結婚式費用にブライダルローンを利用した体験談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今年の夏に挙式した、ホヤホヤの新婚です!

実は結婚の二年くらい前からずっと「結婚式はここで挙げたい!」と決めていた式場があって、そのためにずっと二人で節約しながら貯金を頑張ってきていたんです。もちろんいくつかの式場は見学しましたしブライダルフェアにも参加しました。

でもその式場は他のどの式場にもないくらい私達の要望を親身になって聞いてくれて、プランナーさんはもちろん、気がついたらシェフの方や衣装室のお姉さんとも仲良くなっていたほどです。

そんな事情もあり私たちは、ここの式場で絶対に式を挙げたい…と思っていました。

いざ挙式の見積もりに行くと、費用は予想の2倍に

いざ結婚が決まり、そんな式場でのオーダーメイドの結婚式。一生に一度の式なので、なんとか妥協しない式を作りたかったんです。

お料理もゲストに喜んでもらえるようにグレードを引き上げ、引き出物も厳選しました。もちろん、一番ケチれない衣装に関しては最大限、新婦である嫁の意見を取り入れました。

そして何度目かの打ち合わせを行ったある日。プランナーさんからの見積書をもらってみると…

見積もりは見事に用意していた資金の2倍。もう、本当にびっくりしました。完全に予算オーバーです。しかし一生に一度の結婚式、嫁にはこんな時くらい、我慢や妥協はさせたくありません。そこで考えました。

貯金してた費用は今後の生活費にして、結婚式費用はローンを組めないか…」と。

ブライダルローンという選択肢を考えてみる

ひとまずプランナーさんには「どうしてもこのプランで行きたいので、本契約と支払いの前に少し資金繰りに時間が欲しい」と正直に伝えて時間をもらいました。そこでプランナーさんに教えてもらったのが、

「ブライダルローンというローンを組む方も多いですよ」

というヒントでした。
その時はブライダルローンがどういうローンなのかもイマイチわかっていませんでしたが、それからの数日はひたすら「ブライダルローン 申し込み」などのキーワードで検索をするようになっていったのです。

調べていくと、どうやらブライダルローンは「結婚式にかかる費用をローンとして借りれて、あとは分割で返していくというものだ」という事がわかりました。披露宴にはご祝儀があり、確実にお金が用意できるので、審査もわりと緩めになるようです。

そして色々な業者がある中で私が選んだのが、「楽天銀行ブライダルローン」でした。既にクレジットカードで楽天カードを持っていましたし、楽天銀行にも口座があったので、迷わず問い合わせです。

楽天銀行ブライダルローンでは結婚指輪の購入費用までサポート

「あの~、今度結婚式をすることになりまして、その費用をそちらのブライダルローンで払いたいのですが、いまいち良くわからなくて・・・」

初心者で小心者の私にしては、よく頑張って電話したほうだと思います。そんな私にもオペレーターさんは

「それはおめでとうございます、こちらのローンでは結婚式にかかる費用や指輪の費用なども対象となっておりますよ」

といった事を中心に申し込みや審査に関することを教えてくれました。結婚指輪の費用までローンを組めるなら、もう貯金を全額はたいて挙式する必要はどこにもありませんでした。

その貯金はまるまる生活費や万が一の時のための緊急資金として取っておいて、挙式費用自体は楽天銀行のブライダルローンで決定です。

申込時は見積書や予約票などが必要

オペレーターさんに色々教えてもらいながら、私はさっそくブライダルローンに申し込みを行いました。電話での申込みは受け付けていなかったので、ウェブからじっくりと情報を記入して申し込みです。

申し込みから数日後、無事に一次審査に通過したという連絡が私の携帯に入りました。その際にオペレーターさんから

【ご融資した資金のお使いみちを証明できる書類が必要です。お見積書やご請求書、予約確認書などはご用意頂けますでしょうか?】

と案内がありました。ここで私は満を持して、前もって用意していた式場の見積書と、結婚指輪の予約書を提出です。

結婚指輪についてはお店で「色々な手続きで必要なので、指輪の金額が入った予約書を出してもらえませんか?引換証だと金額が乗っていないので・・・」と言って出してもらいました。

今になってよく考えると訳の分からない言い訳でしたが、それでも店員さんは笑顔で対応してくれたので、案外そういうものなのかもしれません。

ブライダルローンも通り、念願の結婚式を挙げることに

必要な書類を出した後は、意外とスムーズに融資の許可が降り、指定した口座に資金が振り込まれてきました。しかし、普通のキャッシングと違ってまだ、やるべきことがあります。そうです、

「借りた資金はちゃんと申告どおりに使ったよ」

という証明を銀行にする必要があるのです。
後から聞いた話ですが、この証明が出来ないとお金を返金することになってしまったり、色々と問題になってしまうのだとか。この証明はとても簡単で、式場から貰った領収書と、結婚指輪の領収書をファックスするだけでした。

こうして私達夫婦は、一生に一度の結婚式を妥協一切ナシという恵まれた状態で大成功させることが出来ました!

結婚式を挙げる時にはどうしても資金がかかります。
貯金から払うというのが一番良い方法だという人もいるかもしれませんが、それでも一生に一度のことなので妥協はするべきじゃないと、私は思います。

ブライダルローンは決して怖いものではないので、結婚式を挙げる時には可能な限りローンを組んだほうが今後の生活にも余裕が出ますよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加