カードローン審査で嘘を書くとどうなる?バレずに通過?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カードローンを利用するにあたり避けて通れないのが審査です。

すでに他からも借入れがある、年収が少ない、転職して間もないなど不安要素があると、つい少しくらい嘘を書いてもバレないんじゃないか!?と思ってしまう気持ちは理解できます。たしかに嘘を書いて無事カードローンを作れたという人も少なくないです。

しかし嘘の申告をしてカードローンが無事に作れたとしても、その嘘が後日バレてしまったとき大変な目に遭ってしまうことまで考えているのでしょうか?

借入状況を偽ると

カードローンの申込み時には必ず他からの借入状況を申告するようになっています。カードローンを何社利用して、現在いくらの借入れがあるのか?車のローンを払っているのか?住宅ローンを利用しているのか?など、すべての借入状況を申告しなければなりません。

しかしカードローンなどの借入件数や借入総額が多いと審査で不承認となってしまう可能性があります。そこで実際には5社から合計250万円を借りているのに、2社から100万円を利用中と嘘の申告をしてしまう人もいるでしょう。ですがここで断言しておきます。借入件数や借入総額を嘘ついても必ずバレます。というか一瞬でバレます。

銀行や消費者金融というのは信用情報機関というところに提携しており、そこからあなたの借入状況を調べることができるようになっているからです。もっと具体的にいえば、あなたが何月何日にどこの金融機関からいくら借入をして、何月何日にさらに追加でいくら借入をしたのか?まで調べることができるようになっています。

ですので、この項目で嘘の申告をするのは意味がありませんので、すべて正直に申告するようにしてください。

職業を偽ると

「無職なのに仕事をしているように偽る」「アルバイトや契約社員なのに正社員のように偽る」「嘘の勤務先を申告する」「勤務先の規模を偽る」など、職業に関して嘘の申告をする人も少なくありません。アルバイトか正社員なんて嘘を書いてもバレないだろう?と思うかもしれませんが、職業を偽るのはバレる可能性大です。

借入状況のように100%必ずバレるとは言い切れませんが、在籍確認の電話だったり、健康保険証の種類から嘘の申告をしていることがバレてしまうのは良くあることです。

また借入額が多くなると所得を証明する書類の提出を求められます。申込み時は嘘の申告をしてもバレなかったけど、後に追加で借入を繰り返すことで所得証明書の提出をお願いされることもあります。、そのときもし嘘の申告をしていたことがバレてしまうとどうなるのか?
最悪だとその時点で貸し付けているお金を一括返済するように迫られます。

ちなみに在籍確認で虚偽がバレる可能性があると言いましたが、在籍確認の電話というのはあくまでも本当にその会社に申込者が勤務しているのかを確認することが目的なので、在籍確認の電話で申込者の年収・勤務態度・雇用形態・役職などを細かく調査するものではありません。

年収を偽ると

カードローン審査で一番多く嘘の申告をする項目だといわれているのが「年収」です

。最近は消費者金融なら50万円まで、銀行系カードローンなら200万や300万円までは所得証明書の提出が不要となっていることも多く、そうした背景から少しくらい年収を多めに書いてもバレないだろう!と考える人が多いようです。

しかし消費者金融や銀行というのはお金を扱うプロ集団です。これまで何千何万という方の審査をしてきてます。そこから年齢に対してのおおよその年収などは確実に把握しています。

年齢が25歳なのに年収400万円、これは嘘か本当か別にして明らかに年齢に対する平均収入よりも多いことがわかります。そうなるとアレちょっとおかしいぞ!ということで所得証明書類などの提出をお願いされることもあります。

所得証明の提出は不要なんでしょ?と思うかもしれませんが、あくまでも「原則不要」としてるだけで、金融機関側が不審に思ったときには所得証明書の提出をお願いされるケースもあるということを理解しておかなければなりません。

嘘の申告がダメだからといって「年収=314万円」というように1万円単位まで正確に書く必要はありませんが、せめて10万円単位までは自分の年収くらい把握しておくようにしましょう。

もし年収で嘘の申告をしてしまったら、あまりにも年収額がかけ離れている場合はもちろん審査で不承認となる可能性が極めて高いです。

多少の増額くらいであれば申込書の訂正をお願いされて済む場合もあります。どちらにしても年収は1万円単位の繰上くらいで申告するようにしてください。(例=314万→320万円までならOK)

家族構成を偽ると

カードローン審査で言うところの家族構成とは、「独身or既婚」「実家暮らしor一人暮らし」などに該当する項目だと思ってください。

この項目はパターンによって審査でプラスとなるかマイナスとなるかが細かく違ってくる上、金融機関によりそれを重視するとは限らないので、あまり嘘の申告をする意味がないと思います。

