カードローンの電話連絡で会社に絶対バレない言い訳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カードローンの在籍確認が避けては通れない事項だということは「在籍確認なしのカードローンはどこがあるの?」でも解説しましたが、私が調べたところ、公式HPでWEB完結なら電話連絡をしないと名言しているのは、モビットだけでした。


上記以外でカードローンの申込みをする場合、在籍確認の電話は掛かってくると思っていた方が無難だと思います。消費者金融によっては、モビット以外にも申込後に相談して、規定の書類を提出することで、在籍確認の代用と認めてくれる例があるようですが、ネットで申込みを済ませた後に、その業者に電話をして「在籍確認の電話はしてほしくない!」と言えますか?

私だったら「審査に悪い影響を与えるのではないだろうか?」と思い、躊躇してしまいます。

なぜ在籍確認の電話を嫌がる人が多いのか?

電話連絡を嫌がる女性
理由は簡単です。自分が消費者金融からお金を借りているのを、一緒に働いている同僚や上司に知られたくないからですよね。

私も経験があります。会社に月に1度や2度、個人名の女性から電話が掛かってくる男性社員がいました。きっとその電話は在籍確認ではなく、返済遅延などの催促の電話だったと思います。しかし、いくら個人名で電話が掛かってきても、日頃あまり外部からの電話が入らない人であれば、それがどんな電話なのか薄々気付いてしまいます。きっと皆さんも同じような経験を会社でしたことがあるから、在籍確認の電話はなるべく掛けて欲しくない!と思っているのではないでしょうか。

もしそうだとするなら、解決策はあります。その電話が消費者金融からの電話じゃないと他の人に思わせれば言いだけのことです。
私がもしその立場だったらこう言います。

『兄妹に頼まれてクレジットカードを作ることになったけど、その確認の電話が今日あると思うから、もし自分が外出しているときにそれっぽい電話があったら、外出しているので携帯に電話するように伝えてください』

別にクレジットカードじゃなくても当然いいですよ。それなりの年齢の人であれば「住宅ローン」と言ってもいいですし、「賃貸物件の保証人」と言ってもいいですし、「車のローン」の仮審査を銀行に申込んだと言っても変じゃないでしょう。つまり電話があることを事前に社内の人に伝えておけばいいんです。こうすることで、多少なりとも消費者金融の在籍確認であるということからは遠ざけることができます。

カードローン会社も融通を利かせてくれる

工作は社内だけじゃありません。在籍確認の電話を掛けてくる業者側にもお願いすることができます。
例えば「午後16時にピッタリに電話を掛けてください」とか「会社の電話だと番号通知されるとアレなので携帯電話からかけてください」などもお願いできたりするケースもあるようです。
このように時間の指定をしていることで、自分で電話を取れる確率が高くなりますよね。

基本的に架空の会社名や偽名など、ウソの内容には応じてくれませんが、日時の指定だったり、携帯番号(在籍確認用の携帯が準備されてる)からというのはOKしてくれます。

在籍確認があるのは、審査に通る可能性が高い証拠

在籍確認を嫌がる人は多いようですが、実は在籍確認の電話が掛かってくるというのは審査に通る寸前でもあるということです。

審査で不承認となるのに、わざわざ会社に電話をすることはしません。つまり在籍確認の電話というのは、ほぼ全ての審査をクリアした最終段階で行われるケースが多いということです。
電話だけしておいて、いざ「やっぱり審査ダメでした!」では納得してくれませんからね。

ですので、在籍確認の電話が掛かってくるというのは、間もなく審査の承認が降りる寸前なんだと前向きに考えるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加