適用されている関係上、カードローンは利用している他の業者などをすべて含めて年収の3分の1以上の借り入れがあると新規の契約が出来ません。

ただ、この総量規制のおかげで自分の身の丈を超えた借り入れをしないで済んだという人が多いのも事実です。

借り入れの際には自分の収入に応じて確実に返せる額だけを借りるようにしましょう。

審査の際には丸裸になる覚悟が必要

カードローンの審査は銀行やクレジットカードのそれとは少し違います。何しろ無担保・無保証人でお金を貸し出すわけですから、カードローン各社も厳しく審査をする必要があります。

ここで言う丸裸とはもちろん物理的な意味ではないのですが、精神的には丸裸にされてしまいます。

例えば申し込んだ経緯についてはとても詳細に聞き取りが行われますし、仕事に関しても業務内容はもちろんのこと手取り給与や休みの曜日、場合によっては勤務先までどういうルートを通ってどの公共交通機関に乗り、何色のビルにある会社に入っていくかまで聞かれることすらあるのです。

審査側の人間もプロですから、その中にウソや曖昧な部分があればさらにそこを突っ込んで聞いてくることになりますし、その疑問がある程度解消されなければ審査を通すことだって出来ません。

だからこそ、最初から私生活が丸裸にされる覚悟で申し込みを行う必要があるのです。

まとめ

このようにメリットもあればデメリットもあるのがカードローンです。しかし担保も必要なし、保証人も必要なし、審査は最短即日でコンビニでも借り入れや返済が出来るという便利な点は他のローンにはない魅力的な側面です。

ただし金利や限度額の面などでいくつかの制約がありますので、利用の前によく検討してから申し込むようにしたいものです。

即日融資できるおすすめのカードローンの比較はTOPページをご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加