例えば独身だったとしても親と同居していればプラス評価となる可能性が高いですし、同じ独身でも一人暮らしだったらマイナス評価となる可能性が高かったりします。

  • 親と同居の独身=実家住まいだから家賃などの必要出費が少ない
  • 一人暮らしの独身=家賃光熱費、食費などの必要出費が多い

さらに独身よりも既婚者の方が審査ではプラスになると良く言われるのですが、必ずしもそうとは限りません。

たしかに独身だとフットワークが軽く夜逃げなどの心配もありますが、既婚者となればそれだけ家族を養っていく費用が必要になるので、返済に充てるお金が少なくなる!という見方もできるからです。

それが審査の上でどう考慮されるかはわからないので、嘘がばれるリスクを負って偽る必要はないでしょう。

家族にブラックリスト者がいる

それともう1つ家族構成で心配をしてる人が多いのが、親や兄弟にブラックリスト登録者がいる!という問題ではないでしょうか。親が以前自己破産をしてるから自分の審査にも影響するのではないかと考えるのも不思議なことではありません。

しかしカードローンというのは、あくまでもあなた個人の属性(職業や年収、借金履歴)を元に貸し付けるものですから、家族にブラックリスト登録者がいるからといって審査で不承認となることはありません。そもそも家族の情報を金融機関が勝手に見ることの方が大問題です。

他のサイトなどでは「類似情報」という項目があるから家族にブラックリスト者がいるとアウト!みたいな書き方をしてるものも少なくありませんが、類似情報とは同居してる家族構成などがわかるだけで、その家族の信用情報まで閲覧することは許されていません。

ウソだと思うなら類似情報の機能があるCIC信用情報機関に問い合わせてみてください。

ただしちょっとだけ例外があります。それは同居している家族にブラックリスト者がいて、その家族が過去に利用していた金融機関だったり、保証会社となってるカードローン商品に申込みをする場合です。

この場合、社内情報としてその家族の住所や固定電話番号などが登録されているので、同住所として家族にブラックリスト者がいることがバレる可能性があるからです。だとしてもそれで必ずしもカードローンの審査が不承認になるとは限りません。あくまでも審査で不利になる可能性が僅かにあるケースの例です。

住所を偽ると

カードローンの審査で嘘の住所を申告してどんな意味があるのかも良くわかりませんが、考えられるとしたら上記でも書いてる同居家族にブラックリスト者がいる場合などでしょうか。

どんな理由であったとしてもやはりウソの住所を申告しても本人確認書類(運転免許証や保険証)を提出しなければならないので、嘘の住所はバレてしまう可能性が非常に高い項目だと思います。

ただアパート名が抜けていたり、住所が町名までで番地が抜けていたり、郵便番号が書かれていなかったりすると再提出を求められて審査回答までに余計なタイムロスとなる可能性があるので、嘘を書くつもりがなくても申告漏れや記載ミスには気をつけておきましょう。

なりすましや名義貸し

なりすましや名義貸しとは他人の名前でカードローンに申込みをしたり、自分の名前を友達に貸すことを言います。良くある例として彼氏に頼まれて彼女が彼氏の代わりに消費者金融からお金を借りた!というケースでしょう。

これは別れた後に返済を巡りトラブルになることも多く、ヤフー知恵袋などを見てもよく相談されていたりします。

  • なりすまし=兄弟や知人の顔写真が載ってない保険証などを使い、その人になりすましてお金を借りたりすること
  • 名前貸し=彼氏などにお願いされて彼氏の代わりに自分がお金を借りてあげること

説明するまでもないかもしれませんが、どちらも絶対にやってはダメな行為です。さらに具体的に言えば金融機関を騙してお金を搾取しているのですから、このような行為は立派な犯罪行為となります。その罪名は「詐欺」です。

つまり審査がどうのこうの言う問題でもありませんし、バレてしまったら一括返済を迫られるだけでは済みません。詐欺として警察に逮捕される可能性がある行為だということをまずは認識しておいてください。

なりすましは当然騙した本人が罰せられますが、名前貸しの場合は名前を貸してとお願いした本人ではなく、親切心で名前を貸した側が犯人として罰せられることも理解しておきましょう。

まとめ

どうしてもカードローン審査に通りたいという思いから、つい年収や雇用形態などで嘘の内容を申告してしまうのでしょうが、虚偽の内容は高い確率でバレるような仕組みになっています。

金融機関側もお金を貸すプロだということを忘れないでください。彼らにはこれまで何千何万という人にお金を貸してきた経験があります。その経験で嘘を書いてることを察知する能力はハンパじゃないはずです。

申告内容に怪しい点や疑問な点があれば、それだけ提出させられる書類も増えますし、審査に掛かる時間も長くなります。それに万が一にも嘘の申告をして無事審査を通過できお金を借りることができても、その金融機関からお金を借りている限り「いつ嘘がバレるだろうか」とドキドキしたまま毎日の生活を送り続けることになります。

そしてその嘘が明るみになったとき、あなたには一括返済という恐ろしいペナルティが課せられます。そんな思いをしてまで嘘の申告をするのは意味がありませんし、代償に見合わないと思います。

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加