年収別によるカードローン限度額の相場まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年から完全施工された総量規制という法律によって、消費者金融のカードローンは個人年収の3分の1までしか借入できなくなりました。

しかし年収の3分の1以内であれば、いくらでも自由に借りることができるのか?といえば、決してそうではありません。この年収の3分の1というのは、あくまでも消費者金融が融資を許されている上限金額に過ぎません。

新規契約だと総量規制の上限額まで借りれない?

年収が300万円あれば、総量規制では実質100万ほどの借入まで許されていることになります。しかし、はじめてカードローンを利用するときに、年収300万円超えているから限度額を100万円希望するのはちょっと厳しいというのが実情です。


たしかに年収だけでみれば、限度額100万円も総量規制の範囲内であり、決して無理な希望金額ではありません。しかし、実際には新規契約で50万円以上の限度額を設けてくれるカードローン商品はそうそうありません。

仮に50万円以上の限度額を希望するのであれば、提出しなければならない書類も増えますし、それだけ審査の期間が長引くことになり、より慎重な審査対象となってしまいます。

今の時代、このようなカードローン商品には基本的に保証人などは必要ありません。つまりその人個人を信用して融資をするということです。このような融資方法を「信用貸し」ともいいます。つまり個人の年収なども大事なのですが、その人の信用も審査内容や限度額決定には大きく影響しているということです。

新規で申込みをするということは、個人の属性(年収や職業)は問題なくても、信用という面ではまったく何もないゼロからの取引になるのです。そんな信用も何もない人に限度額いっぱいの融資をするというのは、現実的ではありません。こうした理由から多くのカードローン商品では新規契約の場合、だいたい50万円以内の限度額に設定することが多いようです。

その後、キャッシングや返済を繰り返して行きながら、そのカードローン会社とあなたの信頼関係を築いていくことで、カードローン会社の方から限度額の枠を広げましょうか?という打診が入るようになります。

年収別にみる、総量規制の限度額一覧

カードローン商品の多くが融資限度額を500万円に設定していますが、実際に500万円の融資を受けるためには、総量規制を元にすると、どれくらいの年収が必要だと思います?
答えは「年収=約1500万円」です。

年収1500万円ってあまり現実的な数字じゃありませんよね。なので、もっと具体的な年収を元に借入限度額をまとめてみました。

年収(月収) 限度額の目安
120万円(月収10万円) 40万円
180万円(月収15万円) 60万円
200万円(月収16.5万円) 66万円
240万円(月収20万円) 79万円
300万円(月収25万円) 100万円
360万円(月収30万円) 119万円
400万円(月収33万円) 132万円
450万円(月収37.5万円) 148万円
500万円(月収41万円) 165万円

限度額はこうやって決められる

新規申込者の限度額は低めに設定されるという説明は上記でもしましたが、具体的にはどのような内容で限度額が決められているのでしょうか?各カードローン会社ともに審査の具体的な内容は公開していませんので、あくまでも憶測の域を脱しませんが、基本的には以下のような項目を総合的に判定して、その人の限度額が決定されていると言われています。

個人の属性

個人の属性というのは、年収だったり、勤務先だったり、居住状況や家族構成などです。

総量規制

このページでも何度も話しているように、消費者金融のカードローン商品は年収の3分の1までしか融資を受けることができないように「総量規制」という法律で決まっています。

返済能力

個人の属性と被る部分もあるのですが、現在ほかの借金がどれくらいあるのか?住宅ローンやマイカーローンなどの返済額、家賃は月々どれくらい払っているのか?それらを総合的にみて、返済負担率などで計算しています。

返済負担率とは、収入に対して、借入などの返済額の割合のことです。月収30万円に対し、月々の返済額が10万円の場合、返済負担率は33.3%となります。理想の返済負担率は20%以内と言われており、30%を超えるとかなり無理をしている状態だと言えるでしょう。

信用度

過去に滞納や遅延がないか?個人の利用履歴などと照らし合わせながら、その人の信用度をみています。過去にその業者と取引があれば、そのときの取引状況も最大限影響があると思います。

銀行のカードローンはどうなの?

銀行の場合、銀行法の規制下になるので貸金業法の総量規制の影響を受けず、年収の3分の1というしばりを受けません。
とはいっても、必ずしも高額の限度額が認められるわけではなく、その人が安定した収入の見込まれる職業についているかや、他に借入がどのくらいあるか、過去の事故情報の有無(延滞経験があるかなど)、年齢や家族形態(扶養親族の多さなど)をみて、総合的に判断されて限度額が決まります。

まとめ

このページでは年収の限度額相場をご紹介しましたが、実際には勤務先や他の借入状況、信用情報、家族形態、住宅状況など総合的に判断されて限度額が決定します。

各社の審査の厳しさについては、審査の甘いカードローンはあるの?の記事も参考にしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加